MENU
SWELL
おすすめ仮想通貨取引所
コインチェック

事務作業等のヒューマンエラーが対策できる唯一の方法【ストレスフリー】

ごめんなさいをする男性

ヒューマンエラーを対策したいけど、どうすればいい?

この記事ではこんなお悩みを解決します。

どうもヤドリです。

この記事を書いた人
緑の肌をした裸の王様
ヤドリ
  • 2児のアラフォーパパが2021年8月にブログで副業開始
  • 西野亮廣オンラインサロンメンバー
  • 「朝30分」を始めなさい!を実践中
  • ブログの収益は2桁、毎日更新12ヶ月(365記事)達成

この記事を書いている私は副業ブロガー。道半ばです。Twitter:(@yadori816)

ヒューマンエラーの対策ができることをご存知でしょうか?

コンピューターで仕事をすればヒューマンエラーの対策ができます。

ヒューマンエラーがなくなれば、本人も上司も余計なストレスがなくなりますよね。

仕事を楽しむことができますよ。

ヤドリ

実は私も昨日ミスをしました。

私はメーカーで生産管理に所属しています。

ズバリ原因は私のインプットミスです。

とはいえ、私はデータで仕事をしているのですぐに対策が打てますよ。

誰かにチェックを依頼しなければいけないのかな?やり方を変える必要があるのかな?と悩む事はありません。

プログラムを少し修正するだけです。ストレスはありません。

今回の記事はヒューマンエラーが多い作業を持つ方におすすめです。

この記事を読めばヒューマンエラーを対策できます。

ストレスなく会社に来る事ができます。

この記事の内容です。

  • ヒューマンはミスをする。
  • コンピューターはミスしない。
  • 働き方が変わる

ぜひ最後までお読みください。

目次

ヒューマンはミスをする。

人間はミスをしますよ。

ミスをしない人間はいません。

どんなにベテランでもミスをします。

私が昨日ミスをしたのも、1年ほど続けている作業です。

慣れた作業ですよ。

具体的には製品のサイズを見間違えた状況です。

私の工場では製品のサイズ別に現場で製作する職場が違います。

私が製品の名称からサイズを判定して、現場で作業する職場を選択します。

昨日は製品Aに貼り付ける銘板を製作する職場をインプットミスしました。

本来、製品Aの銘板製作は大型機種を製作する職場に制作依頼します。しかし、小型の製品を製作する場所に制作依頼しました。

結果としては銘板がどこにあるか探し回ることになった状況です。

経験不足

今回の私の間違いは見間違い、インプット間違いです。

とはいえ、そもそも経験不足で間違えてしまうという事も多いのではないでしょうか?

