MENU
SWELL

オススメの暗号資産交換所

みっんな使ってる

コインチェック


イーサリアムが安い

ビットフライヤー


暗号資産銘柄の取り扱い数No.1

ビットバンク

オススメのブログテーマ

早めに始めないと損

SWELL

誰でも1,500円もらえる

バンカーズ

当サイトのレンタルサーバー

ConoHa Wing



『ながら読書』最強!

Amazon Audible

ツイート

【2023年4月】ビットフライヤー人気暗号資産TOP5!将来性の見極め方も紹介

当ページのリンクには広告が含まれています。
【2023年4月】ビットフライヤー人気暗号資産TOP5!将来性の見極め方も紹介
教えてほしい人

暗号資産市場は変化が激しい!どの通貨に投資すればいいの?
ビットフライヤーで人気の暗号資産銘柄はなに?

この記事ではこんな不安を解消します。

✅記事の内容

今回の記事は【2023年4月】ビットフライヤーで人気のおすすめ暗号資産TOP5を紹介します。さらに将来性を見極めるポイントなども解説します。

かなりボリュームの多い記事になっています。

しかし、これから暗号資産を始めるあなたには、十分有益な記事になっています。

ぜひブックマークして、今後の暗号資産運用のガイドラインにしてください。

✅記事の信頼性

この記事を書いた人

@yadori816

【ヤドリブログからのお願い】

最後まで読んでこの記事悪くないねぇと思われたら、以下の商品リンクから商品購入にご協力お願いします。

いやいや、購入はコーヒーじゃなくても大丈夫です。

それではよろしくお願いいたします。

最後にお得な情報をお届けいたします。

ぜひ最後まで読んでください。

よろしくお願いいたします。

私はビットフライヤーを愛用しています。そんな私が、ビットフライヤーでオススメの暗号資産銘柄を紹介します。

初心者にも分かりやすく解説していきます。

もしもいいなと思ったらビットコインやイーサリアム、リップルを買って暗号資産運用を始めてみましょう!

✅下記のような方にオススメ

  • ビットフライヤーでおすすめの通貨を知りたい方
  • 将来性が高い暗号資産の選び方を学びたい方
  • 投資リスクを最小限に抑えたい方
  • 資産運用を通じて自己実現を達成したい方

✅記事を読むと

  • ビットフライヤーでおすすめの通貨に投資し、利益を上げることができます。
  • 自己実現を達成し、投資家としての自信をつけることができます。
  • 暗号資産業界のトレンドを把握し、適切なタイミングで投資できるようになります。

✅暗号資産を始めるには暗号資産交換所で口座開設が必要です。

将来は、いまみたいに暗号資産を買うことができません。

これからデジタル社会に移行していく中で、暗号資産がその恩恵を受けないわけがないんですよね。

暗号資産はもっともっと価値が上がると私は考えています。

おそらく、今が最安値です。

ビットコインやイーサリアム、リップルを買って暗号資産運用を初めてみましょう!

とはいえ、現物のない暗号資産に身銭を切るのはとても不安ですよね。

安心してください。

いまならビットフライヤーのキャンペーン中です。

なんと口座開設だけで2,500円が貰えます!

さらに紹介コードを入れれば1,500円が貰えます。

手続きは簡単で10分もあれば口座開設ができます。

キャンペーンはいつ終わるか分かりません。

是非この機会にビットフライヤーで口座開設をして暗号資産運用を始める準備をしてしまいましょう!

ぶっちゃけて今は、早ければ早いほうがお得です。

それも そのはず、どんどん暗号資産の価値は上がりますかね。

それではビットフライヤーの公式サイトから口座開設の手続きをしましょう!

>>ビットフライヤーの公式サイトはこちら

私の紹介コードはこちらです。

本記事では、初心者にもわかりやすく解説していきますのでぜひ最後までご覧ください。

目次

 2023年4月ビットフライヤーおすすめ暗号資産TOP5

2023年4月、ビットフライヤーで取引されているおすすめ暗号資産TOP5をご紹介します。

このランキングは、市場動向や将来性を考慮し、初心者から上級者まで幅広く対応できる銘柄を厳選しました。

それぞれの通貨の特徴や投資ポイントをわかりやすく解説し、投資家が見逃さない情報を提供します。

また、各通貨の今後の見通しやリスクにも触れています。

この章を読むことで、最新の暗号資産市場におけるトレンドを把握し、自分に適した投資先を見つける手助けになるでしょう。

是非、参考にして投資戦略を立ててください!

 1位:ビットコイン(BTC)

ビットコインは最初の暗号資産であり、デジタルゴールドとも称されています。

価値保存手段としての役割が強く、市場全体の動向を左右する重要な存在です。

投資ポイントとしては、世界中で認知度が高く、流動性が非常に高いことが挙げられます。

しかし、取引手数料や処理速度の問題があり、今後も技術的な改善が求められるでしょう。

また、規制の導入や環境問題がリスク要因として考慮されるべきです。

今後の見通しとしては、インフレ対策やデジタル資産の普及に伴い、需要が増加する可能性があります。

ヤドリ

暗号資産交換所の口座開設キャンペーンでも良くもらるから、初心者はまずはビットコインですね。

まだ暗号資産交換所のアカウントを持っていない方は、国内暗号資産交換所でも評判のいいビットフライヤー公式サイトをチェックしてみましょう。

今なら4,000円相当のビットコインが貰えます!

ビットフライヤーは新規で口座開設した方を対象に2,500円分のビットコインが貰えるキャンペーンを実施しています!

さらに私の紹介コードを入力することでさらに1,500円分のビットコインが貰えます!

\ 1円から暗号資産が買えるから初心者にオススメ /

米金融大手のゴールドマン・サックスはこちらの記事でビットコインの価格は10万ドル(約1,100万円)を超える可能性があるという見解を示しています。

つまり【4,000円】が【12,000円】になるっていうことです。

12,000円もあれば、なにをしますか?

