MENU
SWELL
おすすめ仮想通貨取引所
コインチェック

暗号資産の【トークン】とは?浦島太郎を例にわかりやすく解説!

暗号資産の【トークン】とは? 浦島太郎を例に わかりやすく解説!
教えてほしい人

「トークン」ってなに?
とにかく分かりやすく教えてほしい。

このような悩みに答えます。

今回は「トークン」について、日本童話「浦島太郎」を例に上げて、分かりやすく解説します。そして暗号資産の始め方ついても紹介していきます。

この記事を読めばなんだかわからない暗号資産が少し身近なものになります。

ポイントはつぎの5つです。

  1. 「トークン」は浦島太郎の玉手箱
  2. 「トークン」の事例
  3. 暗号資産の始め方
  4. NFTの稼ぎ方
  5. NFTの将来性

本記事では、初心者にもわかりやすく解説していきますのでぜひ最後までご覧ください。

目次

「トークン」は浦島太郎の玉手箱

浦島太郎をご存知ですか?あの有名な童話の「浦島太郎」です。

「トークン」という訳の分からない言葉を、子供のころから親しんだ「浦島太郎」の物語を引き合いに出して紹介します。

つまり「トークン」は浦島太郎でいうところの玉手箱っていう話。

「トークン」はtokenである。

トークンは英語なんですね。

英語表記は「token」となります。

英語の意味は1552万語収録の英和辞典・和英辞典の「weblio」で調べると以下の通り

  1. しるし、象徴、証拠
  2. 記念品、形見、証拠品
  3. (地下鉄・バス料金などに用いられる)代用貨幣、トークン
  4. (商品との)引換券

参考:https://ejje.weblio.jp/content/token

「トークン」は浦島太郎でいうところの玉手箱

つまり、「トークン」というのは何者かが発行された印、証拠なんですね。

そう、なので「浦島太郎」でいうところの玉手箱というわけです。

玉手箱は浦島太郎が亀を助けたお礼に竜宮城に行き、お土産としていただいた品ですよね。

それは竜宮城に行った証、証拠品ということ

なので、「トークン」は「浦島太郎」でいうところの玉手箱ということです。

もっと身近でいうと、電車やバスの切符もそうです。

保育園のバザーなんかで、事前に購入する「おにぎり券」や「フランクフルト券」などもそうですね。記念コインなんかもトークンです。

「トークン」を暗号資産でいうと

ただし、日常ではそういった言葉はあまり使いません。

使うのはWEB3.0上です。

デジタル上でなんらかの価値を示す証として用いられる言葉になります。

なのでトークンを暗号資産でいうと、ズバリそのものということになります。

つまりビットコイン=トークンというわけです。

ビットコインだけではなくて、他の暗号資産も同じです。

イーサリアムもトークンですし、リップルもトークンです。

「トークン」の事例

様々な場面で、トークンという言葉が使われています。

代表的なものはこちらの3つです。

  1. NFT(ノンファンジブルトークン)
  2. ST(セキュリティトークン)
  3. GT(ガバナンストークン)

それでは、一つずつ説明します。

NFT(ノンファンジブルトークン)

