MENU
SWELL

オススメの暗号資産交換所

みっんな使ってる

コインチェック


イーサリアムが安い

ビットフライヤー


暗号資産銘柄の取り扱い数No.1

ビットバンク

オススメのブログテーマ

早めに始めないと損

SWELL

誰でも1,500円もらえる

バンカーズ

当サイトのレンタルサーバー

ConoHa Wing



『ながら読書』最強!

Amazon Audible

ツイート

【初心者】暗号資産ステーキングにオススメの取引所、銘柄を徹底解説

当ページのリンクには広告が含まれています。
【超初心者向け】暗号資産ステーキングにオススメの取引所、暗号資産銘柄を徹底解説
教えてほしい人

ステーキングっていいの?
オススメの取引所はどこ?
オススメの銘柄はどれ?

この記事ではこんなお悩みを解決します。

コインチェックで口座開設して、ビットコインを買ったけど、最近は価格が上がらないなと思ってる方は多いのではないでしょうか?

とはいえ、月に2万円のお小遣いじゃ株とかFXに投資しても稼げないんだろうし、

かと言って、宝くじなんかもっと当たらない。

俺はすぐにお金がほしいんだよ!

明日とは言わないけど、2ヶ月後に3,000円くらいお金が増える方法、誰が教えてくれよー・・・

ヤドリ

なんて、その気持ちわかります。

会社勤務だから生活するのには困らないけど、ちょっと飲みに行ったり、ギャンブルしたり、洋服買ったり、ビジネス書買ったりしたいですよね。

新しいキャンプ道具も欲しいし、AI画像生成のミッドジャーニーにも課金したい。

Amazonの朗読サービスだって続けたい、

でもできないんです。

ちょっと節約してお金貯めなきゃできないんです。

欲しいもの我慢する人生ってつまんないですよね。

そしてどんどん年を取っていく。

早いですよね。

あっという間です。

わたしも、もう40歳かなんて、

あのときの親父の年齢じゃんなんて。

そんな、すぐに使えるお金を生み出す方法を知らないあなたに素敵なお知らせです。

3ヶ月でサクッとお金を増やす方法があるんです!

それが暗号資産ステーキング。

「そうそう暗号資産のステーキング、それってどうなの?」

「ステーキングのメリットやデメリットは?」

「ステーキングで、どれくらい稼げるの?」

「オススメの取引所はどこ?」

「オススメの銘柄はなに?」

と、この瞬間にたくさんの疑問符ができたと思います。

この記事ではそんなあなたのために暗号資産ステーキングについて徹底的に解説します。

ステーキングの意味だけ、メリット・デメリットだけ、課税だけを解説した動画やブログ記事は世の中にもたくさんあります。

しかし、ステーキングの事を網羅的に調査した記事は少ないのではないでしょうか?

時間をかけて徹底的にリサーチしました。

✅記事の信頼性

そんな私は一年前から暗号資産のことをブログで配信しています。

小難しいカタカナを一つ一つ調べてブログ記事を書いてきました。

今は暗号資産の記事を100記事以上書いて、20,000円以上の収益が発生しています。

✅この記事をオススメする方

  • コインチェックしかアカウント持ってない方
  • ビットコインしか買ったことない方
  • ポイ活でビットコイン持ってるだけの方
  • 暗号資産運用していない方
  • 暗号資産が増える仕組みを知らない方

この記事はこのような超超初心者の方に向けて、難しい言葉はいっさい使わずに解説します。

✅結論

結論としては、ビットポイントのキャンペーンでお得に口座開設をして、イーサリアムをステーキングする事をオススメします。

国内で暗号資産取引所はたくさんありますが、

一番お得に始める事ができるのがビットポイントです。

それはお友達紹介と口座開設かキャンペーンで3,000円分の暗号資産がもらえるから。

またイーサリアムはビットコインの次に知名度のある暗号資産銘柄です。

そもそも価格としても上昇傾向にあるし、さらにステーキングで報酬が増える事が多いに期待できるんですね。

>>イーサリアムのチャートを詳しく見る

ステーキングをしても、銘柄の価格が下がっては意味がありません。

イーサリアムをステーキングできるのは

ビットポイントだけです。

ぜひこの機会にビットポイントで口座開設をして、イーサリアムをステーキングしましょう!