私なら、教材買うかもしれませんね。

家族で焼肉に行くのもいいかもです。

とにかく今の内にもらっておくことをオススメします。

口座開設はGメール、スマホ、免許証かマイナンバーカードがあれば、10分ほど終わります!

ぜひこの機会にビットフライヤーで口座開設をしてしまいましょう!

\4,000円分のビットコインが貰えるから、今すぐ口座開設がオススメ /

 2位:イーサリアム(ETH)

イーサリアムはスマートコントラクト機能を持ち、分散型アプリケーション(dApps)のプラットフォームとして広く利用されています。

投資ポイントとしては、DeFi(分散型金融)やNFT(非代替性トークン)の急成長により、需要が高まっていることが挙げられます。

今後の見通しとしては、イーサリアム2.0への移行が予定されており、スケーラビリティやエネルギー効率の向上が期待されています。

ただし、競合プラットフォームの登場や技術的な問題がリスク要因として懸念されます。

NFTを始めるならまずはイーサリアムです。

私が暗号資産を始めたきっかけもNFTでした。

なので、最初に買った暗号資産はイーサリアムです。

もし、NFTに興味あれば、こちらの記事で知識を深めてみてはいかがでしょうか?

 3位:リップル(XRP)

リップルは銀行間送金や決済を効率化することを目指し、送金速度が速く、取引手数料も低いです。

投資ポイントとしては、銀行や金融機関との提携が進んでいることが挙げられます。

今後の見通しとしては、国際送金市場の拡大やデジタル決済の普及により、需要が増加する可能性があります。

ただし、規制当局との訴訟問題や競合企業の台頭がリスク要因として考慮されるべきです。

私はリップルを持っていませんが、私の会社の同僚はリップルを持っている方がいますね。

売却益も少し出ていると聞きました。

 4位:カルダノ(ADA)

カルダノはイーサリアムに似たスマートコントラクト機能を持つプラットフォームで、研究ベースのアプローチや厳密なピアレビューによる開発が特徴です。

投資ポイントとしては、スケーラビリティやインタオペラビリティの改善に焦点を当てた開発が行われており、将来的な成長が期待されています。

また、途上国での金融インクルージョン(金融包摂)を促進する取り組みも評価されています。

今後の見通しとしては、スマートコントラクト機能の正式リリースやプラットフォームの拡張に伴い、利用範囲が広がることが予想されます。

ただし、他の競合プラットフォームとの競争や開発遅延がリスク要因として存在します。

 5位:ポリゴン(MATIC)

ポリゴンはイーサリアムのスケーラビリティ問題を解決するために開発されたレイヤー2ソリューションで、高速な取引処理や低い取引手数料が特徴です。

投資ポイントとしては、イーサリアムとの親和性が高く、多くのdAppsやDeFiプロジェクトがポリゴンを採用していることが挙げられます。

今後の見通しとしては、イーサリアムの普及に伴い、ポリゴンの需要も高まることが期待されます。

ただし、イーサリアム2.0への移行や他のスケーラビリティソリューションとの競争がリスク要因として懸念されます。

これらの暗号資産に投資する際には、市場動向や将来性を考慮しつつ、自分の投資目的やリスク許容度に合わせた戦略を立てることが重要です。

また、分散投資を行い、リスクを軽減することも大切です。

ヤドリ

最新の市場情報や技術動向を随時チェックし、適切な投資判断を下すことで、暗号資産投資で成功を収めることが可能です。

暗号資産を始めるならビットフライヤーがオススメです。

国内でも暗号資産の取引量が多く、安定しています。

暗号資産を預けていても安心できます。

そして、コインチェックよりもイーサリアムが安く買えるんですよね。

私はココがお気に入りです。

NFTを始めたい方には特にオススメの暗号資産交換所です。

10分ほどあれば終わりますので、サクッと口座開設をしてしまいましょう。

 おすすめ通貨の将来性を見極めるポイント

暗号資産市場は日々変化しており、どの通貨が将来的に成長するかを見極めることが投資成功の鍵となります。

本章では、おすすめ通貨の将来性を見極めるための重要なポイントを紹介します。

テクノロジーの革新性、プロジェクトの実用性、開発チームの信頼性、そしてコミュニティの活発さについて詳しく解説し、投資家が賢明な選択を行えるようにサポートします。

これらのポイントを押さえることで、あなたも将来性のある通貨を見つけ出し、リスクを抑えた投資を行うことができます。

さあ、一緒に成功への道を歩みましょう!

まずは国内暗号資産交換所ビットフライヤー公式サイトをチェックしてみましょう。

今なら4,000円相当のビットコインが貰えます!

ビットフライヤーは新規で口座開設した方を対象に2,500円分のビットコインが貰えるキャンペーンを実施しています!

さらに私の紹介コードを入力することでさらに1,500円分のビットコインが貰えます!

\ 1円から暗号資産が買えるから初心者にオススメ /

米金融大手のゴールドマン・サックスはこちらの記事でビットコインの価格は10万ドル(約1,100万円)を超える可能性があるという見解を示しています。

つまり【4,000円】が【12,000円】になるっていうことです。

12,000円もあれば、なにをしますか?

私なら、教材買うかもしれませんね。

家族で焼肉に行くのもいいかもです。

とにかく今の内にもらっておくことをオススメします。

口座開設はGメール、スマホ、免許証かマイナンバーカードがあれば、10分ほど終わります!

ぜひこの機会にビットフライヤーで口座開設をしてしまいましょう!

