MENU
SWELL

オススメの暗号資産交換所

みっんな使ってる

コインチェック


イーサリアムが安い

ビットフライヤー


暗号資産銘柄の取り扱い数No.1

ビットバンク

オススメのブログテーマ

早めに始めないと損

SWELL

誰でも1,500円もらえる

バンカーズ

当サイトのレンタルサーバー

ConoHa Wing



『ながら読書』最強!

Amazon Audible

ツイート

2023年注目のメタバース関連仮想通貨銘柄一覧!選び方を解説

当ページのリンクには広告が含まれています。
2023年注目のメタバース関連暗号資産銘柄一覧!選び方を解説

メタバース“と”暗号資産“、この二つのキーワードが交差する地点には、次世代のインターネットが生み出す無限の可能性が広がっています。

そしてその中心に位置するのが、仮想空間を活用した新たな世界「メタバース」と、そこで交換される「暗号資産」です。

それらを理解し、活用することで得られるチャンスは無数に存在します。

しかし、どのメタバース関連の暗号資産銘柄に注目すべきなのか、その選択は難しく、混乱を感じている方も多いのではないでしょうか。

この記事は、そんな方々に向けた指南書です。メタバースの基本概念から始まり、注目すべき暗号資産銘柄まで、一通りの知識を網羅しています。

そして、具体的なメタバース関連の暗号資産銘柄をピックアップし、その特性や可能性を詳細に解説します。

  • エンジンコイン(ENJ)
  • ディセントラランド(MANA)
  • サンドボックス(SAND)
  • アクシーインフィニティ(AXS)
  • スターアトラス(ATLAS)

など、2023年最新情報をもとに、それぞれの特色や選び方のポイント、リスクについて深掘りします。

この記事を読むことで、メタバースと暗号資産の世界に必要な基礎知識を得るだけでなく、将来的な投資の判断材料にすることも可能となります。

ぜひ、この記事を手引きとして、新しい世界への扉を開けてみてください。

✅暗号資産を売買するには暗号資産交換所の口座開設が必要です。

メタバース関連の暗号資産銘柄を多く取り揃えているのはビットバンクです。

まずはビットバンクの公式サイトで口座開設しましょう。

10分ほどで口座開設が終わり、暗号資産の売買ができます。

>>ビットバンクの公式サイトへ

目次

1章:メタバースとは?仮想空間を拡張する新たな世界

未来のインターネットを象徴する言葉「メタバース」。

まだ具体的にイメージできない方も多いこの世界は、仮想空間を拡張し、現実世界を超越した新たな価値を創出します。

でも、その具体的な特徴や可能性は何でしょうか?次の章では、未来を先取りするメタバースの真実を、具体的に紐解きます。まだ見ぬ新たな世界の扉が、ここから開きます。

メタバースの概念と特徴

メタバースとは、インターネット技術を基盤とした仮想空間で、現実世界(フィジカル・ワールド)と仮想世界(デジタル・ワールド)が融合した新次元の空間を指します。

まるでSF映画のようなその世界観ですが、実はすでに我々の生活と密接に関わり始めています。

「没入感」が鍵:VR(バーチャル・リアリティ)やAR(オーギュメンテッド・リアリティ)の進化により、ユーザーはより現実感あふれる体験が可能となり、現実世界と仮想世界の境界が曖昧になりつつあります。

「自由度」の高さ:メタバースでは自由な表現や交流が可能で、ユーザー自身が創造者となり得ます。自分だけのアバターや独自の空間を作り出すことで、個々のアイデンティティを発揮できます。

