MENU
SWELL
おすすめ仮想通貨取引所
コインチェック

【暗号資産】NFT関連銘柄とは?買い方・特徴・将来性をわかりやすく解説!ビットコイン、イーサリアムを抜け出す方法

教えてほしい人

NFT関連銘柄ってなに?
NFT関連銘柄の始め方を初心者向けに教えてほしい。
NFT関連銘柄の買い方も知りたいです。

このような悩みに答えます。

  • 記事の内容

今回はNFT関連銘柄の概要・始め方について解説します。

  • NFT関連銘柄の概要
  • 投資できるNFT関連銘柄
  • NFT関連銘柄の買い方
  • 記事の信頼性

私は仮想通貨ブログを運用しています。

すでに50記事を書いており、初心者の目線で書くことができます。

  • 下記のような方にオススメ
  • 暗号資産を始めたい方
  • ビットコイン、イーサリアム以外の銘柄に興味がある方
  • NFTに興味がある方
  • 記事を読むと
  • NFT関連銘柄の概要がわかります。
  • NFT関連銘柄の投資について、正しい判断ができます。
  • 暗号資産の知識が増えます。

本記事では、初心者にもわかりやすく解説していきますのでぜひ最後までご覧ください。

目次

NFT関連銘柄の概要

そもそもNFTとはなんですか?

NFTはエヌエフティと英語のまま呼ばれています。ご察しの通り略語になってまして、正式には「Non-Fungible-Token(ノンファンジブルトークン)」なんですね。

日本語訳としては「代えの効かない証明書」といった意味になります。

要はブロックチェーン技術を用いた替えの効かないデジタルデータのことです。

すごく価値がついている物もあって、「クリプトパンクス」などただのドット絵に何千万という価値がついてたりもします。

もちろん私もNFTを持っています。安く買って高く売る事もできるのでNFTトレードで稼ぐ事も可能です。

もしもっと詳しく知りたいという方にはこちらの有料商材を紹介します。

Brain
【最新副業】NFTで稼ぐ方法を徹底解説します。 | イケハヤ | Brain お久しぶりです、イケハヤです。最近「NFT」が話題になってますよね。ぼくは昨年9月に、NFT業界に参入しました。もともとはビジネス系YouTuberをしていたのですが……。NFT参...

イケダハヤトさんというインフルエンサーが書いてくれたもので、NFTで稼ごうと思っているなら読んでおいて損はないですね。というか読むことで最速でNFTを知る事ができます。

NFTで稼ぐことができれば、簡単にペイできる金額です。私もNFT含み益で70万円あるので、このBrain代は稼いでいるということが言えそうです。

まぁ簡単にいうと、NFTとはいま最先端の技術を用いた最高のビジネスツールといったところでしょう!

NFTに関連するとはどういうことなのか?

NFTを作っているプラットフォームで使う事ができるということなんですね。

例えばエンジンコインです。これはエンジンプラットフォームで発行される暗号資産です。

エンジンプラットフォームのゲームではアイテムがNFT化されていて、そのNFTをエンジンコインで生成したり、売買することができます。

NFTマーケットプレイスのOpenseaでもアイテムを購入することができ、それにはイーサリアムを使いますが、あくまでもイーサリアムは決済用の暗号資産です。なのでイーサリアムをNFT関連暗号資産とは扱わないんですね。ビットコインも同じでビットコインをNFT関連銘柄とは言いません。

投資対象としての価値はあるのか?

さてNFT関連の暗号資産は投資対象としての価値があるのかというのはたくさんの人が気になる事ではないでしょうか。私的には十分にあると考えてます。

というのも実際の数字を見るとよくわかります。

例えば、先ほど紹介したエンジンコインについてどのような価格の変動があるかというと、このようなグラフになっています。

エンジンコインは20221年と比べると2000%の価格上昇しているんですよね。

1万円分持っていたら20万円のなって、100万円分持っていたら2,000万円になっているわけです!めちゃくちゃ凄いと思いませんか?

その後に価格は落ち着いていますが、これは他の暗号資産と同様に景気などの影響を受けて落ち着いたといったところです。

ところが、このように2023年だけを見るとエンジンコインの価値は上がっています。

グラフはこちらです。

https://coinmarketcap.com/ja/currencies/enjin-coin/

世間ではNFTが注目を浴びて、暗号資産にも影響しているのではないかと考えます。

ゲームで稼げる時代ですからね。

NFT関連銘柄に投資して一攫千金を目指しましょう!

