MENU
SWELL
おすすめ仮想通貨取引所
コインチェック

暗号資産のステーキングとは?特徴・利点をわかりやすく解説!

教えてほしい人

暗号資産のステーキングってなに?
暗号資産のステーキングの始め方を初心者向けに教えてほしい。
暗号資産のステーキングの利点についても知りたいです。

このような悩みに答えます。

✔記事の内容

  • 暗号資産ステーキングの概要
  • 暗号資産ステーキングのメリット
  • 暗号資産ステーキングのデメリット
  • 暗号資産ステーキングの始め方

ステーキングは暗号資産の運用方法の一つです。

保有しているだけで報酬を得ることができるので、初心者の方にオススメですよ。

✔記事の信頼性

2022年6月から仮想通貨を勉強しながらブログを運営しています。

投資資金は私のお小遣いなので、少額で仮想通貨を運用しています。

✔下記のような方にオススメ

  • 暗号資産を保有している方
  • 暗号資産を長期的に運用したい方
  • 暗号資産を余剰資産で運用できる方

✔記事を読むと

  • 暗号資産ステーキングの知識が身につきます。
  • 暗号資産ステーキングの始め方が分かります。

本記事では、初心者にもわかりやすく解説していきますのでぜひ最後までご覧ください。

目次

暗号資産のステーキングの概要

暗号資産のステーキングは暗号資産を保有することで報酬を得ることができる仕組みです。

初心者に超オススメの運用方法ですよ、

なぜなら、暗号資産を保有しているだけで報酬が得られるからです。

これまでは暗号資産が安い時に買って、高くなってから売るという方法で利益を出すというやり方が一般的でした。要するに売却益です。

これにはいくつかコツがあります。それは

  • 市場の状況を理解する
  • リスク管理する
  • 情報収集する
  • 信頼できる取引所を選ぶ
  • 分析ツール使う

などです。

暗号資産運用の上級者であれば、大きな利益を得る事ができるかもしれませんし、その確率も高いものだと考えられます。

しかし、初心者が報酬を得るのはとても難しいのではないでしょうか?

ヤドリ

私もこんなことはできません。。

そんな初心者の私でも暗号資産を保有しておくことはできます!

本当に保有してるだけで報酬を得ることができるんです。

それが暗号資産のステーキングなんですね。

おっとステーキング、ステーキングと書いていると、おのずとステーキが思い浮かびますね。

そんなステーキもステーキングの報酬で食べることができますね。

暗号資産のステーキングのメリット

さて話を戻して、ステーキングのメリットについても紹介します。

暗号資産ステーキングをするメリットは次の3点です。

  • 暗号資産の価格変動に関わらず、保有するだけで報酬を得る事ができる
  • 銀行よりも利率が高い
  • ブロックチェーンを学ぶキッカケになる。

それでは一つずつ詳しくみていきましょう。

暗号資産の価格変動に関わらず、保有するだけで報酬を得る事ができる

ステーキングを利用すれば、保有するだけで報酬を得る事ができます。

そして暗号資産の価格が上がっても下がっても、貰える報酬に関係ありません。

預けている期間や数量に応じて報酬が得られます。

つまり、たくさんの暗号資産を長い期間預ける事ができれば多くの報酬を得る事ができるというわけです。

例えるなら、田舎の親戚の子供みたいなものですよね。

一年後に会ったときに、大きくなったなぁって。育てる苦労もなく成長するように、預けている暗号資産が大きくなります。

忙しいサラリーマンには、はじめに暗号資産を購入するだけのオススメの運用方法ですよね。

銀行よりも利率が高い

そして何より、銀行に預けておくより利率が高いです。

一般的なメガバンクの利率は0.01~0.025%ほどですよね。

つまり10万円預けると利息はいくらになるでしょうか?

答えは10円から25円です。

ところがステーキングはというと。

0.1%~10%と銀行よりも圧倒的に高い利率になります。

10万円分の暗号資産をステーキングで運用したときには、

なんと

なんと!