\4,000円分のビットコインが貰えるから、今すぐ口座開設がオススメ /

 テクノロジーの革新性

暗号資産の将来性を見極める上で、テクノロジーの革新性は非常に重要な要素です。

革新的な技術を持つプロジェクトは、競合他社に対して優位性を持ち、市場での需要が高まる可能性があります。

具体的には、以下の点に注目して評価してみましょう。

スケーラビリティ:取引速度や処理能力が高く、大量のユーザーが利用できるかどうか。

例:イーサリアムの第2層ソリューション(Polygonなど)

セキュリティ:ネットワークが安全性を確保しており、攻撃や不正行為に対して耐性があるか。

例:ビットコインのプルーフ・オブ・ワーク(PoW)アルゴリズム

低コスト:取引手数料やエネルギー消費が抑えられているか。

例:カルダノのプルーフ・オブ・ステーク(PoS)アルゴリズム

柔軟性:プラットフォームがさまざまな用途に適応し、拡張性があるか。

例:イーサリアムのスマートコントラクト

これらの要素を総合的に評価し、技術革新性が高いと判断できる通貨は、将来性のある投資先となるでしょう。

ヤドリ

ただし、革新性だけでなく、他の要素も考慮してバランスよく評価することが重要です。

 プロジェクトの実用性

暗号資産の将来性を評価する際に、プロジェクトの実用性も大変重要なポイントです。

実用性が高いプロジェクトは、日常生活やビジネスでの利用が増えることが期待され、需要が高まる可能性があります。

実用性を評価する際には、以下の点に注意してみましょう。

ユースケース:プロジェクトが解決しようとしている問題や提供するサービスが具体的で現実的か。

例:リップル(XRP)の国際送金の効率化

パートナーシップ:実際に企業や組織がプロジェクトを採用し、利用しているか。

例:カルダノ(ADA)とアフリカ諸国の教育・自治体向けシステム開発

普及率:プロジェクトが市場でどれだけ認知され、利用されているか。

例:ビットコイン(BTC)の世界的な認知度と決済手段としての普及

法規制への対応:プロジェクトが法規制に対応し、適切な運営が行われているか。

例:イーサリアム(ETH)のセキュリティトークンオファリング(STO)対応

これらの要素を検証し、プロジェクトの実用性が高いと判断できる通貨は、将来性が期待できる投資先と言えるでしょう。

ヤドリ

ただし、実用性だけでなく、他のポイントも総合的に評価することが重要です。

 開発チームの信頼性

暗号資産の将来性を判断するうえで、開発チームの信頼性も非常に重要なポイントです。

優れた技術力やビジョンを持つ開発チームは、プロジェクトを成功に導く可能性が高くなります。

開発チームの信頼性を評価する際には、以下の点に注意してみましょう。

メンバーの経歴:チームメンバーの過去の実績や技術力が高いか。

例:イーサリアム(ETH)の創設者であるビタリック・ブテリンの技術的評価

プロジェクトの進捗状況:開発が計画通り進行し、アップデートや改善が行われているか。

例:カルダノ(ADA)のロードマップの順調な進捗

コミュニケーション:開発チームがコミュニティとのコミュニケーションを大切にし、情報開示が透明か。

例:ポリゴン(MATIC)の開発者向け技術サポートや質問への迅速な対応

セキュリティ対策:プロジェクトのセキュリティ対策が適切に行われているか。

例:リップル(XRP)の分散型取引所への対応やデータの暗号化

信頼性の高い開発チームがバックアップする暗号資産は、技術的な進歩や市場の変化に柔軟に対応し、長期的な成功が期待できます。

ヤドリ

しかし、開発チームの信頼性だけでなく、他のポイントも総合的に評価することが重要です。

 コミュニティの活発さ

暗号資産投資において、コミュニティの活発さも将来性を見極める上で大切なポイントです。

強固なコミュニティはプロジェクトの成長をサポートし、より多くの人々がその通貨に関心を持つことにつながります。

コミュニティの活発さを評価する際には、以下の要素をチェックしましょう。

SNSのフォロワー数:TwitterやRedditなどのSNSでのフォロワーや購読者の数が多いか。

例:ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)のTwitterアカウントのフォロワー数

開発者の参加状況:プロジェクトに多くの開発者が関与し、アプリケーションやツールが開発されているか。

例:イーサリアム(ETH)によるスマートコントラクト開発

ユーザーの活動:通貨を利用した取引やアプリケーション利用者数が多いか。

例:リップル(XRP)の国際送金サービスでの利用者数の増加

イベントやミートアップ:定期的に開催されるイベントやミートアップがあり、参加者が多いか。

例:カルダノ(ADA)のコミュニティイベントや開発者向けワークショップ

活発なコミュニティは、プロジェクトの信頼性や広がりを示す指標となります。

ただし、コミュニティの活発さだけでなく、他の評価ポイントも総合的に考慮し、投資先を選ぶことが重要です。

 ビットフライヤーでおすすめ通貨の購入方法

暗号資産投資を始めるにあたり、ビットフライヤーでのおすすめ通貨の購入方法を知りたいと思われる方も多いでしょう。

この章では、ビットフライヤーでの口座開設手続きから資金の入金、通貨の選択・購入方法、さらに売買手数料や注意点について詳しく解説します。

これを読めば、ビットフライヤーでスムーズに暗号資産投資を始められるようになります。

投資初心者から経験者まで、必見の情報が満載です。

記事も中盤です。振り返ると暗号資産運用についての知識が少しついてきたのではないでしょうか?

