MENU
SWELL

オススメの暗号資産交換所

みっんな使ってる

コインチェック


イーサリアムが安い

ビットフライヤー


暗号資産銘柄の取り扱い数No.1

ビットバンク

オススメのブログテーマ

早めに始めないと損

SWELL

個人で稼ぎたい方へ

ブロガー必見のメルマガ紹介


アフィ成功事例


『ながら読書』最強!

Amazon Audible

ツイート

ビットコイン、ほったらかしOK?長期保有で得られる利益とリスク

当ページのリンクには広告が含まれています。
ビットコイン、ほったらかしOK?長期保有で得られる利益とリスク
教えてほしい人

ビットコインを買って、その後はほったらかしでいいの?

と思っているあなたへ。

ビットコイン投資は確かに大きな機会を秘めていますが、同時にリスクも伴います。

そんなあなたのために、この記事では「ほったらかし投資」のスタイルに焦点を当て、そのメリットとリスクを丁寧に解説します。

さらに、ほったらかし投資を成功させるための具体的な方法もお伝えします。

この記事を通じて、ビットコインへの理解を深め、より賢い投資判断ができるようになることを目指しましょう!

「ビットコイン、ほったらかし」というキーワードで検索し、この記事にたどり着いたあなたは、ビットコインへの興味と投資への憧れを持ちつつ、忙しい日常の中で時間を割くことが難しい、そんな思いを抱えているかもしれません。

もちろん私はその思いにめちゃくちゃ共感します。

ビットコインは複雑に思えるテーマかもしれませんが、一度理解すれば、新たな投資の世界が広がります。

ビットコインと言えば、仮想通貨の先駆者であり、その価値は年々上昇し、その急激な価格変動により一晩で大金を得た人々の話も耳にします。

しかし一方で、その大きな価格変動はリスクも伴います。そんなリスクを最小限に抑えつつ、長期的に価値が上昇する可能性を捉えるための一つの手法が「ほったらかし投資」です。

私が思い出すのは、あるビットコイン投資家の話。

彼は数年前にビットコインを少額購入し、その後はほったらかしにしました。

すると、ビットコインの価格が上昇し、彼の投資金額は何倍にも膨らみました。

しかし彼が強調していたのは、その利益以上に、「ビットコインを理解し、自分だけの投資方針を持つこと」の大切さでした。

この記事を読むことで、ビットコインのほったらかし投資のメリットとデメリット、さらには具体的な実践方法について理解することができます。

そして、その知識をもとに、自分自身の賢明な投資判断ができるようになるはずです。あなたのビットコイン投資の旅が、この記事から始まることを願っています。

目次

 1.ビットコインほったらかし投資とは?【基礎解説】

第1章では、ビットコインほったらかし投資の基本的な概念について解説しています。

「ビットコインとは何か?」から始まり、「ほったらかし投資」の意味、そしてその基本的な仕組みまで、初めてビットコインに触れる人でも理解しやすいよう丁寧に解説しています。

右斜め向かいに座る会社の同僚がビットコインを少額購入し、放置したところ価値が増えたという話を思い出しました。

彼女の経験からもわかるように、ビットコインへの理解と投資の基本を学ぶことで、投資の第一歩を踏み出すための安心感を得られます。

  • ビットコインの基本解説
  • ほったらかし投資の意味
  • ビットコイン投資の仕組み

第1章を読むことで、ビットコインへの初歩的な理解と、「ほったらかし投資」のメカニズムを理解し、自分自身の投資への一歩を踏み出す自信を得られます。

これがビットコイン投資成功への第一歩となるでしょう。

1-1: ビットコインとは?

ビットコインは、2009年に誕生した世界初のデジタル通貨であり、中央銀行や特定の管理者が存在しない分散型の通貨システムです。

このビットコインは、架空の名前「サトシ・ナカモト」の人物によって提案され、その存在が確認されて以来、金融界に大きな影響を与えています。

例えば、ある友人がビットコインの始まりからその発展を見守ってきました。

最初は半信半疑だった彼も、ビットコインの価値が上昇し始め、その革新的な可能性を理解しました。

要約すると、ビットコインは中央銀行などに依存しない新しいタイプのデジタル通貨で、世界中の金融市場に革新的な変化をもたらしました。

そして、その存在は我々の経済活動や投資のあり方に多大な影響を与えています。

もっと詳しく、ビットコインを知りたいならこちらの本がオススメです。

いまなら無料で読めます。

無料で読む方法は2つ

Kindle UnlimitedAudible

どちらも、初回1カ月は無料体験ができます。

どちらがオススメですかと聞かれたらAudibleです。

Audibleは本を朗読してくれるサービス!通勤の途中や家事をしながら聞けるのがメリットですね。

公式サイトはこちらです。

>>Kindle Unlimitedを1カ月無料体験して、ビットコインを学ぶ

>>Audibleを1カ月無料体験して、ビットコインを学ぶ

1-2: ほったらかし投資の意味とは?

