MENU
SWELL
おすすめ仮想通貨取引所
コインチェック

KENスクールでOfficeソフトを学ぶ!【おすすめコース3選】

パソコンを教える人達

会社でOfficeソフトを使いまくる。。早く仕事を終えたい

この記事ではこんなお悩みを解決します。

どうもヤドリです。

この記事を書いた人
緑の肌をした裸の王様
ヤドリ
  • 2児のアラフォーパパが2021年8月にブログで副業開始
  • 一部上場機械メーカー勤務、Excelマクロを操る生産管理マン
  • 「朝30分」を始めなさい!を実践中
  • ブログの収益は2桁、毎日更新11か月(334記事)達成

この記事を書いている私は副業ブロガー。道半ばです。Twitter:(@yadori816)

会社ではOfficeソフトを使いまくるのをご存知でしょうか?

Officeソフトとは、MicrosoftのWord、Excel、PowerPointなどを指します。

会社ではOfficeソフトを使って仕事をしています。

とくにExcelを使うことが多いのではないでしょうか?

ヤドリ

実際に私が働く会社でもExcelを使いまくっています。

私の所属する部署は生産管理です。例えば生産予定表や工数の分析などではExcelを使いますよ。

実際に私は周りの同僚と比べてもExcelを使いこなせている方です。

関数やVBAを使って仕事を早く終わらせて帰っています。

Officeソフトのスキルは教わるようなものではないので、スキルに差がでます。

その中でもOfficeソフトを使えると、仕事が早く終わりますよ。

特にExcelでは関数やVBAを知っていると各段に業務が早くなります。

そんな関数やVBAをしっかり学べるのがKENスクールです。

しっかり身につけて業務効率を上げましょう。

この記事はKENスクールでOfficeソフトを身につけたい人におすすめです。

内容はこちらです。

  • KENスクールのOfficeソフトコースが向いている人
  • おすすめコース3選
  • 転職に有利
KENスクール[ピーシーキョウシツ]
目次

KENスクールのOfficeソフトコースが向いている人

KENスクールにはたくさんのコースがあります。

プログラミングコースも充実していますが、Officeコースもあるんですよね。

Officeソフトはこれまでの教育の中でも使用する機会の多いソフトなので、使えて当たりまえの世の中で、Officeソフトを教えてくれるスクールは少ないですよ。

この機会にぜひKENスクールでOfficeソフトをしっかり学んで身につけましょう。

生産管理で働いている人

特にOfficeソフトを使うのは生産管理で働いている人だと思います。

生産管理とは工場の司令塔の役割であり、営業や設計、工場とも連携を密に取る必要があります。

その中で、たくさんの情報を扱わなければなりません。

たいていの会社では生産管理システムがあるかと思います。

しかし、時間が経つと工場の動きと合わなくなって来るんですよね。

たとえば、新製品の登録が出来ていなかったり、生産の仕方が変わってきたり。

すると生産管理システムでは工場を管理できずに、Excelを使うようになります。

そんな時にExcelの関数やVBAを使えるととても便利です。

私も生産計画をExcelを駆使して作っています。他の事務作業についてもVBAで効率化しています。

生産管理で働くにあたって、Officeソフトを使える事はとても有効ですよ。

ヤドリ

とくにExcelは必須のスキルです。

時間とお金と投資できる人

とはいえ、スクールに通うとなると時間もお金もかかりますよね。

もしかしたらお金は会社で負担してもらえる可能性はありますが、時間は負担してもらえません。

お金も自己負担になる会社のほうが多いと思います。

とはいえ、しっかり先を見据えて時間とお金を投資できるマインドを持つ事はとても大事です。

想像してみてください。

目の前に100本の木があります。

この木を切るのがあなたの仕事です。

100本切り終えたら、さらに単価の高い仕事がもらえる可能性があるとしましょう。

しかし、あなたが持っているのは古い斧です。

そして街はずれに斧より値段の高い電動チェーンソーがあるとします。

いかがなさいますか?ということです。

古い斧で自分の体力とともに100本切り倒すも良し。

電動チェーンソーで100本の木を切り倒し、単価の高い仕事をもらうも良し。

明るい未来は後者に見えるはずです。

しっかり時間とお金を投資してみましょう。

現状を変えたい人

このままではいけないと思う方はどれくらいいるでしょうか?そして、現状を変えるために行動できる人はどれくらいいるでしょうか?

実は人間は変化しないように出来ているんですね。

変化とは危険と隣合わせだからです。

人間は危険を避けるようにできています。

これを現状維持バイアスと呼びます。

これに打ち勝つことができる人が現状を変えたい人です。

「いまのままでいいや」と思う人が大半です。

大半の人間になりたくなければ、行動しましょう。

おすすめコース3選

KENスクールの講座はたくさんあります。Officeソフトをとっても113講座あります。

全て足すと¥16,748,430、6,397時間になります。

この全てを受講せよという気は毛頭ありません。

ヤドリ

その中でもおすすめの3コースをご紹介いたします。

実際に私が身につけて、活用しているスキルです。

ここさえ抑えれば、圧倒的に差がでます。

  • 「技」ショートカットキー操作編
  • 「技」Excel関数編
  • Excel VBA初級

資料のご請求、無料カウンセリングはこちら

「技」ショートカットキー操作編

コース料金

受講時間1時間
受講料¥4,950(税込)¥4,500(税別)
受講期間1日

この講座の3つのポイント

  • Windouws操作から各ソフト毎の幅広いショートカットの知識が身に付きます。
  • ショートカットを利用することで効率よく作業ができるようになります。
  • 素早い操作により、仕事の生産性が高まります。

