MENU
SWELL

オススメの暗号資産交換所

みっんな使ってる

コインチェック


イーサリアムが安い

ビットフライヤー


暗号資産銘柄の取り扱い数No.1

ビットバンク

オススメのブログテーマ

早めに始めないと損

SWELL

個人で稼ぎたい方へ

ブロガー必見のメルマガ紹介


アフィ成功事例


『ながら読書』最強!

Amazon Audible

ツイート

【体験談】NFTアートが売れない理由を20個解説。NFTを売りたいあなたが取る行動を3つ紹介【脱初心者】。

当ページのリンクには広告が含まれています。
教えてほしい人

NFTアートが売れない
NFTアートを売るためにどうすればいいの?
NFTアートを売買している人の意見を聴きたい

このような悩みに答えます。

  • 記事の内容
  • OpenseaでNFTアートが売れない理由
  • NFTアートを売るための行動
  • NFTアート以外で稼ぐ方法
  • 記事の信頼性
この記事を書いた人

@yadori816

【ヤドリブログからのお願い】

最後まで読んでこの記事悪くないねぇと思われたら、以下の商品リンクから商品購入にご協力お願いします。

いやいや、購入はコーヒーじゃなくても大丈夫です。

それではよろしくお願いいたします。

最後にお得な情報をお届けいたします。

ぜひ最後まで読んでください。

よろしくお願いいたします。

この記事を書く私はNFTアートを販売して、売れ残ったこともあるし、NFTアートを買って含み益を得たこともあります。

その体験をもとに、NFTアートを売ってみたいあなたにも分かりやすく説明します。

ぶっちゃけてNFTアートを売るのはとても難しいので、後半はNFTアートで稼ぐ方法を紹介します。

  • この記事は下記のような方にオススメ
  • 自分のNFTアートを売ってみたい方
  • NFTを売るためにどうすればいいかわからない方
  • 記事を読むと
  • NFTアートが売れない理由が分かります。
  • NFTアートを売るための行動が分かります。
  • NFTアートで稼ぐ方法が分かります。
  • NFTを売買するには暗号資産が必要です。

実はNFTを売るのにも暗号資産が必要です。

まだ暗号資産を持っていいない方は、みんな使ってるコインチェックで口座開設をしましょう。

NFT販売に欠かせないイーサリアムを安く買うことができるコインチェックが初心者にはオススメです。

\ 全ての暗号資産が購入できる /

本記事では、初心者にもわかりやすく解説していきますのでぜひ最後までご覧ください。

目次

OpenseaでNFTアートが売れない理由20個

OpenseaでNFTアートを販売したい、またはNFTアートを販売したけど売れないと悩んでいるあなたはNFTが売れない理由を知ることが必要です。

私もNFTを販売したことがあります。

しかし、売れませんでした。

そんな私の実体験をもとに5つの理由を上げています。

  • NFTアートのクオリティが低い
  • コミュニティがない
  • 英語で発信できない
  • 認知度が低い
  • 付加価値がない
  • トレンドを抑えていない
  • SNS等で宣伝していない
  • 価格が高すぎる
  • 二次流通が期待できない
  • 成功者の二番煎じになっている
  • マーケティング能力が不足している
  • 作品のコンセプトが定まっていない
  • 市場規模が小さく、需要が少ない
  • 購入するメリットが少ない
  • 作品の価値が認められにくい
  • 差別化が図れていない
  • マーケティングの戦略が不十分
  • 作品の方向性が定まっていない