「ほったらかし投資」とは、一度投資した資産を長期間保有し続ける投資戦略のことを指します。

一例として、あるサラリーマンが年収の一部を使ってビットコインを購入し、その後数年間そのビットコインを売らずに保有し続けるケースを想像してみてください。

このサラリーマンは一切の取引を行わず、時間を味方につけてビットコインの価値が上昇するのを待つのです。

これがほったらかし投資の典型的な形です。資産を手放さず、時間が経過することで価値が上昇する可能性に賭けるというスタンスが、ほったらかし投資の意味となります。

1-3: ビットコインのほったらかし投資の基本的な仕組み

ビットコインのほったらかし投資の基本的な仕組みは、一度ビットコインを購入し、そのまま放置して価値が上昇するのを待つというものです。

例えば、10年前にビットコインを1000円分購入してそのまま放置していた友人がいます。

彼はビットコインの価格変動を気にせず、ほったらかしにしていました。

その結果、ビットコインの価値が上昇し、そのビットコインは今では何十倍もの価値になっています。

これが数万円なら億り人です。

とはいえ、引き出すにも知識が必要。

詳しくはこの記事を参考にしてみてください。

 なにがいいたいのかというと、ビットコインほったらかし投資のポイントは、価格の変動に一喜一憂せず、長期的な価値上昇を信じる耐性があるかどうかということです。

つまり、投資は長い目で見ること、それがほったらかし投資の基本です。

2. ビットコインほったらかし投資のメリットとは【資産形成のチャンス】

第2章では、ビットコインほったらかし投資のメリットについて詳しく解説します。

ビットコインはその長期保有による価値上昇の可能性があり、時間をかけてコツコツと資産を増やすことができます。

また、一度購入すると手間いらずで、価格の変動を気にする必要もありません。

さらに、ビットコインほったらかし投資は、他の投資とは異なる特性を持つため、投資全体のリスク分散にも寄与します。

この章を通じて、ビットコイン投資の新たな可能性を発見できるでしょう。

  • 長期保有で価値上昇可能
  • 手間いらずで投資が可能
  • リスク分散に効果的

この章を読むと、ビットコイン投資の魅力を理解し、自分の投資戦略に取り入れる判断材料を得られます。

これからビットコイン投資を始める人、すでに始めている人でも、この章から新たな発見や学びを得ることができるでしょう。

2-1: 長期保有による価値上昇の可能性

ビットコインは長期保有による価値上昇の可能性を秘めています。

具体例として、2010年にビットコインを1,000円で購入したとします。

当時はほとんど価値が認められていませんでしたが、その後の価格の急騰を見ると、2023年現在ではその価値は桁違いになっています。

米金融大手のゴールドマン・サックスもこちらの記事でビットコインの価格が上がることを示唆しています。

しかし、重要なのは価格が必ず上昇するわけではないということ。

ビットコインは価格の大きな変動があるため、そのリスクを理解した上で長期保有を考えることが重要です。

でも、そのリスクを受け入れ、じっくりと時間をかけてビットコインに投資することで、大きなリターンを狙うことが可能になります。

まとめると、ビットコインの長期保有は大きなリターンを期待できる一方で、価格の変動リスクもあります。

しかし、そのリスクを理解し、自分の投資戦略に合った形でビットコイン投資を行うことで、その可能性を最大限に引き出すことができるでしょう。

2-2: 手間をかけずに投資が可能

ビットコインほったらかし投資の魅力の一つは、その手軽さにあります。サラリーマンの田中さんの例を見てみましょう。

田中さんは仕事が忙しく、日々の市場の動きに一喜一憂する時間がありません。

そんな彼がビットコイン投資を選んだのは、設定したら後は放置するだけというシンプルさに魅力を感じたからです。

ビットコインの購入から保管まで、すべてがデジタル化されているため、わざわざ証券会社に行く必要もなければ、毎日株価をチェックする手間もありません。

初回設定さえ終われば、あとはほったらかしでOKです。

まとめると、ビットコインほったらかし投資は、忙しい人でも手間をかけずに資産形成に取り組むことが可能です。

初期設定を行い、その後は自動で運用が進むため、簡単に投資を始めることができます。

暗号資産の積み立てをするなら、ビットフライヤーが始めやすいです。

100円からでもビットコインが買えるからです。

1日1本の缶コーヒーを我慢するよりも安く、ビットコインを積み立てる事ができますよ。

ビットコインは今はオレンジの鳥。毎日餌を与え続ければいいんです!

