MENU
SWELL
おすすめ仮想通貨取引所
コインチェック

【暗号資産を安全に管理する】カストディとは?ハッキング体験談も併せて解説

教えてほしい人

暗号資産のカストディってなに?
暗号資産を安全に管理する方法を初心者向けに教えてほしい。
ハッキング体験談を聞かせて

このような悩みに答えます。

✔記事の内容

今回は暗号資産のカストディについて解説します。

✔記事の信頼性

実は私は、ハッキングの被害に遭いました。

しかし、それからはハッキングの被害に遭うことなく、現在の実績を上げています。

初心者でも安全に暗号資産を保管する方法を紹介します。

✔下記のような方にオススメ

  • 暗号資産を始めたい方
  • NFTトレードで稼ぎたい方
  • 暗号資産運用について知りたい方

✔記事を読むと

  • 暗号資産を安全に管理する事ができます。
  • 大切なNFTを守る事ができます。
  • 暗号資産運用で「カストディ」という単語が出てきたときに、慌てなくなります。

✔NFTを売買するには仮想通貨が必要です。

コインチェックでは紹介キャンペーンを実施中です!

紹介した人も、された人も1,000円もらえますよ。

どちらも1,000円もらええるのは貴重です。

された人も1,000円もらえるので、相手にも嬉しいですよね。

口座開設すればあなたも紹介リンクが手に入りますよ!

>>コインチェックで口座開設をして紹介リンクをGET

口座開設すればあなたも紹介リンクが手に入りますよ!

簡単3STEPです。

  1. コインチェックで口座開設をする
  2. 紹介リンクを手に入れる。
  3. コインチェックを紹介して、相手が口座開設する。

口座開設は無料で紹介した人にも、された人にも1,000円出すってことはコインチェックは2,000円払っているってこと?なんか怪しくない?とおもう方も多いハズ。

安心してください。

キャンペーンをする理由はコインチェックが多くの人に宣伝をしたいからなんです

企業のマーケティング戦略ですので、なにも怪しい事はありませんよ。

とはいえ、コインチェックの予算の都合で早めに終了する可能性もあります。

最短5分で口座開設ができるのでサクッと口座開設してしましょう!

相手にもお得な紹介リンクです。是非ゲットしましょう!

>>コインチェックで口座開設をして紹介リンクをGET

本記事では、初心者にもわかりやすく解説していきますのでぜひ最後までご覧ください。

目次

カストディの概要

カストディとは資産の保全や保管、管理などに広く使われる言葉になります、

一般的には投資家やユーザーの有価証券に使われますが、それにとどまりません。

保管した証券から発生する利子、配当金の受領、売買代金の教授、当該証券を運用するための業務のことを総じてカストディと呼ばれています。

そして、カストディを仕事にする人を「カストディアン」と言います。

暗号資産のカストディの特徴

暗号資産のカストディについても同様に資産管理の意味合いを持ちます。

日本では2020年5月に施行された改正資金決済法で暗号資産交換業にもカストディが含まれるようになりました。

暗号資産業務を行う上で厳しく審査され、暗号資産交換所は金融庁への登録が必要になりました。

金融庁に登録された暗号資産交換所についてはこちらの記事を参考にしてみてください。

暗号資産交換所のカストディサービスを利用する。

暗号資産を安全に管理したい!となれば、結論は簡単です。

金融庁に登録されている暗号資産交換所を使えば良いということです。それは金融庁にも認められているためです。

オススメの暗号資産交換所はこちらになります。

これらの暗号資産交換所では暗号資産のカストディサービスを利用でき、安全に暗号資産を運用できます。

そのなかでもオススメについては、こちらの記事を参考にしてみてはいかがでしょうか?

個人で暗号資産のカストディを行う。

一方で、NFTの購入を考えている方は個人でカストディを行う必要があります。

それは、メタマスクというWeb上の財布を作って、オープンシーというNFTの販売されているサイトでNFTを買う必要があるからです。

金融庁に登録された暗号資産交換所から、個人管理のメタマスクに資産を保管します。

デジタルデータなので、ハッキングのリスクに大いに晒されます。

なにをかくそう、実は私もハッキング被害に遭っています。

そのときの様子はこちらの記事をご覧ください。

とにかく自己防衛しかありません。

セルフカストディとも呼ばれます。

暗号資産のセルフカストディについて

暗号資産のセルフカストディについて、ハッキング被害に遭った私が3つのポイントを紹介します。

特にNFTを買って資産運用したい方は必ず読んでください。

それはこの3つです。

  • 秘密鍵の管理
  • 外出先のフリーWifiを使わない
  • 購入用のウォレットとは別に保管用ウォレットを作る。

それで、一つずつ解説します。

秘密鍵の管理

まずWEB上お財布に当たるメタマスクには秘密鍵があります。

それを紙で保管しましょう!

メタマスクを作成していない方はこちらの記事を参考にしてみてください。5分もあれば作ることができます。

メタマスクを作るときに出てくる12個の英単語からなるシークレットリカバリーフレーズの事を秘密鍵といいます。

メタマスクを作成する時も紙で保管することを推奨しています。

もちろん私も紙で保管しています。

外出先のフリーWifiを使わない

外出先のフリーWifiは使ってはいけません。

それは個人情報やパスワードを暗号化して通信するセキュリティが弱い事が多いためです。

NFTを買うときには必ずメタマスクにアクセスする必要があります。

メタマスクにはあなたの大事な資産が入っていますよね。

ぶっちゃけってとても危険です。

それはまるで裸で南極に降り立つようなもの。

極端な話かもしれませんが、それくらいの危機感が必要であるなと感じます。

もしも、外出先でメタマスクにアクセスしたい場合は、セキュリティ対策アプリやVPNを利用しましょう。

購入用のウォレットとは別に保管用ウォレットを作る。

最後に購入用ウォレットとは別に保管用ウォレットを作りましょう。なぜなら間違えて、詐欺サイトにアクセスした場合にそのときに繋いでいたウォレットの資産が全て抜かれることがあるためです。