きっと周りとの会話にもついていけるようになってきているはず。

さらに続きをお読みいただき、おすすめ通貨の購入をスタートさせましょう。

 口座開設手続き

ビットフライヤーでおすすめ通貨を購入するためには、まずは口座開設手続きを行う必要があります。

手続きは以下の手順で進められます。

  1. ビットフライヤーの公式ウェブサイトにアクセスし、「新規登録」をクリックします。
  2. 必要事項を入力し、メールアドレスの確認手続きを行います。
  3. 本人確認書類(運転免許証やパスポートなど)をアップロードし、審査を待ちます。審査には数時間~数日かかることがあります。
  4. 審査が完了したら、ログインして取引を開始できます。

口座開設時には、二段階認証(2FA)の設定も推奨されます。

これにより、不正アクセスや不正送金などのリスクを軽減できます。

2FA設定は、Google AuthenticatorやAuthyなどのアプリを利用して行うことができます。

初心者でも簡単に手続きができるようになっているので、安心して口座開設を行ってください。

 資金の入金

ビットフライヤーで暗号資産を購入するには、まずアカウントに資金を入金する必要があります。

資金の入金方法は主に以下の2つがあります。

銀行振込:ビットフライヤーの指定する銀行口座に、自分の銀行口座から資金を振り込む方法です。振込手数料は銀行によって異なりますが、一部の銀行では無料で入金できる場合もあります。振込手続き後、通常は数時間以内に入金が反映されますが、混雑状況によっては翌営業日になることもあります。

クレジットカード決済:クレジットカードで直接入金する方法です。手数料は一定の割合がかかりますが、リアルタイムで入金が反映されるため、すぐに取引を開始することができます。

いずれの方法も、ビットフライヤーのアカウントにログインし、「入金」ページから手続きができます。

手続きには、入金額や銀行口座情報、クレジットカード情報などが必要です。

資金の入金が完了すれば、おすすめ通貨の購入を始めることができます。

ただし、初めての取引であれば、少額から始めて慣れることをお勧めします。

 通貨の選択と購入方法

ビットフライヤーでおすすめ通貨を購入するには、まず取引ペアを選択し、購入方法を決定する必要があります。

取引ペアとは、購入する通貨とそれに対する基軸通貨(例:BTC/JPY)の組み合わせを指します。

ビットフライヤーでは、日本円やビットコインを基軸通貨として、さまざまな暗号資産との取引が可能です。

購入方法は、主に「成行注文」と「指値注文」の2つがあります。

成行注文:現在の市場価格で即時に購入する方法です。

取引所の「買い」欄に購入したい通貨の数量を入力し、注文を確定すれば購入が完了します。

市場価格が急激に変動することがあるため、注文時の価格と実際の約定価格が若干異なることがあります。

指値注文:あらかじめ設定した価格で購入する方法です。

取引所の「買い」欄に購入したい通貨の数量と希望する価格を入力し、注文を確定します。

市場価格が指定した価格に達した場合にのみ、注文が成立します。

購入方法を選択し、注文を確定することでおすすめ通貨の購入が完了します。

購入後は、適切なタイミングで売却することで利益を上げることができます。

しかし、暗号資産市場は変動が激しいため、リスク管理に十分注意しましょう。

 売買手数料と注意点

ビットフライヤーで暗号資産を購入・売却する際には、手数料が発生します。

手数料は、取引額に応じて変動し、通常は0.01%~0.2%の範囲内です。

ビットフライヤーでは、過去30日間の取引量に応じて手数料が段階的に割引される仕組みがあります。

積極的に取引を行うことで、手数料負担を軽減できます。

注意点として、以下の3点が挙げられます。

スプレッド:買い注文と売り注文の価格差(スプレッド)が広がることがあります。

スプレッドが広がると、実質的な取引コストが増加します。取引を行う際は、スプレッドを確認しましょう。

スリッページ:急激な価格変動により、注文価格と約定価格が異なることがあります。

スリッページを避けるためには、成行注文ではなく指値注文を利用することが有効です。

セキュリティ:暗号資産交換所はハッキングのリスクがあります。

ビットフライヤーはセキュリティ対策が充実していますが、自身でもパスワードの管理や2段階認証の設定を行うことが重要です。

手数料や注意点を把握し、賢明な取引を行うことで、暗号資産投資で利益を上げることができます。

ただし、投資はリスクが伴うため、十分なリスク管理を心がけましょう。

 長期保有と短期売買の戦略

暗号資産投資には様々なアプローチがありますが、その中でも「長期保有」と「短期売買」は、投資家の多くが取り組む主要な戦略です。

しかし、どちらの戦略が自分に適しているのか、また各通貨においてどのような投資戦略を立てるべきなのかは悩ましい問題です。

この章では、それぞれの戦略のメリットとデメリットを解説し、おすすめ通貨別の投資戦略を提案します。

これを読めば、自分に適した投資法を見つけ出す手助けになるでしょう。

さあ、最適な戦略を見つけ、投資の世界をもっと楽しみましょう!

まだ暗号資産交換所のアカウントを持っていない方は、国内暗号資産交換所でも評判のいいビットフライヤー公式サイトをチェックしてみましょう。

今なら4,000円相当のビットコインが貰えます!

ビットフライヤーは新規で口座開設した方を対象に2,500円分のビットコインが貰えるキャンペーンを実施しています!

さらに私の紹介コードを入力することでさらに1,500円分のビットコインが貰えます!

\ 1円から暗号資産が買えるから初心者にオススメ /

米金融大手のゴールドマン・サックスはこちらの記事でビットコインの価格は10万ドル(約1,100万円)を超える可能性があるという見解を示しています。

つまり【4,000円】が【12,000円】になるっていうことです。

12,000円もあれば、なにをしますか?

私なら、教材買うかもしれませんね。

家族で焼肉に行くのもいいかもです。

とにかく今の内にもらっておくことをオススメします。

口座開設はGメール、スマホ、免許証かマイナンバーカードがあれば、10分ほど終わります!

ぜひこの機会にビットフライヤーで口座開設をしてしまいましょう!