いずれ黄金の鳥となって、あなたを遠くの地点に運ぶでしょう。

2-3: 暗号資産への分散投資のメリット

ビットコインほったらかし投資だけでなく、暗号資産全体への分散投資は大きなメリットを持っています。

具体例を挙げましょう。一つ目の暗号資産としてビットコインを、二つ目としてイーサリアムを持つとします。

これらは異なる特性を持つため、ビットコインが下落してもイーサリアムが上昇する可能性があります。これにより、リスクの分散とリターンの最大化を目指すことができます。

また、新たに出てくる暗号資産に早く投資することで、その成長を最初から見守ることも可能です。これが暗号資産への分散投資の魅力です。

まとめると、ビットコインだけでなく、様々な暗号資産への分散投資は、リスクの分散と将来的なリターンの最大化のチャンスを提供します。

ただし、新しい暗号資産はリスクも高いため、自身のリスク許容度に合わせた投資を心掛けてください。

 3.注意点!ビットコインほったらかし投資のリスクと対策

ビットコインの「ほったらかし投資」には確かな魅力がありますが、全てが順風満帆ではありません。

そのリスクについて、第3章では詳しく説明しています。まず、ビットコインはその価格変動の大きさからくるリスクを孕んでいます。

例えば、ある投資家が2017年のビットコイン高騰期に購入したとしましょう。

しかし、その後の価格の大きな下落により、大きな損失を被ったというケースも珍しくありません。

さらに、ビットコインはデジタルな資産であるため、セキュリティリスクもあります。最後に、法律や規制の変更も無視できないリスクとなり得ます。それぞれのリスクに対する対策もこの章で解説します。

  • ビットコインの価格変動リスク
  • セキュリティリスクとその対策
  • 法律・規制の変更リスク

この章を読むことで、ビットコイン投資のリスクを深く理解し、適切な対策をとるための知識を得ることができます。

ビットコインほったらかし投資のリスクを学ぶことは、安心して投資を続けるための必須項目です。

3-1: ビットコインの価格変動リスク

ビットコインは価格変動が大きいという特性があります。

これは大きなリターンを得るチャンスだけでなく、損失のリスクも大きいことを示しています。

例えば、2017年末にビットコインは約200万円から約250万円まで急騰しましたが、2018年初頭には半分以下の価格まで急落しました。

このような価格の急変はビットコイン投資の大きなリスクの一つです。

まとめ:ビットコイン投資は大きなリターンをもたらす可能性がありますが、同時に大きな価格変動リスクも抱えています。

そのため、投資額は自身が許容できるリスク範囲内に留め、定期的に市場動向を確認し、適切なリスク管理を行うことが重要です。

3-2: セキュリティリスクとその対策

ビットコイン投資におけるセキュリティリスクとは主に、あなたのビットコインがハッキングにより盗まれるリスクを指します。

例えば、あるビットコイン投資家はオンラインウォレットに資産を預けていましたが、サービス提供者がハッキングの被害に遭い、すべてのビットコインを失ってしまったというケースがあります。

対策としては、ハードウェアウォレットの利用や、2段階認証の設定などが有効です。

ビットコインは自己責任の原則が強く、セキュリティは投資家自身でしっかりと管理する必要があります。

まとめ:

  • セキュリティリスクはビットコインが盗まれるリスク
  • ハードウェアウォレットや2段階認証が対策となる
  • ビットコインのセキュリティは自己管理が重要

3-3: 法律・規制の変更リスク

ビットコインへの投資は、国や地域の法律・規制の変更により影響を受ける可能性があります。

具体的には、一部の国ではビットコインを禁止したり、取引に厳しい規制を設けたりすることがあります。

例えば、中国は2017年に仮想通貨取引所を閉鎖し、ビットコインの取引を事実上禁止しました。

これにより、ビットコインの価格は一時的に大きく下落しました。

ビットコインへの投資を始める前に、自分が居住する地域の法律・規制を理解することが重要です。

また、法律・規制は変更される可能性が常にあるため、最新の情報に注意を払い続けることが求められます。

まとめ:

