MENU
SWELL
おすすめ仮想通貨取引所
コインチェック

社会人の趣味スキューバダイビングについて考える【〇〇なら最高】

ダイビングを楽しむ男性

ダイビングって面白い?社会人の趣味としてはどうかな?

この記事ではこんなお悩みを解決します。

どうもヤドリです。

この記事を書いた人
緑の肌をした裸の王様
ヤドリ
  • 2児のアラフォーパパが2021年8月にブログで副業開始
  • 2013年からファミリーキャンプ開始!コロナで自粛中
  • 「朝30分」を始めなさい!を実践中
  • ブログの収益は2桁、毎日更新11か月(334記事)達成

この記事を書いている私は副業ブロガー。道半ばです。Twitter:(@yadori816)

スキューバダイビングって海があればリゾートじゃなくてもできることをご存知ですか?

ダイビングショップに行けば、近くの海でダイビングができるんです。

関西だと和歌山でできますよ。

実は私も結婚する前はスキューバダイビングをしていました。

ヤドリ

社会人になってから始めました。

きっかけは合コンで出会った方に誘われてスキューバダイビングを始めることになりました。

船から海に入ることができる資格を取って、機材も揃えました。和歌山には沈没船のスポットがありますよ。

海面から沈没船の周りに降り立つのはとても神秘的でしたね。

そんなスキューバダイビングについて紹介します。

  • ダイビングのメリット
  • ダイビングのデメリット
  • おすすめはキャンプ

社会人になって新しい趣味を持ちたい方や、スキューバダイビングに興味がある方におすすめの記事です。

目次

スキューバダイビングのメリット

まずはスキューバダイビングのメリットを紹介していきます。

完璧すぎる現実逃避

スキューバダイビングの現実逃避感は完璧です。

なんといっても海の中ですからね

本当に音はほとんど聞こえません。

スー、シュコー、、という呼吸の音くらいです。

人の声や車の音はもちろんですが、海面のバシャバシャの音も聞こえません。

目の前に広がるのはスキューバダイビングでしか見えない海の中の世界です。

ヤドリ

テレビとは違う、リアルな海の中の景色は非現実な空間なんです。

疲れた時も嫌な事があった時も大きな海が教えてくれます。

そんなちっぽけなことは水に流そうって。

日常にはない世界を体験できます。

出会いの場

スキューバダイビングは出会いが多いですよ。

スキューバダイビングをするとなると大抵はダイビングショップのファンダイビングのイベントに参加する形になります。

毎回同じ友達と行ける訳ではありません。

そして実はダイビングは大体が泊りです。

ファンダイビングの流れはこんな感じです。

夜にダイビングショップの出す車に乗って、海の近くにあるダイビングショップの施設に行きます。

まずはその施設に泊ります。

次の日の朝にダイビングのポイントに近い建屋に移動します。

そして機材の準備やウェットスーツへの着替えをします。

そして、船に乗ってダイビングするポイントまで移動します。

そして海にダイブ。

船に戻って、陸に帰ってきて、着替えて、ダイビングログを書いて、、

ショップに戻って、解散

になります。

このように実は結構時間がかかるんですよね。

なので、意外と毎回同じ友達と行けるわけではないんです。

海に行きたいな。でも友達と時間が合わないな。

一人で行こうか。

となって一人でダイビングショップのファンダイブに参加するんですね。

すると、結構、一人か二人組の参加者が多いです。

グループが出来上がっている事は少なく、一緒に過ごす時間も長いので、打ち解けやすいです。

そして、またファンダイビングで会うんです。

なのでファンダイビングに行く回数が多いほど出会いの場は多く、つながる可能性は高くなります。

ヤドリ

私も地方から就職で大阪に来ました。

会社以外ではダイビングで友達ができましたね。

しかも、私の結婚式の二次会にも招待しました。

結構深い仲になりますよ。

人生2倍楽しめる

スキューバダイビングで人生が2倍楽しめます。

なんといっても海の中が楽しめるんですから。

スキューバダイビングをしていないと陸しか楽しめませんよね。

ダイバーは違いますよ。

陸はスキューバダイビングをしていない人と同じように楽しめる一方で海の中も楽しめます。

それはリゾート地に行ったらひときわです。

例えばグアムに行ったとしましょう。

観光やショッピング、ビーチを楽しむ事もできますが、ダイバーはさらに海の中も入る事ができますよ、しかも、シュノーケリングというレベルでありません。

船からのダイビングは深い海の青さを体験できます。

そしてそこで撮る写真は映えまくります。

スキューバダイビングのデメリット

とはいえ、スキューバダイビングはいいことばかりではありません。