数カ月であなたのお小遣いは確実に増えます。

>>ビットポイントの公式サイトへ

一気にオススメの取引所まで飛ぶ>>

一気にオススメの銘柄まで飛ぶ>>

それでは最後までよろしくお願いいたします。

目次を見ていただくと分かりますが、長いです。

ぜひブックマークをして、いつでも見れるようにしておくことをオススメします。

暗号資産運用するならステーキング機能は知らないと損です。

目次

暗号資産ステーキングとは

暗号資産、特にビットコインやイーサリアムなどの価格が急騰する中で、多くの人々が投資の新しい形としてその存在に注目しています。

しかし、単に保有するだけでなく、資産をさらに増やす方法があることをご存知でしょうか?

それが「ステーキング」です。

ステーキングは、あなたの保有する暗号資産を利用して、さらなる報酬を得ることができる仕組みとなっています。

ここでは、ステーキングの基本から、そのメリット・デメリット、そしてどのようにしてステーキングを始めることができるのかを、初心者の方でも理解しやすいように解説していきます。

内容は次の通りです。

  • ステーキングの仕組み
  • ステーキングとマイニングの違い
  • ステーキングとレンディングの違い
  • ステーキングで得られる報酬の仕組み
  • ステーキイングがオススメの人
  • ステーキングをオススメしない人

それでは一つずつ解説していきます。

ステーキングの仕組み

暗号資産ステーキングは、一言で言えば、あなたの持っている暗号資産(例えば、ビットコインやイーサリアムなど)を特定の場所に“預ける”ことで、追加の報酬を得ることができるシステムです。

この“預ける”という行為が、実はネットワーク全体の安定化やセキュリティ向上に寄与しています。

では、もう少し詳しくステーキングという仕組みを解説しましょう。

まず、ステーキングを行う際には、暗号資産を「ステーキングウォレット」や、対応している「取引所」に預け入れます。

例えば、あなたがビットコインを持っていて、それをステーキングしたいと思った場合、ビットコインをサポートしているステーキングプラットフォームを選んで、そこにビットコインを預けるわけです。

この時、預けたビットコインは、一定期間そのプラットフォームにロックされ、一時的に取り出すことができなくなります。

預け入れた暗号資産は、ブロックチェーンネットワークの運営に活用されます。

具体的には、新しい取引の正確な記録(検証)や、新しいブロックの生成などに使われます。

これらのプロセスを通じて、ネットワークは安定し、セキュリティも保たれるのです。

そして、その貢献度に応じて、あなたは追加の報酬を得ることができます。

報酬は、ステーキングしている暗号資産の種類や、預け入れた量、期間によって異なります。

例えば、ビットコインをステーキングした場合、その報酬率(年利)と、あなたが預けたビットコインの量に基づいて、追加でビットコインが報酬として得られます。

これが、ステーキングの基本的な仕組みとなります。

このステーキングを利用することで、単に暗号資産を保有するだけでなく、アクティブにネットワークに貢献しながら、新たな報酬を得ることができるのです。

もちろん、どれだけ報酬がもらえるか、リスクはないのか、といった疑問もあるかもしれません。

これからのセクションで、その詳細についてもじっくりとお伝えしていきます。

ステーキングとマイニングの違い

暗号資産の世界では、「マイニング」と「ステーキング」という二つの主要な報酬システムが存在します。

これらは一見似ているように感じるかもしれませんが、その実態は大きく異なります。

特に、ビットコインを始めとする暗号資産投資をスタートしたばかりの初心者の方々にとって、これらの違いを理解することは非常に重要です。

まず、「マイニング」についてです。マイニングは、文字通り「採掘」を意味しますが、暗号資産のコンテキストでは、計算問題を解くことで新しいコインを「採掘」し、報酬を得るプロセスを指します。

例えば、ビットコインのマイニングでは、膨大な計算を行うコンピューター(マイニングリグ)が必要となり、これが大量の電力を消費します。

これは、金鉱山で金を掘り出す作業に喩えることができ、物理的なリソース(ここでは電力)を投入して報酬を得るという点でアナロジーが成り立ちます。

一方で、「ステーキング」は、ある種の暗号資産を特定のウォレットに「預ける」ことで報酬を得るシステムです。

これは、自分の資産を「賭ける」(ステークする)ことで、ブロックチェーンネットワークのセキュリティやトランザクションの検証をサポートし、その対価として報酬を得る仕組みです。