「経済活動」の場として:NFT(非代替性トークン)や暗号資産の活用により、メタバース内でも物の売買やサービス提供が行われ、新たな経済圏が形成されつつあります。

これらの特徴を理解することで、メタバースがどのように現実世界を拡張する可能性を持っているのかが見えてきます。

詳しく知りたいかたはこちらの本もオススメです。

メタバースがほんとうに良く分かります。

ゲームだけじゃない、セカンドライフじゃない。普及すれば産業的にも日常でも利用機会があることがわかります。

メタバースがもたらす可能性とは

メタバースがもたらす可能性は、その自由な表現性と拡張性から、様々な分野で新たな価値創造を期待されています。

「社会参加」の新形態:物理的な制約から解放され、リアルタイムで世界中の人々と交流することで、新たなコミュニティ形成や国際交流が活発化します。

「ビジネス」の新機軸:商業空間のデジタル化は、新たなマーケティングやビジネスモデルを生む可能性を秘めています。

例えば、ブランドのバーチャルストアの設置、新商品のVR試着などが可能となります。

「エンターテイメント」の進化:ゲーム業界だけでなく、音楽や映画、美術などの文化芸術分野でも新たな表現形式が生まれ、視覚的な体験が格段に向上します。

「教育」の新パラダイム:実際に歩き回りながら古代ローマを探索する歴史の授業、VRで体験する化学の実験など、より直感的で実体験に近い学習が可能となります。

これらはメタバースが開く未来の一端です。現実世界を超越した新たな世界で、どのような可能性が広がっていくのか、想像を超えた展開が待っているかもしれません。

メタバースはマジでおもしろい!と思わせてくれる本はこちらです。

さっきも紹介しましたね。

この本を読めば、「未来の人類は失敗しない」の意味が分かります。

私はオーディブルで聞きました。

2倍速で聞いたので3時間ほどで読了です。

2章:メタバース関連の暗号資産を選ぶポイントと注意点

次に迫るのは、メタバースと密接に結びついた暗号資産の世界。メタバースにおける新たな価値やサービスの交換手段として、暗号資産はその重要性を増しています。

だからこそ、適切な暗号資産を見極め、その可能性を最大限に引き出すための知識が求められます。

次章では、メタバース関連の暗号資産の基礎知識から、選び方のポイント、そして避けて通れないリスクまでを徹底的に解説します。一緒に、明日へ続く投資の地図を描いていきましょう。

メタバース関連暗号資産の基礎知識

メタバース関連の暗号資産とは、具体的にはメタバース内での取引やサービス提供を可能にするデジタルアセットのことを指します。

これらの暗号資産は、以下のような特徴を持つことが多いです。

「使用用途」:メタバース内での商品やサービスの購入、土地やアイテムの取引など、特定の用途に利用されます。

例えば、ディセントラランドのMANAは、メタバース内での土地やアイテムの購入に使用されます。

「所有権の証明」:NFT(非代替性トークン)として機能し、デジタルアセットの所有権を証明することもあります。

これにより、ユニークなアイテムやアート作品の所有が可能となります。

「エコシステムの維持」:一部の暗号資産は、メタバースのエコシステムを維持・発展させるために必要な、ゲーム内報酬や投票権などに利用されます。

これらの基礎知識を理解することで、メタバース関連の暗号資産の役割や価値を把握し、投資の際の判断材料にすることが可能となります。

選び方のポイントと注意すべきリスク

メタバース関連の暗号資産選びのポイントは以下の3つがあります。

  1. 「開発チームの信頼性」:開発チームのビジョンや技術力、実績などを確認することで、プロジェクトの成功可能性を推測します。
  2. 「用途と需要」:暗号資産がメタバース内でどのように利用され、その需要が将来的にどう変化するかを考えます。
  3. 「パートナーシップ」:大手企業や有名人との提携は、その暗号資産の信頼性や知名度向上に繋がります。

一方で、注意すべきリスクも存在します。

  1. 「価格の変動性」:暗号資産は価格変動が激しく、投資額を上回る損失のリスクがあります。
  2. 「技術的な問題」:ハッキングのリスクやシステムの不具合など、技術的な問題が投資を損なう可能性があります。
  3. 「規制リスク」:政府の政策や規制の変更が、暗号資産の価値や取引に影響を及ぼす可能性があります。