NFT(ノンファンジブルトークン)は「非代替性トークン」と訳されます。

ブロックチェーン上で管理されたデジタルデータであり、コピーする事ができません。

画像データや動画データ、音声データなど様々な形でNFTが存在しています。

その中でも世間を騒がせているのが画像データのNFTですね。

SNSのアイコンなんかに使用されています。

「PFP(ピーエフピー)」とも呼ばれる事もあります。

日本ではCNP、APPが有名です。

どう有名なのかというと、価値が高いんですね。

価格が高いということもあるし、持っているだけでお得という面でも価値が高いです。

私も実はAPPを所有しています。

こちらですね。

購入した時は2023年10月30日でした。

その時の価格は0.001ETH(約200円)。

現在2023年11月12日。いまや1.955ETH(約39万円)です。

2000倍!?になりましたね。

価格の上がり方が異常ですね。

きっとまだまだ上がりますよ。

というのも、まだ日本の人しか認識していないようです。

海外の人が認知しだすともっと上がると考えられています。

NFTはとても可能性を秘めていて、NFTで稼ぐこともできるんです。

そんな稼ぎ方を示してくれた情報商材があるので紹介します。

Brain
【最新副業】NFTで稼ぐ方法を徹底解説します。 | イケハヤ | Brain お久しぶりです、イケハヤです。最近「NFT」が話題になってますよね。ぼくは昨年9月に、NFT業界に参入しました。もともとはビジネス系YouTuberをしていたのですが……。NFT参...

私はもちろん買いましたよ。

NFT初心者~中級者の方にオススメです。

NFTはなんぞや?から稼ぎ方まで書いています。

しっかりとお値段以上の価値があります。

ST(セキュリティトークン)

ST(セキュリティトークン)はブロックチェーン上で管理される株式や債権などに応用したデジタル証券の事をさします。

証券会社や銀行窓口に行かなくても、スマホやパソコンから株式投資や債権を始める事ができるのがメリットですね。

自動的に作業できるので、人件費も抑えられています。

オンラインバンキングなどで出てくるワンタイムパスワードなんかもSTが使われています。

GT(ガバナンストークン)

GT(ガバナンストークン)とは特定の組織で重要な意思決定を行う際に、所有者に投票権を与えるトークンの事です。。

DAOの運営に用いられます。

例えばNFTプロジェクトが立ち上がったとします。

そのNFTの売り方や、特典について、DAOと呼ばれる組織で案が出た時に投票することができます。

ただし、DAOにいる誰もがGT(ガバナンストークン)を持つことができる訳ではなく、それまでのDAO運営で貢献してきた方に持ってもらうことになります。

私もいくつかのDAOに入っています。

その中でもGT(ガバナンストークン)を持つ人だけに表示されるチャンネルもあるようです。そこで運営について、いろいろ決められていますね。

DAOはWEB3.0の象徴ともいえる組織で、入っているだけでもとても面白いですよ。

結構有益な情報がありますんで、興味のあるかたはぜひ、DAOに入ってみてください。

なお、私が入っているDAOはこちらです。

Ninja DAO

Discord
Join the Ninja DAO【ツイッターは詐欺の温床】 Discord Server! Check out the Ninja DAO【ツイッターは詐欺の温床】 community on Discord - hang out with 57,984 other members and enjoy free voice and text chat.

キャラDAO

Discord
Join the キャラ DAO Discord Server! 【キャラクターの命のバトンはNFT】をモットーに立ち上げられたコミュニティです。 | 8,362 members

CHIMNEY TOWN DAO

暗号資産の始め方

暗号資産の始め方を紹介します。

自身で暗号資産を購入する方法もあれば、元手がなくても暗号資産を始める事もできますよ。

とにもかくにも、まずは暗号資産取引所で口座開設をする必要があります。

暗号資産取引所で口座開設

まずは暗号資産取引所で口座開設をしましょう!

日本だけでもたくさんの暗号資産取引所があります。

金融庁に登録されているだけでも、31箇所あります。

その中でもオススメはコインチェックビットフライヤーですね。

理由は世界ランキングでも上位に入るからです。

ぶっちゃけて安心できます。

暗号資産購入

口座開設をしたならば暗号資産取引所で暗号資産を購入しましょう。

銀行やコンビニから暗号資産取引所に日本円を入金します。

つぎに暗号資産取引所で暗号資産を買います。

私はNFTを買いたいので、イーサリアムを買っていますよ。

投資という面ではやはりビットコインを買いたいです。

2022年11月13日現在、ビットコインの価格が下がっているので、買い増しのチャンス!