それでは一つずつ解説します。

ちなみに、こちらが私が販売していたコレクションになります。

とはいえ、現在ではハッキングにあったので使用していません。

よかったら覗いてみてください。

あわせて読みたい

NFTアートのクオリティが低い

NFTアートのクオリティが低いとNFTアートは売れません。

Openseaには毎日のようにたくさんの作品が出展されます。

それはクリエイターが血と汗のにじむような努力をして描いたものもあります。

そんな戦場で素人が描いた絵が魅力的に映ることはまずないです。

ある一定のクオリティは必ず必要です。

とはいえ、小学生が描いたNFTアートが売れたとニュースになっていました。

時に個性的なアートが受け入れられる場合もあります。

同時に売り方についても親が別のプロジェクトを手掛けているので、マーケティングに長けていた要素もあるのかと。

アートの目的やコンセプトなんかもクオリティには含まれるんです。

私もコレクションを作りましたが、絵の難しさと同時に目的やコンセプトにも多く悩まされました。

コミュニティがない

コミュニティがないというのもNFTアートが売れない要因の一つです。

つまり仲間がいないということです。

それはNFTアートを作るときもそうですし、売るときも一人でやらなければなりません。

それはできることが限られますよね。

やはりコミュニティには入りたくさんの仲間と作り上げていったプロジェクトのほうが良いです。

ドラクエも一人だけの冒険ではなかなか進みませんよね。

勇者が目的やコンセプトを作って、戦士がスケジューリングして、魔法使いがアートを作って、僧侶がマーケティングをする。

こういったチームがNFTプロジェクトを運営しています。

コミュニティを作るのか、もとからあるコミュニティに入るのかは置いておいて、仲間を作るというのは大事な要素です。

私のコレクションの仲間は私の他に二人いて、一人は後輩で、「おっ、その絵いいっすねぇ」「上手くなってますやん」と私の気分を上げてくれました。

もう一人は同期の輩で「売れたんかいなぁ」「売れるわけないやろ」なんて煽りをいれてくるメンバー構成でした。

少しの間ですが、継続できたのはこの二人がいてくれたからですね。

とにかく質の高いコミュニティがないのはNFTが売れない要因として上げる事ができそうです。

英語で発信できない

当然ですが、NFTの市場は世界です。

特に日本ではまだまだ大きな市場ではないです。

ならば英語で発信できないとアプローチできないということになります。

私のプロジェクトも苦労したポイントです。

プロジェクト名はかろうじて英語にすることができるのですが、NFTアートの説明欄は空白になってしまいました。

それはコンセプトが定まっていないのもあるのですが、英語で書けなかったからです。

NFTアートの説明を英語で書くことができれば、海外の人にも届くので、NFTアートが売れる機会が増えますよね。

NFTを売るなら英語力は必須です。

認知度が低い

NFTが売れないのは認知されていないからです。

どれだけ優秀なアートでも認知されないと売れませんよね。

OpsenseaにNFTアートを出しただけでは誰の目にも止まりません。そうです、あなたの出したNFTアートを知る術がないんですね。

芸術家が山奥でとびっきりのアート作品を作ったとしましょう、それが山奥から出なかったら、山小屋の展示場に置いているだけだったら誰も知ることができないですよね、

それと同じです。

認知されないのは存在しないのと同じ意味です。

付加価値がない

付加価値がないとタダのデジタル画像なんですよね。

NFTアートなんてただのデジタル画像だろ。と思う方も多いと思います。

でも違うんですよね。

なぜ、ただのデジタル画像が売れているのかと言うと、それに付加価値があるからなんです。

売れているNFTプロジェクトで有名なのはCNPというイケハヤさんがマーケターを務めるプロジェクトです。

このNFTアートの付加価値の分かりやすいものに「CNPオーナーズ」というものがあります。

NFTを持っているだけでお店のサービスを受ける事ができます。

例えばマルゲリータ1枚無料などのサービスを受けられるんです。

じゃあこのNFT欲しくなりますよね。

ほかにも、コミュニティに入ることができる付加価値があるNFTも多いですし、NFTを買うことによって寄付したことが証明できるようなNFTもあります。

NFTはとにかくだだデジタル画像ですが、価値がついて売れるのはそのような付加価値があるからなんですね。

もちろんクリエイターを応援できるというのも付加価値です。

私のプロジェクトでは残念ながらそういった付加価値が無かったです。

付加価値を付けるのは相当苦労するかなと思います。

とは言えアイディアはあります。それはこの記事の最後に書かせていただきました。

よかったら最後までお付き合いださい。

トレンドを押さえていない

NFTアート業界は、常に新しいトレンドが生み出されています。

例えば、2021年には、アートNFTの人気が高まりましたが、2022年には、ゲームNFTの人気が高まっています。

2023年はオーディブルNFTなど人気がありますよね。

トレンドを押さえていないNFTアートは、需要が少ないため、売れにくい傾向にあります。

例えば、新作の洋服を販売するお店で、トレンドを押さえた服は、多くの人に注目されます。

しかし、トレンドに遅れた服は、あまり注目されず、売れ残ってしまうでしょう。

NFTアートも、トレンドを押さえたNFTアートほど、多くの人に注目され、売れやすいと言えます。

 SNS等で宣伝していない

NFTアートを売るためには、多くの人に知ってもらう必要があります。

そのためには、SNS等で宣伝することが重要です。

SNS等で宣伝することで、NFTアートの存在を多くの人に知ってもらうことができ、購入の検討をしてもらうことができます。

例えば、新しいレストランを開業したのに、開店告知をしていないと、誰も来店しないでしょう。

そのため、SNSやチラシなどで宣伝を行い、多くの人に知ってもらうことが必要です。そのため、広告や宣伝活動を行うことで、多くの人に商品を知ってもらうことができます。