最大でも10,000円分の利息が報酬として貰える可能性があるんですね。

ただし、暗号資産をステーキングした時の利率は安定しておらず、利率の変動が激しいということは知っておいたほうが良いです。

それでも、銀行よりも利率が高いのは事実なので、少しでも高い利率で資産を運用したい場合は暗号資産ステーキングを利用しましょう。

ぜひあなたが預けている銀行の利率を調べてみてください。

私は三菱UFJ銀行を利用していますが、0.001%です。

弱すぎますね。。

ブロックチェーンを学ぶキッカケになる。

最後のメリットはブロックチェーンを学ぶキッカケになるということです。

ぶっちゃけてブロックチェーンの技術はすでに、様々なところに広がっています。

そして、どんどん、身の回りに入ってきます。

特にNFTは、アートの売買なんかで利益を得る人もいます。

この先はもっと普及していきますよ。

例えば証明書的に扱われるようになります。

すると、大学の卒業証明や、資格を持っている証明なんかにも使われていく未来も容易に想像できます。

そんなブロックチェーンの技術を先行して学ぶということは最先端の技術に触れるということであり、先行して知ることで得られる利益は馬鹿にできないと考えます。

例えば、今はもう当たり前に使っているスマートフォンを、普及する前から学び始めるという事です。

これでどういうことが可能なのかというと、今からスマートフォンを触る人に教える事ができるということ。

それはお金に成るということです。

具体的にはブログをで稼ぐ事ができたり、コンテンツ販売ができるようになったりして、お金になります。

はたまた、お得な暗号資産に関するキャンペーンにも周りよりも早く参加することができます。

例えば、暗号資産の口座開設がまさにそれです。

かつては暗号資産の口座開設をするだけで10,000円分のビットコインが貰えている時期がありました。

しかし、それが2,500円分のビットコインになり、1,500円分になり、、

どんどん、減ってきて、今や暗号資産の口座開設だけではビットコインが貰える事はほぼなくなりました。

こういうキャンペーンに誰よりも早く参加できるということです。

ぶっちゃけて、口座開設だけで10,000円分のビットコインが貰えるなんて、怪しすぎますよね。

でも、しっかりブロックチェーンのことを学んでいれば、迷わず参加したはずです。

私の周りにも、私が買った本で「ブロックチェーン入門」をたった20ページほど読んだだけで、「ビットコイン買おうかな」と考えた会社の先輩がいます。

それくらいブロックチェーンを学ぶメリットはあるということです。

ちなみに私が会社の先輩に渡した本はこちらです。

本の中古販売店ブックオフで100円でした。

暗号資産のステーキングのデメリット

つぎに暗号資産のステーキング運用に対するデメリットを紹介します。

デメリットをしっかり理解して、運用しましょう。

こんなはずじゃなかったのに、、と思いませんように。

デメリットは次の3点です。

  • ステーキングできる暗号資産交換所や銘柄が少ない
  • ハッキングで資産を失うリスクがある。
  • 報酬が不安定である

それでは一つずつ見ていきましょう。

ステーキングできる暗号資産交換所や銘柄が少ない

実は暗号資産をステーキングできる暗号資産交換所や銘柄は少ないです。

ビットコインやイーサリアムがステーキングできるわけではありません。

また、暗号資産交換所においてもステーキングサービスを行っているところは少ないです。

実際に私が使っている、ビットフライヤービットバンクは2023年1月7日時点ではステーキングサービスを行っていません。

ステーキングサービスを行っている暗号資産交換所はこちらの5つです。

です。

詳しくはそれぞれのホームページを確認してみてください。

それぞれに公式HPのリンクを貼っています。

ハッキングで資産を失うリスクがある。

あくまでも暗号資産ですので、ハッキングに遭う可能性は否定できません。

とくにまとまった資産が保管されていますのでサイバー攻撃の対象になりやすいです。

コインチェックも2018年にハッキング被害に遭っています。

対策としては資産を分散する、余剰資産で運用するなどが考えられます。

万が一ハッキングに遭ってもダメージが少なくなるようにしましょう。

何を隠そう、実は私もハッキングの被害に遭っています。

その時の様子を記事にまとめています。

暗号資産交換所とは関係ありませんが、もしも、NFT関連のブログを書くときは注意が必要です。

報酬が不安定である

最後に、報酬が不安的であるというデメリットがあります。

暗号資産ネットワークの状況や、ステーキングをしてる暗号資産のマイニング難易度によって報酬が大きく変動します。

ときには報酬が発生しないということも起こりえます。

報酬がどの程度になるかの予測は困難で、あくまでも推定価格ということになります。

暗号資産のステーキングの始め方

暗号資産の始め方は単純に保有しているだけになります。

なので、始め方としてはこの3ステップ

  1. 暗号資産交換所で口座解説
  2. ステーキング対象の暗号資産を購入して保有する
  3. ステーキングの報酬発生

です。

おすすめのステーキングは

暗号資産交換所:GMOコイン

暗号資産銘柄:ATOM(コスモス)