と私は捉えていますよ。

キャンペーンや付帯サービスで暗号資産を始める

暗号資産は0円から始める事ができますよ。

暗号資産を買うのに、自分のお金を使う必要はありません。

「どういうこと」「怪しくなってきた」と思うかもしれませんが、安心してください。

キャンペーンや付帯サービスを利用することでそれが可能です。

口座開設キャンペーン

口座開設をするだけで、ビットコインが貰えるキャンペーンがあります。

実際に私もコインチェックで口座開設をして1,000円分のビットコインを貰いました。

DMMビットコインでも2000円を貰いました。

コインチェックは2022年9月30日で終わってしまいました。

しかし、DMMビットコインは2023年2月1日までキャンペーン中です。

元手0で暗号資産を始めてみましょう。

紹介キャンペーン

家族や友だちを紹介する事でビットコインが貰えます。

貰えるビットコインの価格は仮想通貨取引所で異なります。

現在ではコインチェックがキャンペーン中になります。

紹介した人も紹介された人も1,000円分のビットコインが貰えます。

終了期間は明記されていませんが、予算の関係でいつ打ち切られるかわかりません。

早めに口座開設をして、家族や友だちに紹介しまくりましょう!

入金しなくてよいので、あなたも、あなたが紹介する方も1,000円得するだけですね。

紹介する際にはこのキャンペーンの事も伝えてあげましょう。仮想通貨に興味がなくても、紹介すればお互い1,000円が手に入るのでとても紹介しやすいです。

>>コインチェックで口座開設をして紹介リンクをゲットする

調べて稼ぐ

「Play to Earn」や「Move to Earn」という言葉を聞いたことはないでしょうか?

むちゃくちゃ怪しいですよね。

しかし、文字通り「Play to Earn」なら遊んで稼ぐ、「Move toEarn」なら動いて稼ぐという事です。

実際にゲームで稼ぐ方も存在して、ニュースにもなりましたね。

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュース Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

ただし、儲けるためには課金しなければいけないのも事実なんですね。

しかし、「調べて稼ぐ」では課金は必要ありません。

いつもの通りネットサーフィンをしていれば仮想通貨が貯まっていきます。

私も「調べて稼ぐ」を実践中。

その方法はブラウザを「Brave」にするだけです。Braveで調べるとBATという仮想通貨が貰えます。

私も2022年10月から始めています。受取の履歴はこちらです。

実際に6.783BATを保有しており、日本円にして224円です。

1カ月あまりで200円ほど貯まるので、1年もしたら2000円から3000円ほどは貯まりますよね。

ただインターネットで検索しているだけです。

とても簡単ですね。仕事の時もBraveにしています。

なので、仕事で調べたこともお金(仮想通貨BAT)になります。

とはいえ、実は私は仕事ではあまり調査する事がないです。

それは社内の工程管理だからですね。

もしも、調達の業務をしていれば、もっとインターネットを使うので、もっとBATが貯まるかもしれません。

ぜひこの機会にBraveで「調べて稼ぐ」を実践してみてはいかがでしょうか?

なお、提携している仮想通貨取引所はビットフライヤーだけです。

ビットフライヤーで口座開設しておきましょう。

還元ポイントで貰う。

ガス代や電気代、お買い物の金額に応じて、仮想通貨が貰える仕組みもありますよ。

Coincheck 電気とCoincheck ガス

ただガス代や電気代を支払うだけじゃもったいない。

還元ポイントを貰って暗号資産を始めてみましょう。

ガス代や電気代の支払いからビットコインが貰えるのはコインチェックで口座開設をした場合です。

今使っているガスや電気と見比べて、1~7%分のビットコインが貰えます。

地域によって割合がちがいます。

コインチェックのホームページを確認しましょう。

>>Coincheck電気

>>Coincheckガス

>>コインチェックで口座開設をして、電気代を払う

>>コインチェックで口座開設をして、ガス代を払う。

bitflyerクレカでビットコインを貯める

毎日のお買い物にbitflyerクレカを使えばビットコインが貯まります。コーヒーを買っても、日用品を買っても、bitflyerクレカを使えばbitflyerのアカウントに自動で貯まります。