\4,000円分のビットコインが貰えるから、今すぐ口座開設がオススメ /

 長期保有のメリットとデメリット

長期保有は、暗号資産を数年から数十年という長い期間保持し、その間に価値が上昇することを期待する投資戦略です。そのメリットは、以下の通りです。

  • 長期的な価値上昇を期待できる: 通貨の基本的な価値が上昇することを期待し、一時的な価格変動に左右されない。
  • 手間が少ない: 短期売買に比べ、頻繁な取引が不要なため、手間が少なく済む。
  • 税制上の優遇: 一定期間保有した場合、所得税の税率が低くなることがある。

一方、デメリットも存在します。

  • 資金が長期間拘束される: 投資した資金が長期間戻ってこないため、資金回転が遅くなる。
  • 損切りが難しい: 価格が下落した場合でも長期保有を続けるため、損切りが難しくなる。
  • 未来予測の不確実性: 長期間の価格変動を予測することは困難であり、投資先の将来性が不確実な場合がある。

長期保有は、堅実な投資を目指す投資家に適しており、各通貨の基本的な価値や将来性をよく理解することが重要です。

 短期売買のメリットとデメリット

短期売買は、暗号資産を数日から数週間といった短い期間で売買し、価格変動を利用して利益を上げる投資戦略です。そのメリットは以下の通りです。

  • 短期間で利益を上げる可能性: 価格変動を利用して短期間で利益を上げることができる。
  • 資金回転が速い: 取引が頻繁に行われるため、資金回転が速くなり、投資効率が向上する。
  • 損切りが容易: 価格が下落した場合に素早く損切りできるため、損失を最小限に抑えることが可能。

しかし、デメリットも存在します。

  • 手数料が高くなる: 頻繁な取引により、売買手数料が高くなることがある。
  • ストレスが大きい: 短期間での価格変動に一喜一憂するため、ストレスが大きくなる。
  • 税制上の不利益: 短期間で売買した場合、所得税の税率が高くなることがある。

短期売買は、リスクを受け入れる意欲があり、短期的な利益を追求する投資家に適しています。

市場の動向やテクニカル分析を駆使して、効果的な売買タイミングを見極めることが重要です。

 各通貨の投資戦略

各暗号資産には独自の特徴と将来性があり、投資戦略も異なります。

以下に、主要な通貨ごとの投資戦略を説明します。

ビットコイン(BTC): デジタルゴールドとしてのポジションを確立しているため、長期保有が適しています。価格の安定性が高く、資産運用の基軸となることが期待されます。

イーサリアム(ETH): スマートコントラクトや分散アプリケーションのプラットフォームとしての地位が高く、長期保有が適しています。将来的にはDeFiやNFT市場の拡大により、さらなる価値上昇が期待されます。

リップル(XRP): 国際送金の効率化を目指すプロジェクトであり、短期売買や中期保有が適しています。企業や金融機関との提携が価格変動の要因となることが多いため、ニュースに注目して取引を行うと良いでしょう。

カルダノ(ADA): 高度なスケーラビリティとセキュリティを目指すプロジェクトであり、長期保有が適しています。プロジェクトの進捗により、将来的な価値上昇が期待されます。

ポリゴン(MATIC): イーサリアムのスケーラビリティ問題を解決するプラットフォームとして注目されており、中期保有や短期売買が適しています。プロジェクトの進捗やパートナーシップが価格変動の要因となるため、市場動向に注意して取引を行うことが重要です。

 暗号資産投資のリスク管理と注意点

暗号資産投資は、高いリターンをもたらす一方で、市場の変動性が非常に高いため、投資家にとっては大きなリスクを伴います。

そのため、投資をする際にはリスク管理が重要となります。

本章では、暗号資産投資におけるリスク管理と注意点について、以下の3つのポイントを中心に解説します。

まずは、金額の分散投資によってリスクを抑える方法、次に、情報収集の重要性と投資判断に必要な情報源について、そして最後に、損切りと利確のタイミングについて、具体的な投資戦略を提供します。

これらのポイントを押さえることで、暗号資産投資におけるリスクを最小限に抑え、安定的な投資を行うことができます。

 金額の分散投資

暗号資産投資においてリスク管理の重要な要素の一つが金額の分散投資です。

分散投資とは、投資資金を複数の異なる通貨やプロジェクトに分けて投資することで、リスクを分散させる戦略です。

暗号資産市場は非常に変動が激しいため、一つの通貨に投資額を集中させることで大きな損失を被る可能性があります。

以下に具体的な分散投資の方法と注意点を述べます。

複数の通貨への投資:主要な通貨(ビットコイン、イーサリアム)やアルトコインなど、異なる特徴を持つ通貨に投資することでリスクを分散させることができます。

プロジェクト分散:異なるプロジェクトや分野(DeFi、NFT、スマートコントラクトなど)に投資することで、特定の分野の変動リスクを低減できます。

定期的なリバランス:市場の変動により投資ポートフォリオのバランスが崩れることがあります。定期的にリバランスを行うことで、リスクを適切に管理することができます。

注意点としては、分散投資はリスクを減らすものの、リターンも抑えられる傾向があるため、投資目的やリスク許容度に応じて適切な分散投資戦略を選択することが重要です。

また、分散投資する通貨やプロジェクトの選定には十分なリサーチが必要であり、手数料や税金の影響も考慮する必要があります。

 情報収集の重要性

暗号資産は、急速に発展している新興市場であるため、投資には高いリスクが伴います。

そのため、情報収集は非常に重要です。

以下に情報収集に関する重要なポイントをいくつか挙げます。

信頼できる情報源を見つけることが重要です。

有名なニュースサイトや専門家のブログなどは、情報収集に役立ちます。

また、SNSの情報には注意が必要であり、偽情報や悪意のある情報が拡散されることもあります。

暗号資産に関する情報を正しく理解するためには、専門用語や暗号資産の仕組みについての基礎知識を身につけることが必要です。

多くの情報源がありますので、初心者でも学ぶことができます。

市場動向を把握することも重要です。

市場がどのように動いているかを知ることで、リスクを把握し、投資判断をすることができます。

ニュースサイトやチャートを確認することで、市場動向を把握することができます。

情報収集を怠ると、偽情報に惑わされたり、市場の動向を見誤ることがあり、投資判断に誤りが生じてしまう可能性が高くなります。

暗号資産投資を始める前に、情報収集に時間をかけ、十分な知識を身につけることが重要です。

私はこちらTOPVIEWというプラットフォームではWEB3に関する情報配信をしています。ぜひこちらも情報収集のひとつにしてもらえるろ嬉しいです。

あわせて読みたい
ヤドリ 2021年8月から雑記ブログ開始!2022年には仮想通貨ブロガーへ転身です。391日連続投稿した朝活ブロガーです。メインのブログでは語れない雑記をトップビューで更新します!