保管用ウォレットを持ち、購入したNFTを保管用ウォレットに送れば購入用ウォレットを攻撃されても、そこにNFT及び資産はないですよね。

なので、被害を最小限に抑える事ができます。

イメージしやすいのは銀行と個人持ちの財布です。

保管用ウォレットは銀行で、購入用ウォレットは個人持ちの財布といったところです。

例えば、100万円の資産があるとして、それを個人持ちの財布に入れないですよね。落としたり、盗まれたりしたら、全部持ってかれます。

なので、使う分だけ財布に入れてあとは銀行に預けます。

購入用とは別に保管用のウォレットを作って運用するのはとても有効です。

NFTハッキング被害の体験談

最後にハッキング被害に遭った私の体験談になります。

NFTブロガー駆け出しの頃のハッキング体験談

私がNFTを購入して、NFTブログを書き出したのが2022年の7月のころ。ハッキングに遭ったのはその1カ月後です。

忘れもしません。2022年8月19日に被害に遭いました。

その時の様子を記事にまとめています。

こちらからどうぞ

コミュニティに助けを求める

ハッキング被害に遭ったときあなたならどうしますか?

はっきり言って、私の周りにはNFTをやっている人は全くいませんでした。

そんな時、コミュニティが助けてくれたのです。

具体的には「CHIMNY TOWN DAO」というキングコング西野さんが発端となって設立されたDAOです。

西野さん本人が顔を出すことはとても稀ですが、メンバーはとても優しい。

NFT初心者にはオススメのDAOです。

私もしっかり助けて貰いました。なのでもし入りたかったらこちらの記事に、CHIMNY TOWN DAOの入り方を紹介しています。

参考にしてみてください。

CTDのしくじり先生

いやいや、ハッキングにあってからじゃ遅いのよ。ハッキング事例を知りたいんです!なんて思う方も多いハズ。

安心してください。

そんなときもCHIMNY TOWN DAOは準備しています。

CHIMNY TOWN DAOには「しくじり先生」というチャンネルがあって、そこではみんなのしくじり体験が投稿されます。

もちろん私も投稿しました。

たくさんのしくじり事例があるので、よく読んで同じ鉄は踏まないように注意しましょう、

実はCHIMNY TOWN DAOでもハッキング被害が発生しています。

そのときにイケハヤさんがNFTの盗難被害を防ぐ方法を紹介しるVoicyも超参考になります。

Voicy - 音声プラットフォーム
【決定版】NFTの盗難被害を防ぐ方法。 | イケハヤ「#イケハヤラジオ」/ Voicy - 音声プラットフォーム 音声放送チャンネル「イケハヤ」の「【決定版】NFTの盗難被害を防ぐ方法。(2022年11月1日放送)」。Voicy - 音声プラットフォーム

まとめ

この記事では暗号資産のカストディについて紹介しました。

この記事で伝えたかったことを簡単におさらいします。

  • カストディは資産の管理業務の事
  • 重要なのはセルフカストディ
  • 暗号資産、NFTを運用するならコミュニティに入ろう。

ということです。

暗号資産は現物が手元にあるわけではありません。

ネット上にあるものなので、圧倒的にハッキングに遭うリスクがあります。

ただし、しっかりと知識を付ければ安全に管理することができます。

そして、稼ぐ事ができるんですよね。

実際に私のNFTの含み益も50万円を超えています。

サラリーマンの小遣いで投資して、含み益50万円はなかなかエグいです。

もっと大きな投資が出来ればどうなるのか?

それを続ければどうなるのか?

と考えるとやはり、暗号資産は夢があります。

ぜひ正しい知識を持って、暗号資産、NFT運用にチャレンジしてみましょう!

私の場合はNFTトレードで稼ぎましたが、NFTアートを売る方が向いているななんて思う方も多いのではないでしょうか?

AIアートなんかもあるので、絵を描く才能がなくてもAIに指示を出せば書いてくれます。

AIアートをやったことありますか?

実はCHIMNY TOWN DAOでもできます。

そしてかなり難しい。

それならやっぱり絵の勉強をしてNFTアートを書こうかなんて思う方も多いはず。

そんな方にオススメなのがこのBrainです。

Brain
実はNFTアート作品で稼いでいる人の90%は一般の方です。今すぐ…簡単テンプレートに従って制作・出品して... ◆ 最新版 2022年 6月 ◆「今、トレンドであるNFTアートを作成・出品の手順を身につけて今すぐ稼げるビジネスの波に乗りましょう」「NFTアートで稼ぎたいけど、作品...

NFT製作のテンプレートもあります。NFTアートに特化した内容で情報量、質も半端ないです。

これからはNFTアートも立派な職業になる時代ですよ。

しっかり学んで、ぜひ副業で初めてみましょう。

なんとこのBrainはアフィリエイトもできます!

SNSなんかで紹介して、購入してもらうと報酬が入りますよ。

私も別のBrainで紹介アフィリエイト成功しています!

おっと余談でした。

それでは「【暗号資産を安全に管理する】カストディとは?ハッキング体験談も併せて解説」でした。

ヤドリ戻ります。

\ ブログ村に参加中 /

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

「朝30分」を始めなさい!を実践しているブロガーです。習慣が変われば自分が変わる!自分が変われば世界が変わる!
応援Wordは「not too late」

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次