NFTアートも、SNS等で宣伝することで、多くの人に知ってもらうことができます。

 価格が高すぎる 

NFTアートの価格が高すぎると、購入を検討する人が少なくなってしまいます。

なぜなら、NFTアートには実体がなく、価値がわかりにくいため、高額な価格設定に納得できない人が多いからです。

私は、NFTアートのコレクターです。

ある時、非常に高価なNFTアートを見つけました。しかし、その価格は、私にとっては高すぎると感じ、購入をためらってしまいました。

そのNFTアートは、非常に精巧なグラフィックで描かれた作品でした。

しかし、その作品が、他のNFTアートよりも優れている理由は、私にはわかりませんでした。

そのため、高額な価格設定を納得することができなかったのです。

このように、NFTアートの価格が高すぎると、購入を検討する人が少なくなってしまいます。

二次流通が期待できない 

NFTアートの二次流通とは、NFTアートを一度購入した人が、別の人に転売することを指します。

二次流通が期待できないNFTアートとは、転売しても価値が大きく下落するNFTアートや、転売を想定して制作されていないNFTアートです。

例えば、二次流通が期待できないNFTアートを、洋服に例えると、次のようなイメージです。

  • 流行遅れの洋服
  • ブランドの知名度が低い洋服
  • デザインが個性的すぎる洋服

このような洋服は、購入したとしても、転売してもほとんど価値が残りません。

成功者の二番煎じになっている 

NFTアートには、オリジナリティや独創性が求められます。

成功者の二番煎じの作品は、オリジナリティや独創性に欠けており、価値が認められにくい傾向があります。

このように、NFTアートには、オリジナリティや独創性が求められます。

一般的に、人は、独自のアイデアや視点を持った作品に価値を感じます。

成功者の二番煎じの作品は、既に存在する作品の模倣であり、独自のアイデアや視点が欠けています。

そのため、価値が認められにくい傾向があります。

マーケティング能力が不足している 

NFTアートのマーケティング能力が不足していると、作品を多くの人に知ってもらうことができず、売り上げが伸び悩む可能性があります。

その理由は、以下の3つが挙げられます。

作品を知ってもらう機会が少ない

マーケティング能力が不足していると、作品を多くの人に知ってもらうための機会が少なくなってしまいます。

例えば、SNSやWeb広告などのマーケティングチャネルを活用することで、作品をより多くの人に知ってもらうことができます。

また、メディアへの露出やイベントへの出展なども、効果的なマーケティング方法です。

作品の価値が適切に伝わらない

マーケティング能力が不足していると、作品の価値が適切に伝わらない可能性があります。

例えば、作品の魅力や特徴をわかりやすく伝えるマーケティングメッセージの作成や、ターゲットとなるユーザーに響くマーケティングチャネルの選択が重要です。

競合との差別化が図れない

マーケティング能力が不足していると、競合との差別化が図りにくくなります。

例えば、独自のマーケティング戦略を立案したり、ターゲットユーザーに響く独自のコンテンツを作成したりすることで、競合との差別化を図ることができます。

このように、NFTアートのマーケティング能力が不足していると、作品の認知度や売り上げが伸び悩む可能性が高いと言えます。

作品のコンセプトが定まっていない 

NFTアートの作品のコンセプトが定まっていないと、作品の魅力や価値が伝わりにくくなり、売り上げが伸び悩む可能性があります。

例えば、作品のコンセプトが定まっていないNFTアートを、料理に例えると、次のようなイメージです。

  • 材料は良いが、レシピがわからない料理
  • 材料や調味料がバラバラで、統一感がない料理
  • 味付けがわからない料理

このような料理は、材料が良くても、レシピがわからないため、美味しさが伝わりにくくなります。

また、材料や調味料がバラバラで、統一感がない料理や、味付けがわからない料理も、同様に美味しさが伝わりにくくなります。