デメリットもしっかり理解しましょう。

お金がかかる

単純にお金がかかります。

船からのダイビングには資格が必要です。

その資格を取るには結構なお金が必要です。

当時は30万くらいかかったと記憶していましたが、いま調べると10万くらいですね。

そして機材も自分持ちとなると購入する必要があります。

当時記憶を遡るとそれも150万くらいかけたような記憶がありますが、今調べると、安いものもある。

といったところで100万もかけなくても良さそうです。

ヤドリ

当時は15年前ほどです。ショップの人に勧められるがまま買ってしまったのが良くなかったのかなと思います。

しっかり調べればもっと安くなったのかも、

もし今から初める方は、価格重視でしっかり調べて機材の購入をしましょう。

お肌がやける

お肌がやけます。

それはアウトドアだからですね。

太陽の下で活動するので、やはり日焼けは避けられません。

船に乗ってダイビングポイントまで行って、潜って帰って来るまででも1時間~2時間は影のない海の上ですから。

とはいえ、ダイビングが趣味と言えば、お肌の焼けも勲章ですよね。

ヤドリ

私としては健康的で素敵だと思います。

続けられない

続けられないのがスキューバダイビングの最大のデメリットだと思います。

それはスキューバダイビングを趣味にしている人が少ないからです。

例えば、ファンダイブで出会って結婚するとなるとダイビングは続けられるかもしれませんが、そういった可能性はあまりに低いと思います。

ダイビングに限らずともなかなか出会って結婚するまでって奇跡です。

私も妻とはダイビングとは違うところで出会って結婚しました。

ヤドリ

妻はダイビングをしないので、私もダイビングをする事がなくなります。

すると続けられないんですね。

もしかするとそもそも私のダイビングに対する熱意が弱かったのも要因ですけど。

ダイビングが好きぃ。なにを置いてもダイビング!となると、ファンダイビングに参加しまくって、そこで結婚相手を見つけて続けるのかもしれません。

おすすめはキャンプ

私の現在の趣味はキャンプです。

スキューバダイビングも良い趣味ですが、今はやはりキャンプをおすすめします。

続ける事ができるので熟練度が上がる。

スキューバダイビングと比べても初心者がキャンプを始めるハードルは低いと思います。

その分、周りの人を巻き込んで長く続ける事ができますよね。

そうすると熟練度も上がってきて、キャンプでできる事が多くなります。

するとどんどん楽しくなってきますよね。

例えばキャンプをしたことがないパートナーとも、デイキャンプから始めて行くことができます。

私達の場合は、妻も私もキャンプ未経験でした。息子が生まれて、妻がキャンプをしたいと思い始まりました。

ヤドリ

もう7年前の話ですが、今も続いていて、まだまだ続けられる良い趣味です。

子供もできる。

キャンプは子供もできるのが良いですよね。

しかしスキューバダイビングは資格もいるし、機材もあるし、小さい子どもはできません。

またキャンプでは子供の成長を感じる事ができるんです。

いまやキャンプの火起こしは息子の役割です。

お肉も焼いてくれます。

ペグも打ってくれます。タープを畳むのも手伝ってくれます。

息子のできることが増えていくのを見る事ができます。

ヤドリ

親としては幸せを感じざるをえません!

話題になる

キャンプは話題になりますよ。

やはり、キャンプ人口は多いんです。

私の会社にもキャンプをしている人がいます。

業務では特に関わりがない方とも、更衣室またはエレベーターなんかで会うとキャンプの話題になります。

情報交換をするのも、会社では良い息抜きになります。

まだまだ、あの人キャンプ道具持ってるらしいでとか、キャンプの動画見ている人など、

まだしゃべった事がない人でも、そういった情報があります。

キャンプは話題になる趣味です。

まとめ

亀

この記事ではスキューバーダイビングを趣味にする事について紹介しました。

のめり込むと最高の趣味であることは間違いないです。

そのまま、ダイビングでパートナーを見つける事で継続した趣味になること間違いなしです。

つまり、人生のパートナーも一緒にダイビングできるなら最高です!

それでは「社会人の趣味スキューバダイビングについて考える【〇〇なら最高】」でした。

ヤドリ戻ります。

\ ブログ村に参加中 /

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

「朝30分」を始めなさい!を実践しているブロガーです。習慣が変われば自分が変わる!自分が変われば世界が変わる!
応援Wordは「not too late」

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次