貯めたビットコインは売却もできますよ。

0.5~0.1%のビットコインが貯まっていきます。有効期限もないので、ポイントやマイルのように失効されることもないですよ。

そう、文字通りこのカードはbitflyerの口座が必要です。

この機会にbitflyerの口座開設をしましょう。

暗号資産の将来性

最後に暗号資産の将来性ということで私が感じている事をまとめます。

暗号資産の将来性はとても高いと考えています。とくにビットコインには投資して良いと考えています。その理由はイケダハヤトさんも投資しているから。

イケダハヤトさんと言えば、スーパーインフルエンサーです。

イケハヤと呼ばれています。

積み立てや、買い増しをしているそうで、現在のビットコインの価格は2289431.97JPYですが、まだまだ価値が上がると予想しています。。

イケハヤさんは、ブロガーであり、投資家としても活動しています。

直近ではNFTプロジェクトのCNPが大好評ですね。

イケハヤさんはCNPのマーケターを担っています。

初期販売価格0.0001ETHが2022年11月14日現在のフロア価格は3.49ETHです。

3490倍ですよ。

とにかく、将来を見据える力は本物です。

なのでビットコインの将来性は高いと私は判断しています。

まとめ

今回は暗号資産とトークンについて分かりやすく説明しました。

後半では暗号資産の始め方についても少し触れました。

おさらいします。

  1. トークンというのは、何者かによって発行された印
  2. 浦島太郎でいうところの玉手箱
  3. 暗号資産でいうところのビットコインやイーサリアムそのもの
  4. いろいろなトークンがある。
  5. 暗号資産を始めてみよう

というところ。

「暗号資産始めるのにもう少し情報が欲しいんだよね」という方も多いハズ。だって怪しいですもんね。

そして用語の説明というか、未来の話、今後の情報が欲しいんだよと思っているのではありませんか?

暗号資産の用語や、これまでに起こったことや歴史は、暗号資産を運用しながらでも覚えますけど、これからの事は最新の情報に触れ続けなければいけません。

そんな最新の情報は日本では少し得にくいんですよね。

それは最新情報が海外にあるからなんですね。

海外の最新情報が日本語に訳されて、私たちが受け取るのには時差があるからなんです。

実際は直接海外の記事を読みに行くことができれば相当強いんですよ。

こちらは海外のメディアで暗号資産の記事を扱っています。

The Block
The Block The Block is your reliable and newsworthy source for all things pertaining to blockchain and crypto.
あわせて読みたい
Forbes
Crypto & Blockchain Crypto & Blockchain

いかがでしょう?英語の長文は読めますか?専門用語バリバリです。

大分難しいですよね。

でもチャレンジしてみませんか?英語に触れてみませんか?

少しづつ取り組めば必ずものにできますよ。

最近ではオンラインで自宅でできる勉強も増えてきていますよね。

しかも、無料体験レッスンは至るところにありますよ。

その中でも、私のオススメはGLOBE英会話です。

それはサブスクリプション型だから。

私もかつて駅前留学のNOVAに通っていました。とはいえ平日は会社があるので、土日だけ。でもそれってなかなか覚えられないんですよね。それは英語に触れる頻度が少ないから。とはいえレッスン数を増やすとお金がかかる。

そんなお悩みが解決します。

なんと定額で受け放題です。毎日通うこともできますよ。

まずは無料レッスンだけでも受けてみましょう!

英語は数が勝負なんです!

それでは「暗号資産の【トークン】とは?浦島太郎を例にわかりやすく解説!」でした。

ヤドリ戻ります。

\ ブログ村に参加中 /

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

「朝30分」を始めなさい!を実践しているブロガーです。習慣が変われば自分が変わる!自分が変われば世界が変わる!
応援Wordは「not too late」

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次