作品のコンセプトが定まっていないと、作品の魅力や価値が伝わりにくいです。

市場規模が小さく、需要が少ない 

FTアートの市場規模が小さく、需要が少ないことが、売り上げが伸び悩む原因の一つです。

NFTアート市場は、まだ発展途上にあり、市場規模が小さく、需要が限られているのが現状です。

例えば、2022年の世界NFTアート市場規模は、約177億ドルと推定されています。

これは、世界のアート市場全体の約1%に過ぎません。

また、NFTアートを購入する人の多くは、富裕層や投資家であり、一般の人々の需要はまだまだ少ないのが実情です。

購入するメリットが少ない 

NFTアートの購入するメリットが少ないことが、売り上げが伸び悩む原因の一つです。

一般的に、商品やサービスの売り上げを伸ばすためには、購入するメリットを明確にし、それを効果的に伝えることが重要です。

NFTアートについても、購入するメリットが少ない場合は、売り上げが伸び悩む可能性があります。

NFTアートの購入するメリットとしては、以下のようなものが挙げられます。

  • 唯一無二のデジタルアートを所有できる
  • 二次流通で利益を得られる可能性がある
  • アーティストやコミュニティを支援できる

NFTアートには、デジタルデータや動画など、さまざまな種類があります。

また、NFTアートには、デジタルデータの所有権や、二次流通時の手数料収入などの権利が付与されます。

そのため、NFTアートの購入するメリットは、作品や取引形態によって異なります。

作品の価値が認められにくい 

NFTアートの作品の価値が認められにくいことが、売り上げが伸び悩む原因の一つです。

一般的に、商品やサービスの価値が認められにくい場合、売り上げは伸び悩む可能性があります。

NFTアートについても、作品の価値が認められにくい場合は、売り上げが伸び悩む可能性があります。

NFTアートの価値は、作品の種類や内容、作者の知名度などによって異なります。

また、NFTアートには、デジタルデータの所有権や、二次流通時の手数料収入などの権利が付与されます。

そのため、NFTアートの価値は、作品や取引形態によって、多様なものとなります。

NFTアートの作品の価値が認められにくい理由としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 作品の価値を判断する基準が明確でない
  • 作品の価値をわかりやすく伝える努力が不足している
  • 作品の価値を支える要素が不足している

また、NFTアートの価値をわかりやすく伝える努力が不足している場合も、作品の価値が認められにくいと考えられます。

例えば、作品の価値を評価する基準を明確にしたり、作品の魅力をわかりやすく伝えたりすることが重要です。

さらに、作品の価値を支える要素が不足している場合も、作品の価値が認められにくいと考えられます。

例えば、作品のデザインやコンセプトが明確でない、トレンドを抑えていないなどの問題がある場合、作品の価値は低く評価される可能性があります。

差別化が図れていない 

NFTアートの売り手が、差別化を図れていないことが、売り上げが伸び悩む原因の一つです。

NFTアートを売っているあるアーティストは、次のような悩みを抱えています。

「自分の作品は、他のアーティストの作品と比べて、特に目立つところがない。そのため、なかなか売れず、困っている。」

このアーティストのように、NFTアートの売り手が、差別化を図れていない場合、売り上げが伸び悩む可能性があります。

NFTアート市場は、競争が激しく、多くのアーティストが作品を販売しています。

そのため、売り手が差別化を図ることができなければ、他の作品との競争に勝ち抜くことは難しく、売り上げを伸ばすことは難しくなります。

NFTアートの差別化を図るための要素としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 作品の質や技術力
  • 作品のデザインやコンセプト
  • 作品のストーリーやメッセージ
  • 作品の販売方法や価格

