MENU
SWELL

オススメの暗号資産交換所

みっんな使ってる

コインチェック


イーサリアムが安い

ビットフライヤー


暗号資産銘柄の取り扱い数No.1

ビットバンク

オススメのブログテーマ

早めに始めないと損

SWELL

個人で稼ぎたい方へ

ブロガー必見のメルマガ紹介


アフィ成功事例


『ながら読書』最強!

Amazon Audible

ツイート

NFT(非代替トークン)とは?始め方や稼ぎ方、将来性、メリット・デメリット、よくある質問を解説

当ページのリンクには広告が含まれています。
NFT(非代替トークン)とは?始め方や稼ぎ方、将来性、メリット・デメリット、よくある質問を解説
教えてほしい人

NFTってなに?
NFTの始め方を初心者向けに教えてほしい。
NFTの買い方も知りたいです。

このような悩みに答えます。

  • 記事の内容
  • NFTの概要・特徴を解説します。
  • NFTの稼ぎ方や将来性について解説します。
  • NFTのメリットやデメリットを解説します。
  • 記事の信頼性
この記事を書いた人

@yadori816

【ヤドリブログからのお願い】

最後まで読んでこの記事悪くないねぇと思われたら、以下の商品リンクから商品購入にご協力お願いします。

いやいや、購入はコーヒーじゃなくても大丈夫です。

それではよろしくお願いいたします。

最後にお得な情報をお届けいたします。

ぜひ最後まで読んでください。

よろしくお願いいたします。

私はNFTコレクターです。

現在では含み益が70万円あります。

NFT初心者のサラリーマンの方にも分かりやすく説明しますよ。

  • 下記のような方にオススメ
  • NFTに興味がある方
  • NFTを始めたいと思っている方
  • ブロックチェーン技術やデジタル資産に興味がある方
  • 記事を読むと
  • NFTとは何か、どのような特徴を持つのかを理解することができる。
  • NFTを始めるためにはどのような手順が必要かを知ることができる。
  • NFTを発行することでどのように稼げるのかを知ることができる。
  • NFTの将来性やリスクについての理解が深まる。
  • NFTを利用することで得られるメリットや、リスクについて知ることができる。
  • NFTを売買するには仮想通貨が必要です。

暗号資産を始めるならビットフライヤーがオススメです。

今なら友達紹介で1,500円分のビットコインがもらえるキャンペーン中です。

こちらの紹介コードを入れて口座開設しましょう。

紹介コード:o2o3x0gw

漏れなく1,500円分のビットコインが貰えます。

本記事では、初心者にもわかりやすく解説していきますのでぜひ最後までご覧ください。

目次

NFTの概要

NFTとは、非代替性トークン(Non-Fungible Token)の略称で、ブロックチェーン技術を用いた独自性を持つデジタル資産のことを指します。

NFTは、独自のトークンIDを持ち、ユニークなデジタル資産を管理するための仕組みです。

NFTというと、デジタル画像をイメージするかもしれませんね。

でも、音声であったり、匂いなんかもNFTになっている時代です。

プレスリリース・ニュースリリース...
世界初のスマートフレグランスは明日花キララ!1万枚限定で先行予約販売! Horizon株式会社のプレスリリース(2022年12月31日 11時02分)世界初のスマートフレグランスは明日花キララ!1万枚限定で先行予約販売!

NFTの特徴

NFTの最大の特徴は、デジタル資産の独自性が保証されることです。

それにより、NFTによって管理されるデジタル資産は、所有権や真正性が確認可能になり、取引性も高まります。

また、NFTは、作品の所有者や作者が認定され、作品の利用や販売に関して権利が確保されます。

私の持っているNFTアートについても、消えない取引履歴が残っています。

これがブロックチェーンという技術です。

もしブロックチェーンをもっと知りたい方はやはり本がオススメです。

今ならなんと無料で読めますよ。

その方法はAudibleです。

Audibleは本を音声で聞くことができるAmazonのサービスです。

定額のサブスクリプションサービスで1500円/月です。

しかし、最初の1か月は無料体験があります。

そして、この書籍も聞き放題の対象です。

ぜひAmazon Audibleでブロックチェーンを勉強しましょう!

>>Amazon Audibleの公式ページはこちら

NFTの始め方

NFTを始めるには、まずWEB上にウォレットを用意し、NFT取引所にアカウント登録する必要があります。

ウォレットは、MetaMaskMyEtherWalletなどのウェブウォレットがオススメです。

NFTの取引所は、OpenSeaNifty GatewaySuperRareなどが人気です。

取引所ではNFT作品を買ったり、自分で製作したものを販売することができます。

私はというと、MetaMask(メタマスク)を使っています。

NFTの購入はもっぱらOpenseaです。

とても簡単に始める事ができるので、この機会に是非チャレンジしてみてください!