NFT関連銘柄のオススメ7選

それではNFT関連銘柄のオススメを紹介します。

  • APE(エイプコイン)
  • MANA(マナ)
  • SAND(サンド)
  • AXS(アクシーインフィニティ)
  • CHZ(チリーズ)
  • ENJ(エンジンコイン)
  • XTZ(テゾス)

それはこの7つです。

これらは全て海外取引所で買うことができる銘柄です。

オススメの理由は時価総額が高いからなんですね。

ざっと一覧にするとこんな感じです。

2023年1月24日時点のデータです。

スクロールできます
2023.1.24価格(円)取引量(円)時価総額(円)
745.3231,903,318,996269,120,842,299
95.1138,211,756,884176,477,113,982
104.9736,571,689,594157,325,226,251
1655.82147,221,540,107165,736,498,914
18.3319,776,924,137122,202,282,576
57.227,027,972,50357,248,631,380
147.183,796,311,059136,224,338,048

なぜ時価総額が高いと良いのかというと、

それはある程度の需要と流動性があるからなんです。

そのために、安定した銘柄ということができます。

投資の経験がすくない初心者にはオススメの銘柄です。

大きな利益をもらうことも少ないですが、大きな損もしないのが特徴です。

そしてもう一つ、この銘柄がどんな用途があるのかなんかもよく知っておくことが投資を決める際に重要です。

それでは一つずつ紹介します。

APE(エイプコイン)

エイプコインは「Yuga Labs(ユガラボ)」というアメリカのNFT製作スタジオが発行しているコインです。

ユガラボと言えば、NFTの中でもトップクラスの取引量がある「BAYC」を運営しています。

実際にBAYCのメタバースプロジェクトではエイプコインで決済されています。

大手暗号資産交換所でも取扱いがあり、今後の需要、流動性にも期待を持つことができますね。

MANA(マナ)

マナはDecentraland(ディセントラランド)というVR空間で使えるコインです。VR空間内でのアイテムや土地のNFTを売買するのに使用されています。

日本の企業も参入しており、日本の大手暗号資産交換所コインチェックがディセントラランドに保有する土地にメタバース都市「Oasis KYOTO」をプレオープンしましたね。

私も見てきました。さっき

入るにはメタマスクが必要です。

こちらの記事でメタマスクの作り方を解説しています。

シードフレーズの管理は気を付けましょう。

SAND(サンド)

サンドはThe SandBoxというゲームで使われている仮想通貨です。アイテムや土地などのNFTを購入するときに決済できるコインとして扱われています。

ThSandBoxはマインクラフトのようなゲームです。

謎解きをしたり、アイテム収集して遊ぶゲームです。The SandBoxは2023年11月にはLine Studioとの連携も発表しており、より多くのユーザーにアプローチしていく事が予想されます。

AXS(アクシーインフィニティ)

アクシーインフィニティは「アクシーインフィニティ」というゲームのランキング上位者に配布されるトークンです。

ゲームをすることで稼ぐことができるので、海外ではアクシーインフィニティで生計を立てている人もいます。

生活の基盤になっているので、安定したコインであると言えそうです。

CHZ(チリーズ)

チリーズはスポーツクラブとスポーツファンをより深く繋げる為に立ち上げられたプロジェクトです。

提携しているスポーツクラブは数多くあります。スポーツジャンルは

  • サッカー
  • バスケットボール
  • eスポーツ

など、他にも拡大しており、スポーツファンの範囲も相当カバーしている。

これからも注目のコインです。

ENJ(エンジンコイン)

エンジンコインはシンガポールの企業Enjinが運営しているプラットフォームで使えるコインです。

エンジンプラットフォームでは数多くのゲームが存在していて、それらのゲームの中で使うことができるコインになります。

フォレスト・ナイト」「キングダムカルネージ」などおもしろそうですよね。

XTZ(テゾス)

テゾスはブロックチェーンを用いたゲームやその他サービスを利用するときに用いられているコインです。

ビットコインやイーサリアムの不安定な要素を取り除いたコインとして注目を集めています。

ビットコインはビットコインとビットコインキャッシュに、イーサリアムはイーサリアムとイーサリアムクラシックに分かれました。

その時に、それぞれの通貨の価格は下がりました。

しかし、テゾスはそのような事はなく、安定しています。

NFT関連銘柄の始め方

自分の資産を使いたくないな

暗号資産投資は誰もが不安です。デジタルだからいつなくなってもおかしくないっていうか、そもそもないものだし。

自分のお金で暗号資産を買って、それがいつのまにかなくなっちゃった、、ではたまんないですよね。

まずは余剰資産で始めてみましょう。

いやいや、余剰資産だけじゃ投資する意味ないよね。もっとたくさん投資したいという人間らしいあなたに、いや私に朗報です。

じつは暗号資産はポイ活ができるんです!

そして、ポイ活ならビッコレがオススメいたします。

まずは登録だけで1,000円貰えるし、ゲームをしたり、口座開設、カード発行なんかでビットコインが貰えます、もちろん友達紹介でも貰うこともできるんです!