これらのポイントを踏まえ、自己のリスク許容度と相談しながら、賢明な投資を心掛けましょう。

3章:注目のメタバース関連暗号資産銘柄一覧!2023年最新情報

次に進む前に、一つ質問を投げかけてみましょう。

「これから注目すべきメタバース関連の暗号資産は何か?」この質問に答えるために、本章では2023年に注目のメタバース関連暗号資産をご紹介します。

それぞれの特徴や活用法、そしてどのようなポテンシャルを秘めているのかを詳しく解説します。

一歩先を行く投資情報を手に入れ、あなたの投資戦略を次のレベルへと進化させましょう。

それでは、一緒にこの新たなデジタルアセットの世界を探求していきましょう。

✅暗号資産を売買するには暗号資産交換所の口座開設が必要です。

メタバース関連の暗号資産銘柄を多く取り揃えているのはビットバンクです。

まずはビットバンクの公式サイトで口座開設しましょう。

10分ほどで口座開設が終わり、暗号資産の売買ができます。

>>ビットバンクの公式サイトへ

エンジンコイン(ENJ):メタバースのアイテム管理に特化

エンジンコイン(ENJ)は、メタバースのアイテム管理に特化した暗号資産として注目されています。

エンジンコインは、ユーザーがメタバース内で独自のデジタルアセットや仮想アイテムを作成、管理、所有、取引できるプラットフォームを提供します。

これは「NFT(非代替性トークン)」という技術を活用しています。

具体的には、ゲーム内で獲得した特定のアイテムや、自分だけのアート作品などを一種のデジタル資産として扱い、売買することが可能です。

これにより、ユーザーはメタバース内での活動を通じて、新たな価値を生み出すことができます。

エンジンコイン(ENJ)が売買できる暗号資産交換所

ディセントラランド(MANA):仮想空間での土地取引に注目

ディセントラランド(MANA)は、メタバース内での土地や建物の取引に特化した暗号資産として注目されています。

ディセントラランドは、仮想現実内に存在する土地を所有し、売買できるデジタル空間です。

その土地はユーザーによって自由にカスタマイズ可能で、アートの展示やゲームの開催、ビジネスの実施など、多様な利用が可能です。

ここで重要なのは、ディセントラランド内の土地や建物は全て「NFT(非代替性トークン)」として表現され、ブロックチェーン上にその所有権が記録されます。

これにより、仮想空間内の土地や建物の所有権を確実に管理し、取引を容易に行うことが可能となっています。

このようにディセントラランド(MANA)は、仮想世界での土地・建物の売買という、全く新しい資産の形を作り出しています。

これはメタバースという新しい空間での、新しい価値創造の一例と言えるでしょう。

ディセントラランド(MANA)が売買できる暗号資産交換所

サンドボックス(SAND):自由なクリエイティビティが生まれる世界

サンドボックス(SAND)は、ユーザーが自由にクリエイティブな世界を創り出せるブロックチェーンベースのメタバースです。ユーザーは仮想土地を所有し、自身でゲームやエクスペリエンスをデザインできます。