NFTアートの売り手が、これらの要素を工夫することで、差別化を図ることができます。

マーケティングの戦略が不十分 

NFTアートの売り手が、マーケティングの戦略を十分に立てていないことが、売り上げが伸び悩む原因の一つです。

「自分の作品をもっと多くの人に知ってもらうためには、どうしたらよいのかわからない。SNSで宣伝してみたものの、あまり効果が上がらなかった。」

このアーティストのように、NFTアートの売り手が、マーケティングの戦略を十分に立てていない場合、売り上げが伸び悩む可能性があります。

NFTアート市場は、競争が激しく、多くのアーティストが作品を販売しています。

そのため、売り手がマーケティングの戦略を十分に立てることができなければ、他の作品との競争に勝ち抜くことは難しく、売り上げを伸ばすことは難しくなります。

  • ターゲット層の明確化
  • 訴求ポイントの明確化
  • マーケティングチャネルの選択
  • マーケティングメッセージの作成
  • マーケティング予算の設定

NFTアートの売り手が、これらの要素を検討して、マーケティングの戦略を立てることで、売り上げを伸ばすことができます。

作品の方向性が定まっていない

NFTアートの売り手が、作品の方向性が定まっていないことが、売り上げが伸び悩む原因の一つです。

わかりました。

例えば、あなたがカフェを経営しているとして、ターゲット層を「大学生」と定めたとしましょう。その場合、カフェの雰囲気やメニューは、大学生に人気のあるものを選ぶ必要があります。