 損切りと利確のタイミング

暗号資産投資において、損切りと利確のタイミングを見極めることは、リスク管理の重要なポイントです。

以下に、損切りと利確のタイミングを決めるためのポイントをいくつか挙げます。

ポジションを持つ前に、損切りラインと利確ラインを決めておくことが重要です。

自分が許容できる損失と利益を決めておくことで、感情的になることなく、冷静に投資判断をすることができます。

トレンドラインやサポートライン、レジスタンスラインなどのテクニカル分析を用いて、相場の流れを判断することも重要です。

市場が急激に下落する場合には、早めに損切りをすることが必要です。逆に、市場が急騰した場合には、利確することが大切です。

短期的な値動きに左右されず、中長期的な視点を持つことも重要です。

暗号資産市場は、急激な値動きがありますが、長期的に見れば成長している市場です。

そのため、短期的な値動きに左右されず、冷静に投資判断をすることが必要です。

損切りや利確のタイミングを見極めることで、リスク管理ができ、投資効率を高めることができます。

しかし、市場の変動が大きいため、損切りや利確のタイミングは常に変化します。投資家は、常に市場を注視し、状況に応じて判断することが必要です。

とはいえ、初心者の方は難しいです。

なので、まずはキャンペーンやポイ活で貰えるビットコインの運用をオススメします。

 ビットフライヤー以外のおすすめ暗号資産交換所

暗号資産交換所は、現在急速に増加しており、数多くの取引所が存在しています。

その中でも私は正直ビットフライヤーだけの運用でもいいのかなと思います。

とはいえ、比較対象がないのも判断に困りますよね。

この章では、ビットフライヤー以外のおすすめ取引所を紹介します。

それぞれの暗号資産交換所には、セキュリティや手数料、取り扱っている通貨など、様々な特徴があります。

それぞれの取引所の特徴を把握し、自分に合った取引所を選ぶことは重要です。

この記事では、主要な暗号資産交換所であるコインチェック、ビットバンク、GMOコインを紹介します。

それぞれの取引所の特徴や利用方法について、詳しく解説していきます。暗号資産を取引する際には、取引所の選択が非常に重要なポイントとなります。

この記事を参考に、自分に合った取引所を見つけましょう。

 コインチェック

コインチェックは、日本の暗号資産交換所で、ビットコインやイーサリアム、リップルなど、約10種類の暗号資産を取り扱っています。

以下に、コインチェックの特徴をいくつか紹介します。

  • シンプルな操作性:初心者でも使いやすいシンプルな操作性が特徴です。取引画面が見やすく、注文方法も簡単です。
  • 安心のセキュリティ:2018年に起こったハッキング事件を教訓に、セキュリティの強化に力を入れています。2段階認証や暗号化通信など、高水準のセキュリティを実現しています。
  • 豊富な入出金方法:コインチェックは、銀行振り込みやクレジットカード、電子マネーなど、多彩な入出金方法を提供しています。また、円の入出金が早く、手数料も安いため、非常に便利です。
  • NFTの取引が可能:コインチェックは、2021年にNFTの取引機能を追加しました。マンガやアニメなど、様々なジャンルのNFTを取り扱っており、NFTマーケットプレイスとしても注目されています。

以上のように、コインチェックは、初心者でも使いやすいシンプルな操作性や、高水準のセキュリティ、多彩な入出金方法、NFTの取引機能など、魅力的な特徴を持っています。

暗号資産取引を始めるには、ぜひ検討してみてください。

 GMOコイン

GMOコインは、GMOインターネットグループの子会社が運営する日本の暗号資産交換所です。以下に、GMOコインの特徴をいくつか紹介します。

  • 取り扱い通貨が多い:GMOコインは、ビットコインやイーサリアム、リップル、ビットコインキャッシュなど、約20種類の暗号資産を取り扱っています。また、新しい暗号資産の上場も積極的に行っており、取り扱い通貨が増えています。
  • 手数料が安い:GMOコインの手数料は、0.05%と安く、コストを抑えて取引を行うことができます。また、ビットコインやイーサリアム、リップルの取引手数料は無料となっています。
  • 使いやすい取引画面:初心者でも使いやすい取引画面が特徴です。また、注文方法も簡単で、スピーディーな取引が可能です。
  • 銀行振り込みでの入出金が早い:GMOコインは、銀行振り込みでの入出金に力を入れており、処理が早く、円の入金は即日、出金は最短1時間で完了することができます。
  • 安心のセキュリティ:GMOコインは、セキュリティ面に力を入れており、2段階認証やSSL通信による暗号化など、高水準のセキュリティを実現しています。

以上のように、GMOコインは、取り扱い通貨が多く、手数料が安いこと、使いやすい取引画面があること、銀行振り込みでの入出金が早いこと、安心のセキュリティがあることなど、魅力的な特徴を持っています。

暗号資産取引を始める際には、ぜひGMOコインも検討してみてください。

 

 ビットバンク

ビットバンクは、日本の暗号資産交換所で、29種類の暗号資産を取り扱っています。

以下に、ビットバンクの特徴をいくつか紹介します。

  • スピード感のある取引:ビットバンクは、注文処理が高速で、スピード感のある取引が可能です。また、価格差を利用したスキャルピング取引も可能です。
  • 手数料が安い:ビットバンクの手数料は、0.05%と安く、コストを抑えて取引を行うことができます。
  • チャート機能が充実している:ビットバンクは、チャート機能が充実しているため、相場の動きを詳細に分析することができます。また、テクニカル分析に必要なツールも豊富に揃っています。
  • 豊富な入出金方法:ビットバンクは、銀行振り込みやクレジットカード、電子マネー、暗号通貨など、多彩な入出金方法を提供しています。
  • 無料のトレードツールがある:ビットバンクには、無料のトレードツールがあります。このツールを使うことで、自動的に注文を出すことができ、効率的な取引が可能です。

