MENU
SWELL
おすすめ仮想通貨取引所
コインチェック

キャンプ道具を揃える順番を紹介します【損しない】

アウトドアを楽しみにしている男性

キャンプ道具を揃えたいけど、損したくない。

この記事ではこんなお悩みを解決します。

どうもヤドリです。

この記事を書いた人
緑の肌をした裸の王様
ヤドリ
  • 2児のアラフォーパパが2021年8月にブログで副業開始
  • 西野亮廣オンラインサロンメンバー
  • 「朝30分」を始めなさい!を実践中
  • ブログの収益は2桁、毎日更新12ヶ月(365記事)達成

この記事を書いている私は副業ブロガー。道半ばです。Twitter:(@yadori816)

キャンプ道具を揃える順番があるのをご存知でしょうか?

しっかり順番を把握すれば効率良くキャンプ道具を揃える事ができますよ。

実は私も少しづつキャンプ道具を揃えて行きました。

今回の記事の内容はこちらです。

  • 椅子とテーブルから揃えよう
  • テントは後
  • 売ることもできます。

この記事はキャンプを始めようとしている方におすすめです。

最後までよろしくお願いいたします。

目次

椅子とテーブルから揃えよう

キャンプ道具はたくさんありますよね。

まずはテントやタープを思いつくかもしれません、

しかし、まずはアウトドア用の椅子とテーブルから揃える事をおすすめします。

キャンプ以外にも使える物から揃えましょう。

なぜなら、椅子やテーブルはキャンプ以外でも使う事があるからです。

例えば、釣りに行くときなんかは椅子を持って行きますよね。

テーブルもお花見や、庭でバーベキューをするときに使います。

もしも、キャンプに行く頻度が少なくても、キャンプ以外で使います。

まずはアウトドア用のイスとテーブルを揃えてみましょう。

実際に私がキャンプを始めたころは、家にあるものを持って行きました。

ガスコンロに鍋やフライパン、箸やスプーンなど。

ヤドリ

生活感漂うキャンプサイトにはなりますが、十分にキャンプを楽しめますよ。

一泊するならランタンが必要

もしも一泊するならランタンが絶対に必要です。

しかも最低でも2個以上は必要です。

オートキャンプ場で一泊するとなると、夜がやってきます。

キャンプ場の夜は暗いです。

ヤドリ

街灯のようなものはないからですね。

そのときにサイトを照らすランタンがないと、危なくて動けません。

どこに何があるのかわからずに、ぶつかったり、つまずいたりしてしまいます。

しっかり明るいランタンを準備しましょう。

そのときには、LEDランタンがおすすめです。

もっと明るくて、かっこいいガスランタンが欲しいと思うかもしれません。

とはいえ、テント内ではLEDランタンを使います。

ランタンを買うなら、まずはLEDランタンを2個買いましょう。

まずはホームセンターのもので十分

キャンプ道具が欲しいからと言って、いきなりアウトドア専門店に行くことはおすすめしません。

なぜならば値段が高いからです。なにもかも。。

例えば椅子なんかは、1脚で4000〜5000円しますよ。その点ホームセンターなら2000円以下で購入することができます。

まずはコレで十分ですね。

例えばクーラーボックスなんかもそうです。よく見かけるコレで十分ですよ。

私も一泊のキャンプならコレ持っていきます。

小さすぎないので、便利ですよ。

2泊3日になるとスチベルになります。

ホームセンターのものでもキャンプはできます。

テントは後

キャンプ道具の中でもテントは非常に値段が高いですよ。

なかなか買い替える事もできないので、特に失敗できないですよね。

もしも、なんかこのテント違うなぁと思ってしまうと、キャンプが続かないかもしれませんよね。

しっかりお気に入りのテントを購入する事をおすすめします。

まずは常設テントでキャンプ体験

まずはテント泊を受け入れられるかがポイントです。

家で寝るのとは違って、外で寝るのは不安だなと思うかもしれません。

なので、まずは常設テントでキャンプ体験してみましょう。

私の場合も、まずは常設テントでキャンプ体験しましたよ。

意外と常設テントでキャンプができる場所はあります。

私が行ったところは休暇村です。

手ぶらでキャンプするプランがありますよ。

ヤドリ

施設がすぐ近くにあり、銭湯や翌日の朝食は施設を利用しました。

レンタルする方法もあります。

テントの種類はたくさんありますよ。

ドームタイプ、ツールームタイプ、ワンポールタイプなど。

良く見るのはドーム型のテントではないでしょうか?

周りと同じテントは嫌だと思う方も多いかと思います。

でもやはりドーム型が安くて使い勝手がいいんですよね。

ツールームやワンポールなどのテントを常設テントとしているキャンプ場は見たことありません。

そんなときはテントをレンタルする事もできますよ。

テントを買う前にレンタルで体験してみるのがいいですね。

いっそのこと全部レンタルで体験する。という手もありますよ。

テントのおすすめはやはりColeman

なんだかんだいって、テントのおすすめはどれなの?と言われると迷わずにお答えできます。

それはColemanのタフワイドドームです。

値段も使い勝手も、これに勝るものはないと思っています。

オートキャンプ場に行くと、やはり多いです。しかし、それだけ期待から外れない

ということですよ。

私も2013年に購入していますが、未だに現役です。

売ることもできます。

もしも、すでにテントを購入したよという方は売る事もできますよ。

テントは値段が高いので、中古を求める人も多いです。

専門の買取サイトもあります。

手離れを優先する。

テントを売る際にはいろいろな方法がありますよね。

もしも自分が納得しない値段ならどうしますか?

置いておくという方も多いのではないかと思います。

もちろん、高い金額でしたので、少しでも高く売りたいという気持ちはわかります。

しかし、売値が安くても早く売る事をおすすめします。

やはりテントは場所を取りますよね。

またそれを売るための手続きもたくさんある事でしょう。

テントを保管しているために、物が置けずに、整理することもあるのではないでしょうか?

ヤドリ

意外とそういった時間は少なくなくて、その時間でいろいろできるというのが事実です。

お金はかえってきますが、時間はかえってこないと良く聞きます。

やはり価格より手離れを優先することをおすすめします。

まとめ

気にナイフが刺さっている

この記事では、キャンプ道具を揃える事について紹介しました。

キャンプ人口が多くなってきています。それにともない、いろいろなキャンプ道具が発売されていますよね。しっかりと自分のお気に入りを見つけて、キャンプを楽しみましょう。

それでは「キャンプ道具を揃える順番を紹介します【損しない】」でした。

ヤドリ戻ります。

\ ブログ村に参加中 /

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

「朝30分」を始めなさい!を実践しているブロガーです。習慣が変われば自分が変わる!自分が変われば世界が変わる!
応援Wordは「not too late」

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次