しかし、あなたがもし、カフェの雰囲気は「おしゃれ」で、メニューは「本格的なコーヒー」を売りにしているとしたら、ターゲット層と合っていない可能性があります。

大学生は、おしゃれな雰囲気のカフェでは、コーヒーよりも、スイーツや軽食を楽しみたいという人が多いでしょう。

このように、ターゲット層に合っていない場合、商品やサービスの価値を正しく伝えることができず、売り上げは伸び悩む可能性があります。

NFTアートの場合も同様です。あなたがNFTアートを販売しているのであれば、ターゲット層を明確にする必要があります。

ターゲット層に合った作品を制作することで、作品の価値を正しく伝えることができ、売り上げを伸ばすことができるでしょう。

具体的な例えとしては、以下のようなケースが挙げられます。

ターゲット層が「20代〜30代の女性」の場合、女性が好むようなデザインやテーマの作品を制作する。

ターゲット層が「40代〜50代の男性」の場合、男性が好むようなテーマや表現方法の作品を制作する。

ターゲット層が「NFTアートに興味のある人」の場合、NFTアートの特徴やメリットをわかりやすく伝えるような作品を制作する。

ターゲット層を明確にすることで、NFTアートの売り上げを伸ばすためのヒントを得ることができます。

NFTアートが売れないあなたが取る行動3つ

これまでNFTアートが売れない理由を上げて来ました。

それらを踏まえて、あなたが取るべき行動を3つ紹介します。

  • NFTアートのクオリティを上げる
  • コミュニティを作る
  • 英語で発信する

残念ながらすぐに効果を実感できるような活動はありません。

少しづつ積み上げて行くべき内容です。

とはいえ、続けることができればNFTが売れる未来は描けます。

ひとつずつ解説します。

NFTアートのクオリティを上げる

まずはNFTアートのクオリティを上げることです。NFTアートのクオリティを上げる方法は3つあります。

  • スクールに通って勉強する
  • 独学で勉強する
  • AIアートでNFTアートのクオリティを上げる

それではひとつずつ紹介します。

スクールに通って勉強する

アートの専門学校に通って絵の勉強をする方法です。

もしもあなたが本気でNFTアートを描いて稼ぎたいならスクールに通うのが一番の近道です。

お金はかかりますが、その分確かなスキルが身につきます。

オススメはこちらです。

通信講座でアートの勉強をすすめることができますよ。

平日は会社があるサラリーマンにもおすすめです。

独学で勉強する

まずは独学で勉強したいという方も多いはず。いきなりスクールに行くのはとても勇気がいることですよね。

実は私もそういったくちです。

スマホやiPadがあればどこでも練習ができますよ。

私もドット絵のアプリやイラストをかくアプリで練習しました。

とはいえ、デザインに精通していないのでどうすればいいのかわかりません。

そこでオススメなのは情報商材。

いや怪しいですよね。分かります。

でもスクールに通うよりかは安いです。どこかでデザインに関する知識を得なければならない、しかもNFT特化でってなると、こうなります、、

そんな情報商材でもオススメはこちらです、

ぜひ試してみてください、

Brain
Brain | 紹介機能付きコンテンツ販売プラットフォーム ブレイン Brain(ブレイン)は、自分が持っている知識やノウハウを有料販売し、収益化することができるプラットフォームです。レビュー機能により、良いコンテンツが可視化されるため...

AIアートでNFTアートのクオリティを上げる

最後にAIアートです。

実際にAIで描かれたNFTアートは存在していて、売れています。

私も持っていますよ。

なのでAIアートでNFT作品を作るというのは、ありです。

ただ、無料でAIアートが使えるものって少ないんですよね。

有名なところでいうと「Midjourney(ミッドジャーニー)」ですが、月に25回使うとその先は有料です。

このサイトがわかりやすいです!

https://note.g2-studios.net/n/nc1473760e0b7

でも安心してください!AIアートが使いまくれる方法があります!

とはいえ最初に2,000円~3,000円ほどお金が必要です。

その方法はCTDに入る事です。

CTDはチムニータウンダオの事です。

CTDの事についてはこちらの記事をご覧ください!

CTDとは?CTDの入り方について書いています!

キンコン西野さんにリツイートされたのでお墨付きです!

AIアートなら少し手先が器用でなくてもAIアートのクオリティを上げる事ができますね!

チャレンジしてみましょう!

コミュニティを作る

コミュニティを作る、または既存するコミュニティに入るです。

とにかく仲間が必要です。NFTプロジェクトはやる事がたくさんあります。

NFTアートを作ることから、マーケテイングやユーティリティ、認知活動もする必要があります。

なかなか一人ではできないですよね。

そんなときに心強い仲間が必要です。

ゼロからコミュニティを作る事はとても難しいのでオススメのコミュニティを紹介します!

それはキャラDAOです。

キャラDAOとはあるあるネタの「しきぶちゃん」でお馴染みのインフルエンサーのBUSONさんが立ち上げたコミュニティです。

キャラDAOの中では様々なプロジェクトが発足されています。

それぞれのプロジェクトのキャラクターも様々で、マーケティングやコンセプトなんか勉強になる事が多いのではないでしょうか?

もしもあなたがいつかNFTプロジェクトを立ち上げたいなら、とても参考になるコミュニティになるはずです。

キャラDAOについてはこちらの記事を参考にしてみてください。

だれでも入る事ができますよ。

英語で発信する

最後に英語で発信をすることが大事であると伝えたいと思います。

そもそもNFTは海外から始まっています。つまり日本だけのものではありません。

NFTの説明欄に英語で説明を書く事ができたり、TwitterやFacebook、Instagramで英語の発信ができることで海外の方にも認知されます。

届く先の人数が多いほうが当然売れますよね。

楽天よりAmazonの売り上げが圧倒的に多いのと同じですね。

世界で戦うというと少し大げさではありますが、日本語だけでNFTを売るよりもはるかにお客さんは多くなります。

英語で発信できることは大事です。

またNFTの一次情報は海外から発信されます。

英語を読み書きできることはNFTで稼ぐためには必須の能力になりそうです。

英語勉強しなきゃななんて思うんですが、なかなかうまくいかないのも現実ですよね。

わかります!

わたしもスマホのアプリで単語帳をダウンロードしたものの、いまやアプリから「英語の勉強やりましょう!」の通知だけ来る始末です。

そんな私がオススメするのはAudibleです。

AudibleはAmazonのサービスです。

本を読んでくれて、それを聴く事ができるんですね。

そのサービスで英語の本を聞き流すんです。

これがとても良い!