  • 法律・規制の変更はビットコインの価格に影響を及ぼす可能性がある
  • 投資前に自身の居住地の法律・規制を確認する
  • 最新の情報を追い続ける必要がある

 4.実践ガイド:ビットコインをほったらかしにする具体的な方法

第4章では、ビットコインほったらかし投資の実際の手順を解説します。

まず、ビットコインの購入方法、次にビットコインの安全な保管方法、最後に価格のチェック方法と頻度について説明します。

例えば、田中さんはビットコインへの投資を考えていますが、どう始めればいいか分からないと思っています。

彼はこの章を読むことで、取引所を選んでビットコインを購入し、安全なウォレットに保管する具体的な手順を学びます。

また、ビットコインの価格をどのくらいの頻度でチェックするべきかについても理解します。

この章を読むことで、ビットコインへの投資を始める際の具体的なステップを理解し、投資の第一歩を踏み出すことができます。

箇条書きまとめ:

  • ビットコインの購入方法
  • ビットコインの安全な保管方法
  • ビットコイン価格のチェック頻度と方法

4-1: ビットコインの購入方法

ビットコインの購入は意外と簡単です。

まずは信頼性のある仮想通貨取引所を選びましょう。

例えば、初心者の田中さんがビットコインを買う場合、取引所のビットフライヤーを選んだとしましょう。

ビットフライヤーのアカウントを作成し、本人確認の手続きを終えた後、必要な金額を入金します。

その後、購入したいビットコインの数量を入力して購入ボタンを押すだけ。一度買ったビットコインは、取引所のウォレットに保存されます。

まとめ:ビットコインの購入は、信頼できる取引所を選び、そこでアカウントを作成、入金し、購入するという手順を踏むことで行います。初めての人でも簡単に始められます。

4-2: ビットコインを安全に保管する方法

ビットコインを安全に保管することは投資の成功の鍵となります。私たちが銀行を通じて資産を保管するように、ビットコインもデジタルウォレットで安全に保管されます。

たとえば、田中さんがビットコインを購入した後、彼はその保管方法について心配しています。

そこで彼が選択するべきは、「ハードウェアウォレット」です。これは物理的なデバイスで、インターネットから切り離された状態でビットコインを保存できます。

インターネットに接続されていないため、ハッキングからビットコインを守ることができます。

まとめると、ビットコインの保管は投資の重要な部分であり、適切な保管方法を選択することで、ビットコインの資産価値を確保することが可能になります。

おすすめのハードウォレットはこちら

Ledger Nano X 暗号資産ハードウェアウォレット

使い方はYouTubeが参考になります!

4-3: ビットコインの価格をチェックする頻度と方法

ビットコインの価格チェックは投資戦略に大きく影響します。

価格は24時間体制で変動し、リアルタイムで確認できるアプリやウェブサイトが数多く存在します。

しかし、ビットコインほったらかし投資の場合、頻繁な価格チェックは必要ありません。

むしろ、価格の一時的な変動に一喜一憂することが、冷静な判断を阻害する可能性があります。

例えば、田中さんは週に1回、決まった日にビットコインの価格をチェックするようにしました。

彼はその時点での価格を記録し、長期的なトレンドを観察します。

短期的な価格変動に一喜一憂せず、長期的な視点を保つことができました。

まとめ:ビットコインほったらかし投資では、頻繁な価格チェックは不要。週に一度程度のチェックで、長期的な価格トレンドを見ることが大切です。

 5.【まとめ】ビットコインほったらかし投資、本当にOK?