以上のように、ビットバンクは、スピード感のある取引や手数料が安いこと、チャート機能が充実していること、豊富な入出金方法があること、無料のトレードツールがあることなど、多くの魅力的な特徴を持っています。

ビットフライヤー以外の暗号資産交換所をお探しの方は、ぜひビットバンクも検討してみてください。

ビットフライヤーおすすめ通貨で成功する投資法

ビットフライヤーは、日本の暗号資産交換所の中でも最大手の一つであり、多くの投資家にとって、重要な取引所となっています。

しかし、暗号資産の市場は常に変動しており、投資家にとっては投資戦略やリスク管理が重要なポイントとなっています。

この章では、ビットフライヤーでの投資において、通貨選びのポイントや投資戦略、リスク管理、市場動向や将来展望に注目することで、成功する投資法を紹介します。

通貨選びから、投資戦略の立て方、リスク管理の方法まで、具体的なアドバイスを交えながら、ビットフライヤーでの投資において成功するためのポイントを解説していきます。

暗号資産投資をする際には、投資先の選択や戦略の立て方、リスク管理の方法など、様々なポイントを把握することが大切です。

この記事を参考に、自分に合った投資法を見つけ、ビットフライヤーでの投資に成功しましょう。

 通貨選びのポイント

ビットフライヤーでは、ビットコインやイーサリアム、リップルなど、多くの暗号資産が取引されています。

通貨選びのポイントを押さえることで、投資成功への道が開けるかもしれません。

以下に、通貨選びのポイントをいくつか紹介します。

マーケットキャップ:マーケットキャップが大きい暗号資産は、投資家からの信頼度が高く、安定性があると言えます。

用途:暗号資産には、決済手段として利用できるものや、プラットフォームとして利用できるもの、プライバシーに特化したものなど、さまざまな種類があります。自分がどのような用途で暗号資産を利用したいのかを考え、それに適した暗号資産を選びましょう。

チームの信頼性:開発チームの信頼性も重要なポイントです。暗号資産は、技術力によって価値が決まってくるため、信頼できる開発チームがあることが望ましいです。

ニュースや市場動向:暗号資産市場は、常に変化しています。最新のニュースや市場動向を把握し、投資先の決定に活用しましょう。

以上のように、通貨選びには、マーケットキャップや用途、チームの信頼性、ニュースや市場動向など、様々なポイントがあります。

それらを押さえて、自分に合った暗号資産を選びましょう。

おすすめのニュースサイトはこちらです。

コインデスクジャパン

CoinDesk Japan
CoinDesk JAPAN(コインデスク・ジャパン) CoinDesk Japan(コインデスク・ジャパン)は、新しい経済をつくるビジネスピープル・投資家のための、次世代型・金融/経済/ビジネスのニュースメディアです。

コインポスト

CoinPost|仮想通貨ビットコインニ...
CoinPost|仮想通貨ビットコインニュース・投資情報 CoinPost(コインポスト)は国内最大手仮想通貨(暗号資産)・ブロックチェーンメディアです。ビットコイン(BTC)、リップル(XRP)、イーサリアム(ETH)、ネム(XEM)な...

 投資戦略とリスク管理

暗号資産投資では、投資戦略やリスク管理が成功の鍵となります。

以下に、投資戦略とリスク管理のポイントをいくつか紹介します。

ロングターム戦略:暗号資産市場は、大きな変動があります。そのため、ロングタームでの保有を考えるのがおすすめです。数年〜数十年単位で保有することで、大きな利益を狙うことができます。

分散投資:投資先を複数の暗号資産に分散させることで、リスクを軽減することができます。1つの通貨に偏って投資することは避けましょう。

利益確定と損失カット:投資先の価格が目標価格に達した場合は、利益確定をすることが大切です。また、投資先の価格が下がり続ける場合は、損失を早めに切ることが重要です。

ドルコスト平均法:ドルコスト平均法とは、一定期間ごとに一定の金額を投資する方法です。市場変動の影響を受けにくく、長期投資において有効な方法です。

リスク管理:暗号資産市場は、価格変動が激しく、リスクも高いです。リスク管理を徹底し、投資額の範囲内での投資を行いましょう。

以上のように、投資戦略やリスク管理を押さえることで、暗号資産投資に成功することができます。ロングタームの保有や分散投資、利益確定と損失カット、ドルコスト平均法、リスク管理など、様々な方法を駆使し、自分に合った投資戦略を立てましょう。

 市場動向と将来展望に注目

暗号資産市場は常に変動しており、将来の価値が予想できないこともあります。

しかし、市場動向や将来展望に注目することで、投資の助けになる情報を得ることができます。

以下に、市場動向と将来展望に注目するポイントをいくつか紹介します。

ニュース:最新のニュースには、市場動向や将来展望に関する情報が含まれていることがあります。メディアの記事やSNSなどから情報を収集しましょう。

テクニカル分析:過去の価格変動を分析し、将来の価格変動を予測する方法です。価格チャートやテクニカル指標を駆使して、市場動向を把握しましょう。

ファンダメンタルズ分析:企業の財務状況やビジネスモデルなどを分析する方法です。将来の成長性やリスクを見極めることができます。

将来展望:暗号資産には、将来的に需要が高まると予想されるものがあります。例えば、スマートコントラクトやプライバシー保護などの機能を持った通貨は、将来的に需要が高まることが予想されます。

以上のように、市場動向や将来展望に注目することで、投資の助けになる情報を得ることができます。

ニュースやテクニカル分析、ファンダメンタルズ分析、将来展望を把握して、自分に合った投資先を選びましょう。

ただし、市場は常に変化しているため、注意が必要です。

まとめ

今回の記事ではビットフライヤーで人気の暗号資産銘柄TOP5と将来性の見極め方について紹介しました。

おさらいします。

まずはビットフライヤーで人気の暗号資産銘柄はこちら

  1. ビットコイン
  2. イーサリアム
  3. リップル
  4. カルダノ
  5. ポリゴン

です。

とくにビットコインはどんどん価値が上がっているので、今すぐに買うことをオススメします!