通勤時間や家事をしている間に聴けば時間がないあなたでも英語を勉強できる時間が取れるわけです!

超オススメはコレです。

もっと身近な言葉がいいなって思うかたはこちら

こんなのもありです。

とにかくたくさんあります。

無料体験もありますので、是非、Audible活用してみてください。

1ヶ月無料です。

1カ月の間にサービスを停止すれば料金はかかりません。

そして、再生速度も早めることができます。

私は2倍が心地よいですね。

2倍速にするとビジネス書なら2〜3時間で読了できます。

マジでおすすめ。。

あれ、英語の話でしたね、

そうです、NFTアートを売るには英語で発信する必要があるんです!

ぜひ英語を勉強してみましょう!

セールスを学んで、副業を新たな収入源にしたくありませんか?

あなたにとって最も大きな問題はNFTが売れない事ですよね。

YouTubeやマンガ、飲み会も我慢して、朝から一生懸命ドット絵のNFTを作って、Openseaで販売するけど、音沙汰なし。

ビューも、お気に入りも全くなし。

なんとか会社以外の収入を得て、ちょっと贅沢な生活がしたい。

うまくいったら会社を辞めたい。

そうなんよ。毎朝、暑い日も寒い日も満員電車で通勤するのはマジで辛い。

会社で「できない」というレッテル貼られてるのも知ってる。

でも我慢するしかないのかな、

周りのおっさんみたいに、60才になってもスーツ着て汗だくで電車にのるのって人生失敗してんじゃないの?

おっさんも俺みたいに我慢し続けて40年働いてんの?

「いずれ俺もそうなるの」なんて、遠い未来のようで、とてもリアルな未来。

実際にどうですか?

こんな壊滅的な未来を乗り越えるために大事な事はたった一つしかない。

『焦らない、自分自身と向き合って、セールスを学ぶ』

えっどういうこと?セールスって営業だけの話じゃないの?と思うなかれ。

いつまでも会社に頼ってばかりではいられない。

うすうす感じているんじゃないですか。

コロナを過ぎて、ニューワールド、上がり続けていく物価。

私はハイエースに乗っていますが、軽油が151円/リットルなんて日本がどうなっていくんだと不安になります。

そのとき会社は助けてくれませんよ。

給料は上がりましたか?お手当は出ていますか?