注意してほしいのは、会社の同僚はNFTをほとんど知りません。

まるで宗教に入ったのか?というように心配されます。

そのときは、おれは最先端を走ってるぜ。と思いながら、素晴らしさを伝えましょう。

メタマスクを作成するために詳しく解説している記事はこちらになります。

また、OpenseaでNFTを買う方法を紹介した記事はこちらです。

海外サイトは怖いなという方は国内暗号資産取引所のコインチェックでもNFTを買うことができます。

ぜひこちらもチェックしてみてください。

NFTの稼ぎ方

NFTの稼ぎ方は、自身で作品を制作して発行し、取引所で販売する方法が一般的です。

また、NFT取引所では、他の作品を購入して再販する「NFTトレード」と呼ばれる手法もあります。

さらに、NFTを保有しておくことで、将来的に価値が上がった場合に転売することもできます。

私も初期販売で安く購入したNFTアートがあります。

初期販売では0.001ETH(約200円)ほどです。

しかし、2023.2.15現在では0.65WETH(約13万円)のオファーがあります。

フロアプライスも0.73ETH(約14万円)ということで、転売すれは13万円の報酬が手に入りますね。

ほかにもNFTの稼ぎ方はたくさんあります。

くわしくはこちらの情報商材で確認できます。

Brain
Brain | 紹介機能付きコンテンツ販売プラットフォーム ブレイン Brain(ブレイン)は、自分が持っている知識やノウハウを有料販売し、収益化することができるプラットフォームです。レビュー機能により、良いコンテンツが可視化されるため...

お金を払うのはちょっとという方はタダでお金がもらえる方法があります。

怪しいでですけど、マジです。

知ってるか、知らないかだけだと思ってください。

もちろん私もこの方法でお金をもらってます。

もしよかったらこの記事を参考にしてみてください。

NFTの将来性

NFTは、現在も注目が高まっており、今後ますます需要が高まると考えられています。

デジタルコンテンツの流通が増える中、NFTによってデジタル資産の真正性が確保され、デジタルアートや音楽、スポーツのマーケットプレイスとして発展する可能性があります。

ほかにも、支援の証明にも使われています。

NFTは稼ぐだけではありません。

将来はもっと身近な証明書としての役割で一般的になるのではないでしょうか。

NFTのよくある質問

・NFTは何に使われるのか?

NFTは、デジタルアートや音楽、スポーツなどのデジタルコンテンツの販売や流通に使われます。

Twitterのプロフィール画像にもよく使われています。

・NFTはどうやって発行するの

NFTを発行するには、まずウォレットを用意し、NFT取引所に登録します。

次に、NFT作品を制作して、トークンIDと共に取引所にアップロードします。

作品が販売されると、ウォレットに代金が入金されます。

NFTを発行する場合は、作品の所有権や真正性を確認する証明書を発行する必要があります。

・NFTはなぜ高額で取引されるのか?

NFTは、デジタル資産の独自性が保証されるため、希少価値が高く、また、販売先がグローバルに広がることで需要が高まります。

そのため、高額で取引されることがあります。

・NFTにはリスクはあるのか?

NFTには、市場価値の変動や詐欺リスクがあるため、購入する前によく調べる必要があります。

また、ウォレットのプライベートキーを紛失すると、NFTを失うことになるため、注意が必要です。

特にブログを書いている、またはNFTのブログを書こうとしている方は注意が必要です。

私もハッキングに遭っています。

そのときの詳しい話はこの記事です。

まずは余剰資産で始める事をお勧めします。

NFTのメリット・デメリット

最後にNFTのメリットとデメリットを紹介します。

総合的に判断して、納得してから始めることができるとNFTが楽しくなりますよね。

是非参考にしてみてください。

メリット:

・デジタル資産の独自性が保証されるため、所有権や真正性が確認可能

・作品の作者として認定され、作品の利用や販売に関して権利が確保される

・市場拡大によって需要が高まるため、高額で取引されることがある

デメリット:

・市場価値の変動が大きく、投資にはリスクがある

・ウォレットのプライベートキーを紛失すると、NFTを失うことになるため、注意が必要

まとめ

NFTは、ブロックチェーン技術を用いたデジタル資産の独自性を保証する仕組みであり、デジタルアートや音楽、スポーツなどのデジタルコンテンツの販売や流通に使われます。

NFTを始めるには、まずウォレットを用意し、NFT取引所に登録し、作品を制作して発行します。

NFTは、将来的にも需要が高まり、新しいマーケットプレイスとして発展する可能性があります。

しかし、市場価値の変動や詐欺リスクに注意が必要です。

これまでいろいろ解説していますが、個人的にはNFTをまず買うことをオススメします。

NFTに興味がある、稼ぎたいと思うなら、まずは始めてみましょう。

まず最初に買うなら、キングコング西野さんの「SHINZO」がいいかもしれません。

詳しくはこちらの記事を参考にしてください。

というわけで以上になります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

「NFT(非代替トークン)とは?始め方や稼ぎ方、将来性、メリット・デメリット、よくある質問を解説」でした。

ヤドリ戻ります。

\ ブログ村に参加中 /

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

お忘れではありませんか?

最後にお得な情報です。

記事を最後まで読んでくれた「あなた」だけに贈ります

  • スタバが無料で飲めるチケットです。
  • 1500円分のe-GIFTが貰えます。
  • 誰でもカンタンに10分でできます。

ぜひこちらのリンクをチェックしてみてください。

この記事を書いた人

「朝30分」を始めなさい!を実践しているブロガーです。習慣が変われば自分が変わる!自分が変われば世界が変わる!
応援Wordは「not too late」

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次