Twitterなんかで紹介してビットコインを貰いましょう。

私もTwitterで紹介が成功しています。

そして稼いだビットコインでNFT関連銘柄を買いましょう。

国内の暗号資産交換所

それでは本記事でオススメしたNFT関連銘柄はどの暗号資産交換所で買うことができるのか?について紹介します。

実は国内の暗号資産交換所ではそんなに多くないです。

たった2つしかありません。

それは、コインチェックビットフライヤーです。

コインチェックではエンジンコインビットフライヤーではテゾスを買うことができます。

例えばエンジンコインを買うステップは次の通り

  1. コインチェックで口座開設をする
  2. 日本円を入金する
  3. エンジンコインを買う

の3ステップです。

もしも、ビッコレのポイ活で貯めたビットコインでNFT関連銘柄を買うとしたらこのようなステップになります。

  1. ビットフライヤーで口座開設をする。
  2. ビッコレに登録する。
  3. 初回1,000円分のビットコインをビットフライヤーに出金する。
  4. ポイ活でビットコインを貯める。
  5. ビットフライヤーに出金する。
  6. ビットコインでテゾスを買う

ビッコレの出金対応しているのはビットフライヤーです。ポイ活するならまずはビットフライヤーの口座開設をしましょう。

そして、ビッコレに登録したときには1,000円分のビットコインが貰えるんですが、これが1週間で消えてしまいます。なのでまずはビットフライヤーで口座開設をしてから、ビッコレに登録しましょう!

なにせ、私は1,000円分のビットコインを貰い損ねております。

あなたがちゃんと貰えますように、ビッコレに登録するときは、ビットフライヤーの口座を開設しておきましょう。

とにかく、まずは暗号資産交換所の口座開設をしましょう。

まずはビットフライヤーで口座開設>>

ビッコレで1,000円分のビットコインをもらう>>

海外の暗号資産交換所

海外の取引所はバイナンスが有名です。

バイナンスで買う場合はコインチェックで保有しているビットコインをバイナンスに送ります。

そして、NFT関連銘柄の暗号資産を買いましょう。

とはいえ、海外暗号資産交換所は不安ですよね。あの超大手FTXも倒産しました。そもそも金融庁に登録されていないです。

実は私も海外の暗号資産交換所はまだ手を出していません。

なにかあったときには自分で解決しなければなりませんからね。

なので慣れないうちは国内暗号資産で取引することをオススメします!

私も慣れてきたら、海外の暗号資産交換所の口座開設をしたいと思います。

もしも私が海外の暗号資産交換所で取引するなら、候補が2つあります。

  1. バイナンス
  2. バイビット

です。

理由はバイナンスは超大手なのと、バイビットはお得なキャンペーンがたくさんあるとのことなので、もしも私が海外の暗号資産交換所で口座開設するならこの2つです。

このへんはもう少し暗号資産に慣れてきたら、また紹介したいと思います!

バイナンスは日本語表記ではないのです。バイビットから始めるかもしれませんw

まとめ

この記事ではNFT関連銘柄の暗号資産について紹介しました。

おさらいしますと。

  • 暗号資産のNFT関連銘柄はNFTのプラットフォームで使用できる暗号資産
  • NFT関連銘柄にビットコインやイーサリアムは入らない
  • 筆者はNFT関連銘柄の将来性は高いと感じている
  • ポイ活でビットコインを貯めて暗号資産投資をする
  • 海外の暗号資産交換所は慣れてから

といったところです。

やはりこれからはデジタル社会になっていきます。

デジタルで処理される暗号資産が恩恵を受けないわけがないんですよね。

海外取引所に暗号資産を送るのも、現金を海外に送ることを思うと、めちゃくちゃ早くて安い。しかも手続きも雲泥の差で暗号資産は簡単ですよね。

デジタル空間のメタバースなんかで言語の壁を超えて海外の方との交流も増えていく事も安易に予想できるし、海外送金の需要もどんどん増えそう。

ゲームで稼いで生計を立てている人もいるくらいですもん。私が若い頃と比べて時代が変わってます。

ここは暗号資産の強みが活かされるんじゃないかなと思います。

ほんとに安い内に暗号資産に積み立てておけば、将来どうなっているのか、

一攫千金も夢じゃないですよね。

少なくとも宝くじなんかよりは投資の価値があるんじゃないでしょうか?

例えば、月に1万円でも積み立てたなら、年間で12万円貯まる訳ですよね。

それが5倍や10倍、、まして2,000倍なんて価値があるなら。

60万円、120万円、、2,000倍なら2億4千万円になるわけです!

あなたは「億り人」です!

さぁ、暗号資産投資を始めてみましょう!

口座開設はこちらです!

それでは「【暗号資産】NFT関連銘柄とは?買い方・特徴・将来性をわかりやすく解説!ビットコイン、イーサリアムを抜け出す方法」でした

ヤドリ戻ります!

\ ブログ村に参加中 /

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

「朝30分」を始めなさい!を実践しているブロガーです。習慣が変われば自分が変わる!自分が変われば世界が変わる!
応援Wordは「not too late」

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次