第5章では、ビットコインほったらかし投資の全体像を再確認し、投資家自身のリスク許容度との関連性を明らかにします。

さらに、成功への一歩を踏み出すためのポイントを提供します。

たとえば、山田さんはこの章を読むことで、自分のリスク許容度を理解し、どのくらいの価格変動なら許容できるかを自己分析しました。

また、成功への一歩として、自分なりのビットコイン投資の戦略を立て、行動に移すことができました。

読者にとってのベネフィットとして、自身の投資戦略を再評価し、成功に向けた一歩を確実に踏み出すための参考情報を提供します。

最後に第5章の要点を以下の通りまとめます:

  • メリットとデメリットの再確認
  • リスク許容度との関連性
  • 投資の成功への一歩

5-1: ビットコインほったらかし投資のメリットとデメリットの再確認

ビットコインほったらかし投資のメリットとデメリットを再確認することは、投資の成果を最大化するために重要です。

メリットとして、ビットコインの長期的な価値上昇の可能性、また手間をかけずに投資が可能である点が挙げられます。

しかし、反面、価格の大きな変動や法規制の変更リスクも忘れてはいけません。

例えば、山田さんはビットコインの価格変動を見て怖じ気づくことなく、長期的な視点で投資を続けました。

その結果、価格が大きく上昇したときに大きなリターンを得ることができました。

この記事を読むことで、ビットコインほったらかし投資のメリットとデメリットを理解し、自分自身の投資戦略を見直すきっかけを提供します。

適切な知識と準備は、ビットコイン投資の成功への一歩となります。

5-2: 自身のリスク許容度とビットコインほったらかし投資

ビットコインへの投資は、あなたのリスク許容度によります。仮に、高齢で退職後の生活資金を投資に回す山田さんがいるとします。

彼のリスク許容度は低く、大きな損失は許容できません。

一方で、若い田中さんはまだ長いキャリアがあり、リスク許容度が高いです。それぞれビットコインへの投資比率を調整すべきで、山田さんは低く、田中さんは高めに設定すべきです。

まとめると、リスク許容度に合わせて投資比率を調整することが大切です。

自身のリスク許容度を理解し、それに基づいてビットコイン投資を計画しましょう。

5-3: ビットコインほったらかし投資の成功への一歩

ビットコインほったらかし投資の成功への一歩は、知識を活用し、自分のリスク許容度に基づいた計画を立てることです。

例えば、佐藤さんは、ビットコインの長期的な価値上昇を理解し、価格の変動に動じないリスク許容度を持っていました。

彼女は、一定額を毎月ビットコインに投資する戦略を立て、その計画に忠実に従いました。結果として、数年後にはその価値は倍増しました。

まとめると、ビットコインほったらかし投資の成功のためには、しっかりとした理解と自分自身のリスク許容度に基づいた計画が必要です。

その上で、その計画を一貫して実行することが求められます。

まとめ

ビットコインのほったらかし投資は、長期保有を通じて可能な資産形成のチャンスを指します。

この方法は、投資の手間を大幅に削減し、時間の経過とともに価値が上昇する可能性を利用します。

しかし、この投資法には注意点があります。

ビットコインの価格は大きく変動し、セキュリティリスクも存在します。

さらに、法律・規制の変更も投資に影響を及ぼす可能性があります。

したがって、投資前にこれらのリスクを理解し、対策を立てることが重要です。

ビットコインを購入し、安全に保管する方法、さらに価格を適切にチェックする頻度と方法も理解する必要があります。

最終的に、ビットコインほったらかし投資が適切かどうかは、個々のリスク許容度と投資目標によるところが大きいです。

自身のリスク許容度を理解し、長期的な視点を持つことが、ビットコインほったらかし投資の成功への一歩となります。

ビットコインほったらかし投資の成功の一歩は、自身のリスク許容度を理解し、長期的な視点を持つことです。これらを実現するためには、実際に投資体験を積むことが不可欠です。

その第一歩として、コインチェックの口座を開設してみてはいかがでしょうか。コインチェックはビットコインをはじめとする暗号資産の購入、売却、保管が簡単にできるプラットフォームです。リアルタイムで価格変動をチェックしながら、自分だけの投資戦略を構築できます。

リスク許容度を理解し、投資に対する理解を深めることで、ビットコインほったらかし投資に自信を持つことができるでしょう。ぜひ、コインチェックの口座開設から始めてみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

それでは「ビットコイン、ほったらかしOK?長期保有で得られる利益とリスク」でした。

ヤドリ戻ります。

\ ブログ村に参加中 /

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

お忘れではありませんか?

最後にお得な情報です。

記事を最後まで読んでくれた「あなた」だけに贈ります

  • スタバが無料で飲めるチケットです。
  • 1500円分のe-GIFTが貰えます。
  • 誰でもカンタンに10分でできます。

ぜひこちらのリンクをチェックしてみてください。

この記事を書いた人

「朝30分」を始めなさい!を実践しているブロガーです。習慣が変われば自分が変わる!自分が変われば世界が変わる!
応援Wordは「not too late」

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次