具体的には、ある暗号通貨(例えば、イーサリアムやカルダノなど)を保有し、そのネットワークに貢献することで、新しいコインの報酬を得ることができます。

これは、銀行にお金を預けて利息をもらうことに似ています。ただし、ステーキングでは預けたコインの種類によって得られる利益(報酬)が変わります。

この二つの違いを理解するポイントは、マイニングが「物理的なリソース」を使って報酬を得るのに対し、ステーキングは「既存の資産」を使って報酬を得る、という点です。

マイニングは初期投資が大きく、電力コストも考慮する必要がありますが、ステーキングは比較的手軽に始めることができ、持っているコインをさらに増やすチャンスを提供してくれます。

どちらの方法も、暗号資産の世界で資産を増やす手段として利用されていますが、その取り組み方やリスクは異なるため、自身の投資スタイルやリスク許容度に合った方法を選ぶことが大切です。

ステーキングとレンディングの違い

ステーキングとレンディングは、暗号資産を利用して報酬を得る二つの主要な方法ですが、その違いを理解することは非常に重要です。

特に、ビットコインを始めとする暗号資産投資をスタートしたばかりの初心者の方々にとって、これらの違いを把握することは、賢明な投資戦略を築く上で役立ちます。

まず、レンディングは、文字通り「貸し出し」のことを指します。

あなたが保有しているビットコインやその他の暗号資産を、他のユーザーやプラットフォームに貸し出し、その利用に対して利息を得る活動です。

例えば、あなたが100ドル分のビットコインを貸し出し、年利10%でレンディングを行うと、1年後には10ドルの利益が得られる、という具体的なイメージです。

レンディングは、比較的リスクは低いものの、利回りも控えめとなることが多いです。

一方で、ステーキングは、あなたが保有する暗号資産を特定のネットワークに「拘束」または「預け入れ」し、そのネットワークのセキュリティやトランザクションの検証に協力することで報酬を得る活動です。

この「預け入れ」は、一般的な銀行の預金とは異なり、ブロックチェーンネットワークの安定化やセキュリティ向上に寄与します。

例を挙げると、あるコインをステーキングすることで、そのコインのネットワークがスムーズに動作するのを手助けし、その「お手伝い」に対して報酬を得るわけです。

ステーキングは、レンディングに比べてリスクが高い場合がありますが、それに見合った高いリターンを期待することができます。

これらの違いを理解し、自分の投資スタイルやリスク許容度に合った方法を選ぶことが、暗号資産投資において重要となります。

もし、安定した利益を求めるのであればレンディングが、高いリターンを目指すのであればステーキングが、それぞれ適していると言えるでしょう。

ステーキングで得られる報酬の仕組み

ステーキングとは、ざっくり言うと、自分が持っている暗号資産(ビットコインなど)を特定の場所に「預ける」ことで、追加の報酬を得ることができるシステムです。

この報酬の仕組みは、ちょっとした「お小遣い」のようなものと考えるとわかりやすいかもしれません。では、この報酬はどのようにして生まれるのでしょうか?

まず、ステーキング報酬の計算は、預け入れている暗号資産の量、預け入れ期間、そして選んだプラットフォーム(サービス提供者)によって異なります。

通常、この報酬は「年利」で表示され、これは銀行の定期預金の利率と同じ考え方です。

例えば、年利5%であれば、1年間預け入れた暗号資産が5%増える、という意味になります。

次に、この報酬がどこから出てくるのかというと、ステーキングはブロックチェーンネットワークの安定化に寄与しています。

預け入れられた資産は、ネットワークを安全に保つための「担保」のような役割を果たし、その「役割」に対して報酬が支払われるのです。

具体的には、新しいブロックを生成したり、トランザクションを確認したりする作業(これを「バリデーション」と言います)に使われます。

さらに、ステーキングを行うプラットフォームやサービスによっては、特定の期間ステーキングを行うと、ボーナス報酬がもらえる場合もあります。

これは、例えば「3ヶ月間続けてステーキングすると、0.5%のボーナス!」といった形で提供されることがあります。

このようにして、ステーキングでは、あなたの持っている暗号資産を「働かせる」ことで、パッシブインカムを得ることが可能になります。

もちろん、どれだけ報酬がもらえるかは、選んだプラットフォームや暗号資産、市場状況によるので、様々な情報を比較・検討して、自分に合ったステーキングを楽しんでくださいね。