経験不足となると、経験を積むまで待つ必要がありますよね。

引継ぎの際には必ず起こりえる期間です。

つまり、サポートする人を付けて対策をしなければいけません。

工数が2倍かかってしまいますね。

経験不足によるヒューマンエラーを回避するためには工数を掛ける必要があります。

見間違いやインプット間違い。

ところが、すっかり引継ぎが終わり、サポートななくなっても、ヒューマンエラーは起こりえます。

それは見間違いやインプット間違いです。

今回の私のミスはその類ですね。

現在生産管理に勤めて18年目です。

これまでもたくさんの見間違い、インプット間違いをしてきました。

見間違い、インプット間違いをゼロにすることは絶対にできませんね。

なので、作業した後にもう一度チェックしています。

以前は、パソコンで作った計画を印刷して、それをレ点でチェックしていました。

そしてもう一度、印刷して工場に配布していました。

それでもミスはありましたけどね。

対策しにくい。

ヒューマンエラーは対策がしにくいことが特徴ですよね。

実際には見えずらい、判断しづらいといった原因があります。

たとえば、部品手配業務では設計者から図面をもらって、それをもとに部品を手配したり、工程を決めたりします。

そのときに製品の仕様が図面にあり、それを判断します。

ところがその仕様が見えにくくて、ミスが起こったら、その仕様を見えやすいように文字を大きくします。

そして、また次のミスが起こったらその仕様の注意書きも文字を大きくします。

そしてまた別の仕様の判定漏れが起こったらその文字を大きくします。

それが積み上がると、大きな文字だらけの図面になって、結局見落としてしまうんですね。

さらに設計者がその注意書きの文字を大きくすることを忘れてしまうヒューマンエラーが発生することもあります。

このように、人間がする対策には限界がありますよね。

コンピューターはミスしない。

その点コンピュータはミスしないです。

それは人間ではないからですね。

どんなに大量の仕事があってもインプットミスしません。

しかも忘れません、文句も言いません。

ヤドリ

コンピュータに仕事をしてもらえたら最高ですよね。

データで仕事する。

つまりデータで仕事をしようという事を伝えたいんです。

生産管理の仕事は判断する仕事がたくさんあります。

それは営業がお客様に提案するような作業ではないので、全てコンピュータがサポートできる仕事です。

生産管理がデータで仕事をする事ができればヒューマンエラーが起こることはありません。

それが対策になります。

結局どうすればいいの?コンピュータにどうやって仕事をさせるの?と思う方も多いと思います。

しかし、すでにそのコンピュータはめちゃくちゃ身近にあります。

それがExcelですね。

Excelスキルが必要。

コンピュータで仕事をするということはつまりExcelで仕事をするということです。

Excelには関数やマクロなど、コンピュータで判定してくれる機能がたくさんあります。

今回の私のインプットミスも関数を使って防ぐことができると考えています。

実際の作業としては、製品Aを判定して、製作する職場をインプットしていますが、その後に製品Aも図面を見てインプットします。

それはどういった製品の作業を依頼したかを記録するためです。

対策としては製品Aをインプットするときに関数を用いて職場を判定しようと考えています。

マスタを作っても良いし、文字列を判定して職場を選定する事もできます。

複雑な処理ではないので、今回は後者で処理します。

いやいや、そんなスキルはないよと思いますよね。

そうです、Excelスキルは誰にでもあるものではありません。

とはいえ、安心してください。Excelスキルは後天的に伸ばす事ができるスキルです。

そして生産管理では必要なスキルの一つですよ。

お金と時間を投資してでも、早急に身につけたいスキルですよね。

そしてその方法はたくさんあります。

こちらの記事を参考にする事ができますよ。

対策できる。

コンピュータで判断するので間違うことがありません。もしも間違いが起こるとすればそればExcelで作った関数やプログラムにミスがあります。

とはいえ、それは対策ができますよ。

間違いが起こった具体的な条件を確認して、同じようにExcelで処理を流せば同じく間違いが発生します。

再現性が高いのもコンピュータで処理するときの優位性になります。

間違いが起こったプログラムの処理を一つずつ見ていけば、対策ができますよ。

そこにもExcelスキルが必要ですけどね。

働き方が変わる

コンピュータに仕事を任せると働き方が変わります。

パソコンで仕事ができる。

まずはパソコンで仕事ができるようになります。

コンピュータが仕事をするに当たって、紙の資料は参考にできません。

なんといってもコンピュータはパソコンで仕事しますから。

すると紙の資料がいらなくなりますよね。

私も生産計画をたてるときには、製品の細かい情報をデータにして判定しています。

以前は受注した製品の内容を紙で見て判断して、生産管理システムに情報をインプットしていましたが、現在はデータで判定して、RPAで生産管理システムに情報をインプットしています。

前任者からの引継ぎで仕事をしていますが、前任者と比べても紙の資料の量は私の方が少ないです。

テレワークができる。

紙の資料が少ないと、なににメリットがあるかわかりますか?

それはテレワークができます。
実際に生産管理でテレワークをしているメンバーは少ないです。

それは図面を見たり、現場へ指示するときに指示書を紙で発行したり、現場の進捗を見たりする必要があるからですね。

ところが図面をデータで判断したり、現場への指示書を直接、現場のプリンターで印刷したり、現場の進捗を日程計画へインプットで判断する事が出来れば、テレワークが可能ですよ。

私もまん延防止等重点措置が発令された時期は週2でテレワークしていました。

通勤時間のない恩恵を受けましたね。

テレワークができるのって素晴らしいです。

年収が上がる。

Excelスキルやプログラミングが出来れば年収はあがりますよ。

事務でも自動化ができればそれは評価されます。

同じ時期の入社でも、スキルが認められれば昇格もするし、評価されて年収が上がります。

さらに言えばもっとスキルを磨いて転職することもできますよね。

生産管理で自動化スキルを持つ方は優遇されますよ。

リクナビNEXTでも生産管理の募集はあるし、Excelができる方の募集も多いです。

リクナビNEXTのトップ画面です。注目のキーワードに生産管理がありますね。

Excelをキーワードにしても全国で4917件の募集がありますよ。

さらにテレワークができる会社も増えています。

もしかしたらテレワークして年収が上がる未来があるかもしれませんね。

実際に転職しなくてもまずはリクナビに登録して、転職先を探してみましょう。

実は私も登録しています。

無料だし、診断テストも面白かったですよ。

よかったら登録して、グッドポイント診断してみませんか?

あらたな自分を発見できますね。

まとめ

パッドと紙の資料

この記事ではヒューマンエラーの対策について紹介しました。

人間で判断、処理すればエラーは必ず発生します。

データを持ってコンピュータに判断、処理してもらうことができれば、見間違いやインプットミスなどのエラーは発生しません。

もし、間違えた判断をしてもコンピューターは再現性があるので、処理を見直せば対策できます。身近なコンピューターはExcelです。

Excelのスキルを磨いていきましょう。

Excelスキルを磨く事で、転職して年収アップも不可能ではありません。

優雅な時間を贅沢に過ごせますよ。

それでは「事務作業等のヒューマンエラーが対策できる唯一の方法【ストレスフリー】」でした。

ヤドリ戻ります。

\ ブログ村に参加中 /

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

「朝30分」を始めなさい!を実践しているブロガーです。習慣が変われば自分が変わる!自分が変われば世界が変わる!
応援Wordは「not too late」

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次