カリキュラム

●Wondouws操作●Word・Excel・PowerPoint共通操作●各アプリケーション(1科目選択)操作●ショートカットを利用した基礎相当の演習問題

こんな人におすすめです。

  • ショートカットをたくさん知りたい方
  • もっと効率よく業務をこなしたい方
  • Word・Excel・PowerPointの基礎スキルと同等の知識がある方

Officeソフトの基礎の基礎であり最強の時短技であるショートカットを1時間で学べますよ!

資料のご請求、無料カウンセリングはこちら

「技」Excel関数編

コース料金

受講時間10時間
受講料¥39,600(税込)¥36,000(税別)
受講期間3か月

この講座の3つのポイント

  • 実務に役立つ関数テクニックが身に付きます
  • 今よりグンと早くフォーマットなどのデータ作成が出来ます
  • 様々なシーンでの関数の利用方法が理解できます

カリキュラム

■ ROW■ YEAR■ MONTH■ DAY■ DATE■ CHOOSE■ WEEKDAY■ TEXT ■ DATEDIF■ INT■ MOD■ HOUR■ MINUTE■ SECOND■ TIME ■ FLOOR.MATH■ CEILING.MATH■ NETWORKDAYS■ EDATE■ EOMONTH ■ COUNTIF■ COUNTIFS■ COUNTBLANK■ SUMIF■ SUMIFS■ SUMPRODUCT ■ FV■ PMT■ VLOOKUP■ HLOOKUP■ INDIRECT■ VLOOKUP+INDIRECT■ OFFSET

こんな人におすすめです。

  • より関数を使いこなしたい方
  • データ作成を効率よくしたい方
  • いつものフォーマットを使い勝手良くしたい方
  • Excel応用スキルと同等の知識がある方

資料のご請求、無料カウンセリングはこちら

Excel VBA初級

コース料金

受講時間18時間
受講料¥61,600(税込)¥56,000(税別)
受講期間3か月

この講座の3つのポイント

  • Excel VBAの基本文法に加え、ユーザーフォーム活用する能力が身につきます
  • ユーザーフォームを活用し、Excelにデータベース機能(検索や登録)を実装する事ができるようになります
  • Excel VBAの基本文法に加え、ユーザーフォーム活用方法が理解できるようになります

カリキュラム

●フローチャート●デバッグ技術●セルの操作●書式設定●ワークシートの操作●データベースの操作●ユーザーフォーム●プロシージャ

こんな人におすすめです。

  • ユーザーフォームを活用し、入力処理、検索処理を効率化されたい方
  • Excel VBAの基本的なマクロの記述と読解するスキルを習得したい方

資料のご請求、無料カウンセリングはこちら

転職に有利

KENスクールで学ぶということは転職に有利です。

Officeスキルが身につく

Officeコースを受講すれば、単純にOfficeスキルが身につきます。

これは十分にアピールできるスキルですよね。

実際に会社のベテラン社員でもOfficeスキルのない方もいます。

例えば派遣で来られる方でもOfficeスキルには差があります。

一定のOfficeスキルがあるというのは、即戦力の可能性があるので転職ではとても有利です。

資格も取れる

とはいえ、資格がないとそのスキルを証明できないのも事実です。

Officeが使えます。といっても、業種が違えばExcelで使用する関数も違います。

幅広い知識を持っている事を証明できるのは資格です。

KENスクールではMOSの資格も取れるようにサポートしてくれます。

資格取得を目指しても良いですよね。

自分の時間を確保できる。

すでに会社に勤めているけども、合わないと思っているかたにもおすすめです。

KENスクールでOfficeソフトを学べば、早く仕事を終えて変える事ができます。

するとその時間を自分の時間として使う事ができます。

全く別の職種にチャレンジする事ができますよね。

例えば製造業に勤めたものの、やっぱりプログラミングをしたい。IT業界に転職したいとなれば、空いた時間で別のコースを受講する事もできます。

仕事をほったらかして帰るということもできるかもしれませんが、それができるのは鉄の心の持ち主です。

なかなかマネできませんよ。

まとめ

会社のデスク

この記事ではKENスクールのOfficeソフトを学ぶためのおすすめコースを紹介しました。

楽をすることと楽しいことは別ものです。

楽しい人生を送るためには、楽しないで前向きに作業していきましょう。

そのために、時間を投資する。お金を投資することを躊躇してはいけません!

聞いているか?俺!

それでは「KENスクールでOfficeソフトを学ぶ!【おすすめコース3選】」でした。

ヤドリ戻ります。

\ ブログ村に参加中 /

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

「朝30分」を始めなさい!を実践しているブロガーです。習慣が変われば自分が変わる!自分が変われば世界が変わる!
応援Wordは「not too late」

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次