ステーキイングがオススメの人

ステーキングは、特に長期間暗号資産を保有している人や、追加の収益を得たいと考えている人にオススメの方法です。

例えば、ビットコインを購入して保有しているだけでも価値が上がる可能性はありますが、ステーキングを利用することで、その保有している期間にもう一つの収益源を得ることができます。

初心者の方にも分かりやすく説明すると、ステーキングは「銀行の定期預金」に少し似ています。

定期預金は、お金を一定期間銀行に預けることで、その期間にわたって利息がもらえるシステムですね。

ステーキングも、ビットコインなどの暗号資産を特定の場所(ウォレットや取引所)に「預ける」ことで、その「預けている」期間にわたって報酬がもらえる仕組みです。

特に、ビットコインをはじめとする暗号資産を「長期で保持するつもり」の方は、その間にステーキングを行うことで、単に保持するだけでなく、追加で報酬を得ることができ、資産の増加をより効率的に行うことができます。

また、ステーキングは、新しい暗号資産プロジェクトをサポートする手段ともなり、ブロックチェーンエコシステム全体の発展にも寄与します。

これは、あなたが支えるプロジェクトが成功することで、その価値も上がり、さらなる利益を享受できる可能性があるという点でも魅力的です。

もちろん、ステーキングにはリスクも存在します。

ですが、そのリスクを理解し、適切な知識を持ってアプローチすることで、暗号資産投資をより楽しく、かつ利益を追求する手段としてステーキングを活用する道が広がります。

冒頭にもお伝えしましたが、ステーキングするならビットポイントです。

今なら3,000円分の暗号資産が手に入るビットポイントでの口座開設は超オススメです。

>>ビットポイントの公式サイトはこちら

紹介コード入力をお忘れなく。

ステーキングをオススメしない人

暗号資産、特にビットコインに投資を始めたばかりの初心者の方々にとって、ステーキングは一つの選択肢として考えられますが、すべての人に合うわけではありません。

まず、短期間での利益を追求するトレーダーの方々には、ステーキングは必ずしも最適ではありません。例えば、株やFXのように短期間で価格の上下を予想して取引を行う方々は、ステーキングによって資産が一定期間ロックされることが多いため、柔軟な取引が難しくなることが考えられます。

また、ビットコインや他の暗号資産の価格は非常に変動が激しいと言われています。

この価格の変動リスクを極力避けたいと考える方々にとっても、ステーキングはリスクが伴う可能性があります。

例を挙げると、ある日突然、保有している暗号資産の価格が大きく下落する場面も考えられますが、ステーキング中はその資産を即座に売却することが難しいため、損失を最小限に抑える行動が取りづらくなることがあります。

さらに、ビットコインを始めとする暗号資産は、まだ新しい投資対象として捉えられているため、その仕組みや特性を十分に理解していない初心者の方々が、知識不足のままステーキングを行うと、予期しないリスクに直面する可能性も考えられます。

例えば、ステーキングの際に使用するウォレットの選び方や、ステーキングの条件など、細かな点に注意が必要です。

このように、ステーキングは一見魅力的な投資方法として捉えられますが、その背景にある仕組みやリスクをしっかりと理解し、自身の投資スタイルや目的に合致しているかを検討することが大切です。

一気にオススメの取引所まで飛ぶ>>

一気にオススメの銘柄まで飛ぶ>>

暗号資産ステーキングのメリット

暗号資産、特にビットコインやイーサリアムに興味を持ち始めたあなた。投資の世界は複雑で、どこから手をつけていいかわからないと感じているかもしれません。

そんなあなたに、ステーキングという新しい形の投資をご紹介します。

ステーキングなら、難しい取引は一切不要。保有しているだけで、まるで利子がつく定期預金のように、報酬が得られます。

しかもその利回りは、一般的な銀行の定期預金を大きく上回るもの。

このセクションでは、ステーキングの魅力的なメリットを深掘りし、あなたがステーキングを始める一歩を踏み出す手助けをします。賢い投資で、あなたの資産を増やしましょう。