になります。

報酬年率は6.5%~7.2%と高い見込みです。

メガバンクの年率が0.01%なので、最大で720倍です。

GMOコインのホームページでシミュレーションするとこんな感じです。

10ATOM(コスモス)を保有し続けて2032年になると、ステーキング報酬は12,817円になります、

毎月受け取るステーキング報酬をそのまま再投資した場合の参考値であり、報酬は推定になります、

それでも、銀行に預けていることを思うと、年率も高くて、保有しておくだけなのでとても優秀ですよね。

この機会にGMOコインでステーキングしたい方は早速GMOコインで口座開設して、暗号資産を購入してみてください。

口座開設の方法はこちらの記事で分かりやすく説明しています。

暗号資産のステーキングのよくある質問

最後にステーキングのよくある質問です。

Q:ステーキングの申込や報酬の受取による手続きは必要ですか?

A:不要です。ステーキング対象銘柄を保有しているだけでステーキングサービスの対象です。また、ステーキング報酬が発生した場合は自動的に受け取ることができます。

Q:ステーキング報酬の確認方法を教えてください。

A:対象の暗号資産交換所の入金履歴や取引履歴で確認することができます。

Q:ステーキングできる銘柄と報酬年率を教えてください。

A:対象の暗号資産取引所、銘柄によってことなります。

【GMOコインの場合】

・コスモス(ATOM):6.5%〜7.2%

・ポルカドット(DOT):4.4%〜5.3%

・シンボル(XYM):3.2%〜4.5%

・テゾス(XYM):2.1%〜4.3%

・クアンタム(QTUM)1.3%〜4.2%

・カルダノ(ADA):2.5%〜3.5%

【ビットポイントの場合】

・カルダノ(ADA):3.5%~5.3%

【コイントレードの場合】

・ポルカドット(DOT):5.0%~11.0%

・テゾス(XYM):2.0%〜5.0%

・カルダノ(ADA):1.0%〜4.0%

・テゾス(XTZ):2.0%~5.0%

・パレットトークン(PLT):10.0%~25.0%

【SBI VCトレード】

・ポルカドット(DOT):6.5%~7.5%

・カルダノ(ADA):2.82%〜4.86%

・テゾス(XYM):4.5%〜5.5%

・アバランチ(AVAX):1.5%〜2.5%

Q:ステーキング報酬を受け取れないことはありますか?

A:ステーキング報酬が配分されない場合は受けると事ができません。また対象の暗号資産交換所の都合でステーキングサービスを中止することがあります。

Q:ステーキングで得た報酬にかかる税金について教えてください。

A:ステーキングで受け取った報酬は雑所得になります。

まとめ

この記事では暗号資産のステーキングについて紹介しました。

この記事のポイントをまとめます。

  • ステーキングは暗号資産を保有することで報酬を得る仕組みの事
  • 暗号資産交換所によって扱っている銘柄や利率が違うこと
  • 銀行に預けているよりも報酬は高いが、リスクもあるということ

ステーキングは暗号資産の初心者でも手軽に始められる資産運用です。

この機会にぜひチャレンジしてみましょう。

まずは暗号資産交換所の口座開設、ステーキング対象銘柄の購入が必要です。

銘柄の多いGMOコインコイントレードSBI VCトレードなどで口座開設をしてみましょう。

スマホと免許証またはマイナンバーカードがあれば簡単に口座開設ができますので、すぐにステーキングが始められます。

GMOコインでは暗号資産の購入で毎日10人に1,000円が当たるキャンペーンを実施中!

ぜひこの機会にGMOコインでステーキングをして資産運用してみましょう!

それでは「暗号資産のステーキングとは?特徴・利点をわかりやすく解説!」でした。

ヤドリ戻ります。

\ ブログ村に参加中 /

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

「朝30分」を始めなさい!を実践しているブロガーです。習慣が変われば自分が変わる!自分が変われば世界が変わる!
応援Wordは「not too late」

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次