まだ暗号資産交換所のアカウントを持っていない方は、国内暗号資産交換所でも評判のいいビットフライヤー公式サイトをチェックしてみましょう。

今なら4,000円相当のビットコインが貰えます!

ビットフライヤーは新規で口座開設した方を対象に2,500円分のビットコインが貰えるキャンペーンを実施しています!

さらに私の紹介コードを入力することでさらに1,500円分のビットコインが貰えます!

\ 1円から暗号資産が買えるから初心者にオススメ /

米金融大手のゴールドマン・サックスはこちらの記事でビットコインの価格は10万ドル(約1,100万円)を超える可能性があるという見解を示しています。

つまり【4,000円】が【12,000円】になるっていうことです。

12,000円もあれば、なにをしますか?

私なら、教材買うかもしれませんね。

家族で焼肉に行くのもいいかもです。

とにかく今の内にもらっておくことをオススメします。

口座開設はGメール、スマホ、免許証かマイナンバーカードがあれば、10分ほど終わります!

ぜひこの機会にビットフライヤーで口座開設をしてしまいましょう!

\4,000円分のビットコインが貰えるから、今すぐ口座開設がオススメ /

いやいや暗号資産は、やっぱり怪しい!身銭を切るのは嫌だなと思う方は、ポイ活もありかもしれません。

ビッコレというサイトでも登録で1000円分のビットコインが貰えます。

友達紹介や、ゲームをクリアすることでビットコインが貰えます。

私も2,904円分のビットコインがタダで貰えます。

もしもビッコレが気になる方はこちらの記事をチェックしてみてください。

そして、将来性を見極めるためには、以下のポイントに注目することがめちゃくちゃ重要。

  • ニュースやSNSから情報収集を行う。
  • テクニカル分析を行い、価格変動を予測する。
  • ファンダメンタルズ分析を行い、企業の財務状況やビジネスモデルを把握する。
  • 将来的な需要が期待される通貨に注目する。

また、投資戦略やリスク管理も成功には欠かせない。以下のポイントに注目することもやっぱり重要。

  • ロングタームでの保有を考える。
  • 投資先を分散させる。
  • 利益確定と損失カットを行う。
  • ドルコスト平均法を用いる。
  • リスク管理を徹底する。

以上のポイントを押さえ、自分に合った投資戦略を立て、将来性のある通貨に投資してみましょう!

それでは「【2023年4月】ビットフライヤー人気暗号資産TOP5!将来性の見極め方も紹介」でした

ヤドリ戻ります。

\ ブログ村に参加中 /

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

お忘れではありませんか?

最後にお得な情報です。

記事を最後まで読んでくれた「あなた」だけに紹介します。

  • 10分でビットコインを保有できる状態に成れます。
  • 1日でビットコインを購入できる状態に成れます。
  • ビットコインを0円で貰うことができます。

2021年、私がビットコインを手に取ったとき、1ビットコイン(以降、BTC)は250万円の価値でした。

それが、2024年は1,000万円を越えます。

2021年当時、1万円ぶんを保有していた私のBTCは4万円分の価値になっています。

下の記事をご覧ください。

https://news.bitcoin.com/crypto-analyst-predicts-bitcoin-could-surpass-330000-breaking-historical-growth-patterns

海外の記事ですが、1BTCが33万ドルに達するといわれています。

33万ドルは日本円で4,000万円。

つまり、今の4倍です。

そんなビットコインについて、大事な事なのでもう一度。

  • あなたは10分でビットコインを保有できる状態に成れます。
  • あなたは1日でビットコインを購入できる状態に成れます。
  • あなたはビットコインを0円で貰うことができます。

方法はコインチェックで口座開設をするだけです。

正直、10分でできます。

本人確認が終われば、コインチェックでビットコインを購入することができます。

さらに、コインチェックを家族や友達に紹介することで、紹介料が貰えます。

また、コインチェックは電気代やガス代と連動することができるので、効率よくビットコインを貯める事ができます。

正直な話でいうと、他の取引所と比べて、手数料が高かったり、サイバー攻撃を受けた事があるのも事実です。

しかし、アプリの使いやすさ、サイバー攻撃後のセキュリティは「さすが大手」と感じざるをえません。

たくさんの方が使っています。

コインチェックで口座開設をしようと思うんだけど、」というと、

大抵の人は「いいんじゃない」と言ってくれます。

それくらい、初心者にはオススメのコインチェック

いまなら、紹介コードで4,500円が貰えます。

条件は紹介リンクからの口座開設と入金です。

期間は2024年5月7日まで。

ぜひお早めに口座開設、入金を済ませて4,500円分のコインチェックを貰いましょう!

クドイようですが、4倍になる可能性を秘めています。

4,500円が4倍なので、18,000円分です。

私なら妻とイタリアンランチに出かけます。

ぜひ、あなたもビットコインで明るい未来を創造していきましょう!

紹介リンクはこちら

>>4,500円もらえるコインチェックの紹介リンク|2024年5月7日16:59まで

公式サイトのリンクはこちら、5月9日以降はこちらの公式サイトから口座開設してください。

>>コインチェックの公式サイト

この記事を書いた人

「朝30分」を始めなさい!を実践しているブロガーです。習慣が変われば自分が変わる!自分が変われば世界が変わる!
応援Wordは「not too late」

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次