複雑な手続きが不要ですぐに始める事ができる

暗号資産ステーキングの一番のメリットは、その手軽さにあります。

特に、初心者の方が投資を始める際、多くの手続きや複雑な操作が必要ないのは大きな利点です。ステーキングは、基本的には暗号資産を特定のウォレットに保管しておくだけ。

これにより、ネットワークのセキュリティを支え、報酬を得ることができます。

具体的な手順としては、まずステーキングをサポートしている取引所にアカウントを作成し、必要な確認手続きを完了します。

次に、ステーキングを行いたい暗号資産を購入し、ステーキングオプションを選択。これだけで、あなたはステーキングの世界に足を踏み入れることができます。

このシンプルなプロセスは、時間と労力を大きく節約し、投資のハードルを低く抑えてくれます。

また、多くの取引所では、ステーキングに関するガイドやヘルプが充実しているため、もし迷ったとしてもすぐに解決策を見つけることができます。

これにより、誰でも気軽に、そして安心して暗号資産投資を始める一歩を踏み出すことができるのです。

保有しておくだけで報酬が得られる

暗号資産ステーキングは、その名の通り、特定の暗号資産を「保有しておく」だけで報酬を得ることができる非常にユーザーフレンドリーな投資法です。

これは、銀行の定期預金に少し似ていますが、通常の銀行預金と比較して利益率が高いことが多いのが特徴です。

具体的には、ユーザーは選んだ暗号資産をステーキング対応のウォレットや取引所に預け、一定期間保持します。

そして、その「保持している」行為がブロックチェーンネットワークの安定化やセキュリティの向上に寄与することから、報酬がもらえるのです。

この報酬は、ステーキングしている暗号資産の種類や、保有量、保有期間によって異なります。

一般的には、報酬は新しく発行されるコイン(インフレーション報酬)や、ネットワークの取引手数料などから支払われます。

このシステムの美点は、ユーザーが積極的に取引を行う必要がなく、単に保有しているだけで収益を得ることができる点にあります。

特に、長期的な価値上昇を見込んでいるコインを保有している場合、価格上昇に加えてステーキング報酬を得ることができるため、二重のメリットを享受することができます。

もちろん、投資にはリスクが伴います。

ステーキング報酬がある一方で、保有している暗号資産の価格が下落する可能性もあります。

ですので、どの暗号資産をステーキングするか、どれくらいの期間保持するかは、慎重なリサーチと計画が必要です。

ステーキングは、暗号資産の世界において、手軽でアクティブな管理が不要な投資法として多くの初心者にもオススメされています。

もちろん、どのコインを選ぶか、どのプラットフォームを利用するかなど、基本的な知識とリサーチは必要になりますが、一度セットアップしてしまえば、あとは放っておくだけで報酬が得られるのが魅力です。

大手の銀行よりも利回りが高い

暗号資産ステーキングは、多くの場合、伝統的な銀行の預金サービスと比較して高い利回りを提供します。

これは、ブロックチェーンテクノロジーとそのエコシステムが、従来の金融システムとは異なる運用モデルを持っているためです。

一般的な銀行の利息(利回り)は、中央銀行の金利政策や国の経済状況に大きく影響を受けます。

多くの国では、近年の低金利政策が続いており、銀行の預金利息も非常に低いものとなっています。

一方で、暗号資産ステーキングの利回りは、プロジェクトのエコシステム内で生成されるため、一般的な銀行の利息とは異なる動きをします。

ステーキングの利回りは、そのプロジェクトのネットワークに参加しているユーザーへのインセンティブとして機能します。

つまり、コインをステーキングすることでネットワークのセキュリティを強化し、トランザクションの検証をサポートしているユーザーに対して、その報酬として高い利回りが提供されるのです。

例えば、一部の暗号資産プロジェクトでは年利10%以上のステーキング報酬が提供されていることもあります。これは、ほとんどの国の銀行の定期預金利率と比較して非常に高いものです。