東京のホテルはそれでもどんどん宿泊代を上げています。

だれを迎えるの?海外の方です。

セレブではありません。

海外の一般人。

日本の給料はあがりませんが、海外の給料は上がっているんです。

勤めている会社が一生助けてくれるなんて、正直もう泥船に乗っているようなものなんですよね。

だからセールスを個人で学ぶ時代なんです。

とはいえ、セールスを学ぶのは難しいです。

売るものもないのに、セールスを学ぶ?誰をターゲットに、どんな媒体で?協力者はいるのか?在庫どうするの?など、考える事はたくさんあるんです。

そこでオススメなのはウェブセールスなんです。

ウェブセールスって例えば、ブログ

NFTの販売も相性が良いんですよ。

もちろん、私も本ブログを運営しています。

2021年8月から始めています。

正直、難しい。

コレは先に知っておいてください。

私は間違っても、簡単に稼げるとは口にしませんよ。

ここのギャップにやられて諦めていく人が多数なんですよね。

一方で継続すれば成果が出るというのもブログの魅力。

しかも、会社以外の収入が得られるだけがメリットじゃないんですよね。

論理的な文章が必要で、文字を書くのも苦にならなくなるし、会社を辞めようとしているのに、会社での仕事がやりやすくなるスキルも身につくんです。

文章書ける人って少ないでしょ。

会社でも文章苦手っていう人がほとんどです。

昇格試験も一万文字の論文があるからって、昇格を諦める人多いです。マジで。

と、ブログに方よりましたが、ここで話したいのはセールスの話。

セールスの勉強の入口は本です。

とくにセールスに特化しているのはダイレクト出版です。

私もこれまでに3冊読んで、1冊読んでる最中、そして最後に1冊残っています。

読んだ3冊

『現代広告の心理技術101』

『ウェブセールスライティング習得ハンドブック』

『天才詐欺師のマーケティング心理技術』

読んでる1冊

『ストーリーブランド戦略』

残りの1冊

『脳科学マーケティング100の心理技術』

どれも会社で働いて18年の私にショックを与えるには十分すぎる内容。

知らず知らず、企業のセールスにまんまと引っかかってるんだなと。

いろんなマーケティングの話が盛りだくさんですが

初心者にはこちらがオススメかなと。

『ウェブセールスライティング習得ハンドブック』

本自体も小さいので、携帯しやすいし、文字も縦なので読みやすいです。

他の本は全て横書きです。

カバーもしっかり厚紙なので、通勤電車で立って読めるのは

このハンドブックくらいですね。

とはいえ、内容はしっかりセールスの基本を語ってくれます。

実は私、この本の存在を最近知ったんです。

ブログを始めたころに知っていればと思う良本ですね。

正直販売ページは胡散臭いですw

でも、いまだけ

通常価格:3,980円(税抜)→特別価格550円(税込)のセール中です。

>>『ウェブセールスライティング習得ハンドブック』はこちらから

いろんな本を買うなら、とりあえずこの本買えばいいです。

セールスの本質は網羅されていますよ。

まとめ

この記事ではNFTアートが売れない理由とNFTを売りたいあなたが取る行動について説明してきました。

おさらいすると

NFTアートが売れない理由は20個

  • NFTアートのクオリティが低い
  • コミュニティがない
  • 英語で発信できない
  • 認知度が低い
  • 付加価値がない
  • トレンドを抑えていない
  • SNS等で宣伝していない
  • 価格が高すぎる
  • 二次流通が期待できない
  • 成功者の二番煎じになっている
  • マーケティング能力が不足している
  • 作品のコンセプトが定まっていない
  • 市場規模が小さく、需要が少ない
  • 購入するメリットが少ない
  • 作品の価値が認められにくい
  • 差別化が図れていない
  • マーケティングの戦略が不十分
  • 作品の方向性が定まっていない

どうしてもNFTアートを売りたいあなたが取るべき行動は3つ

  • NFTアートのクオリティを上げる
  • コミュニティを作る
  • 英語で発信する

でした。

本書で描かれた「あなたが取るべき行動」はかならずNFTを売ることに繋がります。

少しずつでも生活に取り入れてみましょう!

かくゆう私もNFTアートの販売を諦めたわけではありません。

AIアートを勉強して、無料コンテンツをユーティリティにして販売できないかななんて考えています。

いまはコンテンツ販売の勉強中です。

どうやって勉強しているのかって、それは情報商材ですね。

この辺を買ってます。

Brain
【AIコンテンツメイク公式シリーズ】ブロガーも必見!超絶時短AIライティング術【秀逸】執筆・思考時間をAI... 【人間ライターが “SF” になる未来】東京 2039年 某月東京 渋谷。駅前の上空に映し出された巨大なデジタルホログラムの『ハチ公』が駆け回る姿をよそに、“1冊の本も見...
Brain
【フォロワーを増やさないTwitter運用×有料noteマネタイズ】フォロワー0スタート インフルエンサーのRTで初... 👨『有料noteアツいよ!すぐ稼げる!』そう言われ、noteでの副業を始めた人も多いはず。僕もその1人でした。新しいアカウントを開設して…note作って…あれ?僕がぶち当たった...

もし興味があればどうぞ

最後までよんでいただきありがとうございました。

それでは「【体験談】NFTアートが売れない理由を5つ解説。NFTを売りたいあなたが取る行動を3つ紹介します。」でした

ヤドリ戻ります

\ ブログ村に参加中 /

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

お忘れではありませんか?

最後にお得な情報です。

記事を最後まで読んでくれた「あなた」だけに贈ります

  • スタバが無料で飲めるチケットです。
  • 1500円分のe-GIFTが貰えます。
  • 誰でもカンタンに10分でできます。

ぜひこちらのリンクをチェックしてみてください。

この記事を書いた人

「朝30分」を始めなさい!を実践しているブロガーです。習慣が変われば自分が変わる!自分が変われば世界が変わる!
応援Wordは「not too late」

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次