また、自分が創ったアセットを他のユーザーと交換したり、売買したりすることも可能です。

SANDは、このサンドボックス内での取引やゲーム参加の際に用いられる通貨として機能します。

ゲーム内アイテムや土地、体験などは全てNFTとして表現され、SANDを通じて交換されます。

ここで注目すべきは、サンドボックスが個々のユーザーの創造力を活かし、自由に世界を創造・拡張できるプラットフォームとなっている点です。

これにより、ユーザーは自身のアイデアやスキルを直接資産化することが可能となり、メタバース経済の新たな可能性を切り開いています。

サンドボックス(SAND)が売買できる暗号資産交換所

アクシーインフィニティ(AXS):プレイを通じて報酬を得る

アクシーインフィニティ(AXS)は、その名の通り無限の可能性を秘めたブロックチェーンベースのゲームです。

ここでは、かわいらしいクリーチャー「アクシー」を育成し、バトルさせることで報酬を得ることができます。

また、アクシーはNFT(非代替可能トークン)として所有され、他のプレイヤーと取引することも可能です。

ここで特筆すべきは、AXSが「プレイ・トゥ・アーン(Play to Earn)」という新たなゲームの形態を推進している点です。

これは、ゲーム内での活動を通じて実際の経済的価値を生み出し、報酬を得るというスタイルを指します。

つまり、プレイヤーはゲームを楽しみながら、同時にアクシーの育成や戦闘によって得た報酬(AXSやSLPトークン)をリアルの資産として得ることができます。

このように、アクシーインフィニティはゲームと暗号資産の新たな結びつきを示しており、メタバースの進化を予感させます。

アクシーインフィニティ(AXS)が売買できる暗号資産交換所

スターアトラス(ATLAS):SF要素満載の宇宙航海ゲーム

スターアトラス(ATLAS)は、その名が示す通り、広大な宇宙を舞台にしたSFゲームであり、その全てがブロックチェーン上に構築されています。

プレイヤーは宇宙船のパイロットとなり、未知の星々を探検し、資源を収集し、他のプレイヤーと交易や戦闘を行います。

特筆すべきは、スターアトラスにおける全てのアイテム、船、土地などがNFT(非代替可能トークン)として所有され、ゲーム内の市場で自由に売買される点です。

これにより、プレイヤーはゲーム内で得たアイテムや土地をリアルの資産として蓄積できるのです。

さらに、スターアトラスの通貨ATLASはゲーム内経済の基盤となり、プレイヤーは探検や交易、戦闘などを通じてATLASを稼ぐことができます。

これにより、リアルとバーチャルが繋がり、エンターテイメントが経済活動と密接に結びついた新しい形のメタバースが形成されています。

スターアトラス(ATLAS)が売買できる暗号資産交換所

  • BitMart
  • Hotbit
  • OkCoin

いずれも海外の暗号資産交換所になります。

まとめ

今回の記事では、次世代のデジタルフロンティア、メタバースとそれに関連する暗号資産の基本から、具体的な選択肢までを詳細に解説しました。

未知の領域に飛び込むことは勇気が必要ですが、メタバースの可能性は無限大です。

ディセントラランドで自身の土地を開発し、アクシーインフィニティで自分だけのモンスターチームを育て、スターアトラスの広大な宇宙を冒険しましょう。

ただし、投資は冷静な判断が必要。可能性だけでなく、リスクも理解した上で、一歩を踏み出してください。

この記事を書いたキッカケはやはりこの本なんですよね。

今後のメタバース業界は伸びると確信するには十分な内容です。

想像してください。

2050年6月、ある男の子がなにやらソワソワ落ち着かない様子。

それもそのはず、明日は失敗できない日なんです。

それは初めてできた彼女とのデートの日です。

男の子はいつものように、ゴーグルをはめてメタバースの世界に飛び込みました。

それは、まぎれもない、明日の朝。

お気に入りの服に袖を通し、デートの待ち合わせ時間より早く家をでます。

おっと、急に雨が降り出しました。でも傘を持っていないじゃないか。

リセットだ!折り畳み傘を準備しよう!

どうでしょう?イメージがつくでしょうか?

メタバースでは簡単にシミュレーションができるんです。

それはデートの場面だけではありません、研修医の始めての手術、宇宙飛行船の修理、など未経験を経験できるんです。シミュレーションができるんです。

そう、一度体験して、準備ができる世界がメタバースにはあるんですよね。

需要があると思いませんか?

私は大いにあると感じています。

なので、メタバース関連の銘柄はまだまだ伸びるかと。

ぜひ興味があれば、メタバース関連の暗号資産銘柄もチェックしてみてください。

✅暗号資産を売買するには暗号資産交換所の口座開設が必要です。

メタバース関連の暗号資産銘柄を多く取り揃えているのはビットバンクです。

まずはビットバンクの公式サイトで口座開設しましょう。

10分ほどで口座開設が終わり、暗号資産の売買ができます。

>>ビットバンクの公式サイトへ

それでは今回は以上です。

「2023年注目のメタバース関連暗号資産銘柄一覧!選び方を解説 」でした。

ヤドリ戻ります。

\ ブログ村に参加中 /

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

お忘れではありませんか?

最後にお得な情報です。

記事を最後まで読んでくれた「あなた」だけに贈ります

  • スタバが無料で飲めるチケットです。
  • 1500円分のe-GIFTが貰えます。
  • 誰でもカンタンに10分でできます。

ぜひこちらのリンクをチェックしてみてください。

この記事を書いた人

「朝30分」を始めなさい!を実践しているブロガーです。習慣が変われば自分が変わる!自分が変われば世界が変わる!
応援Wordは「not too late」

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次