もちろん、暗号資産の価格変動リスクを考慮する必要がありますが、価格の安定しているコインを選べば、比較的安定した高利回りを享受することが可能です。

このような利回りの高さは、暗号資産への投資を魅力的なものとしていますが、その一方で、高利回り=高リスクとも言えるため、投資するコインの選定や、投資金額、ステーキング期間などは慎重に選ぶ必要があります。

また、利回りが非常に高いプロジェクトは、その持続可能性についてもしっかりとリサーチし、理解した上で参加することが重要です。

暗号資産の価格が上がると報酬が増える

暗号資産ステーキングは、その本質上、投資された資産の価格変動に直結した報酬システムを持っています。

これは、ステーキング報酬が通常、ステーキングしている暗号資産自体(例:ETH、ADAなど)で支払われるため、その資産の価格が上昇すると、報酬の価値も同時に増加します。

具体的には、ある暗号資産をステーキングすることで、定期的にその暗号資産として報酬を得ることができます。

例えば、あるコインAをステーキングして月に10コインの報酬を得るとしましょう。

コインAの価格が1コインあたり100ドルの時と、200ドルの時では、同じ10コインの報酬でも、その価値は異なります。

前者では1000ドル、後者では2000ドルの価値となります。

このように、ステーキング報酬は暗号資産の価格にリンクしているため、価格が上昇すると報酬の価値も増えるというメリットがあります。

もちろん、これは逆もまた真であり、価格が下落すると報酬の価値も減少します。

したがって、ステーキングを行う際には、将来的な価格の見通しや、その暗号資産の基本的な価値をしっかりと理解し、慎重に選定することが重要となります。

また、価格が上昇することで得られる利益は、単なる報酬だけでなく、ステーキングしている本体の資産価値も上昇するため、その総利益はさらに増加します。

このポイントは、長期的な投資戦略を持つ投資家にとって、非常に魅力的な要素となります。

暗号資産の価格は非常にボラティリティが高いため、ステーキングを行う際には、そのリスクをしっかりと理解し、リスク管理を行うことも忘れてはなりません。

価格の変動を理解し、冷静な判断でステーキングを行うことで、賢明な投資となるでしょう。

銘柄の価格が下がっても相殺できる

暗号資産ステーキングは、その特性上、市場価格の変動リスクをある程度緩和するメリットを持っています。

具体的には、ステーキングによって得られる報酬が、銘柄の価格が下がった場合でも一定の収益をもたらすため、価格の下落リスクを相殺する効果があります。

例えば、ある暗号資産をステーキングしていると、定期的にその暗号資産として報酬を得ることができます。

もし、その暗号資産の市場価格が下がった場合でも、ステーキング報酬によって得られる新しい暗号資産があるため、その報酬分が損失を一部補填してくれる形となります。

たとえば、あるコインAをステーキングして月に5コインの報酬を得るとします。

もしコインAの価格が下がっても、ステーキング報酬として毎月コインAを追加で得ることができるため、その分だけポートフォリオの価値を保つことができます。

これは、価格が下がった場合でも一定の「補填」を行うことができるというメリットとなります。

もちろん、この相殺効果が投資全体のリスクを完全にカバーするわけではありません。

ステーキング報酬が市場価格の下落を超えていない限り、全体的な損失を防ぐことはできません。

しかし、単純に保有するだけでなく、ステーキングを利用することで、一定の収益を得ることができ、全体のリスクヘッジとなり得ます。

このメリットを最大限に活かすためには、ステーキング報酬の高い銘柄を選ぶ、または安定したプロジェクトを選ぶなど、慎重な選定が必要です。

そして、ステーキングを行うことで得られる報酬と、市場価格の変動を常にチェックし、バランスを見ながら投資戦略を考えることが重要となります。

お得なキャンペーンに参加できる。

暗号資産ステーキングは、多くの取引所やプラットフォームで利用可能となっており、その中には、ユーザーを引きつけ、ロイヤルティを高めるために、さまざまなキャンペーンを展開しているところもあります。

これらのキャンペーンは、ステーキングを通じて追加の報酬を得るチャンスを提供し、投資家にとってさらなるメリットをもたらします。

例えば、一部のプラットフォームでは、特定の期間中にステーキングを開始すると、通常の報酬率に加えて、追加のボーナス報酬を提供するキャンペーンを行っています。

また、新しい暗号資産がステーキングプログラムに追加された際に、プロモーションとして高い報酬率を設定する場合もあります。

これらのキャンペーンは、通常のステーキング報酬に加えて、追加の利益を享受する絶好のチャンスとなります。

特に、長期間にわたり暗号資産を保有する投資家にとっては、このようなキャンペーンは投資リターンを向上させる素晴らしい機会となるでしょう。

ただし、キャンペーンには通常、一定の条件やルールが適用されるため、参加する前に詳細な条件を確認し、理解することが重要です。

例えば、追加報酬を受け取るための最低ステーキング期間や、報酬の受け取り方法など、細かなポイントを把握しておく必要があります。

また、キャンペーンに飛びつく前に、そのプラットフォームや暗号資産が信頼性のあるものであるかをしっかりと評価することも大切です。

高い報酬率や魅力的なキャンペーンが用意されている場合でも、基本的なリスク評価を怠らないようにしましょう。

このようにして、ステーキングキャンペーンを上手く利用することで、投資家は自身の資産をより効果的に増やす手段を得ることができます。

もちろん、全ての投資がリスクを伴うことを理解し、慎重な判断をもとに行動を選ぶことが大切です。

一気にオススメの取引所まで飛ぶ>>

一気にオススメの銘柄まで飛ぶ>>

暗号資産ステーキングのデメリット

暗号資産ステーキングは、その手軽さと安定した報酬が魅力とされ、多くの投資家に支持されています。

しかし、どんな投資手法にもリスクやデメリットは存在します。ステーキングも例外ではありません。

ここでは、ステーキングの裏側に潜む、知っておくべきポイントを深掘りしていきます。

大きな利益の夢を追い求めるあまり、見過ごしてしまいがちなこれらの要素が、あなたの資産を守るカギとなるかもしれません。

投資の世界には「リスクとリターンは表裏一体」という言葉がありますが、ステーキングにおいてもこの法則はしっかりと当てはまります。

どうぞ、次のセクションでステーキングのデメリットを理解し、賢明な投資判断を下してください。

大きな利益獲得ができない

暗号資産ステーキングは、多くの場合、安定した報酬を期待することができる投資手法とされています。

しかし、「大きな利益」を追求する投資家にとっては、その報酬率に物足りなさを感じるかもしれません。

ステーキングの報酬は、通常、年利で表され、多くのプラットフォームや通貨では、1%から20%程度の範囲内で動いています。

これは確かに、一般的な銀行の定期預金などと比較すると高い利回りと言えるかもしれません。

しかし、暗号資産市場における価格の変動を考えると、ステーキングによる報酬が大きな利益をもたらすとは限りません。

例えば、ある通貨をステーキングして年利10%の報酬を得られるとします。

一方で、その通貨の価格が1年間で20%下落した場合、実質的な利益はマイナスとなってしまいます。

また、他の投資機会(例えば、アクティブなトレーディングや他の投資プロジェクトへの投資など)がステーキングの報酬を上回る可能性もあります。

さらに、ステーキング報酬が「利益」となるかは、使用するプラットフォームや通貨、市場環境にもよります。

一部のプロジェクトでは、報酬として得られた通貨の価値が、将来的に下落する可能性もあります。そのため、ステーキング報酬が紙切れになるリスクも無視できません。

このように、ステーキングは安定した報酬を得る手段としては有効ですが、「大きな利益」を追求する場合、他の投資戦略を併用する、または別のアプローチを取ることを検討する価値があります。

資産の一部をステーキングに充て、残りで異なる戦略を取るなど、ポートフォリオ全体のバランスを考慮しながら投資を行うことが大切です。

短期的な利益獲得ができない

暗号資産ステーキングは、基本的には中長期の投資戦略として考えられています。

これは、ステーキング報酬が一定の期間を経て配布されるため、短期間での利益を追求するのは難しいからです。

具体的には、ステーキングには「ロックアップ期間」が設定されていることが多く、この期間中はステーキングしている資産を引き出すことができません。

また、報酬の分配も日次、週次、月次など、プラットフォームや暗号資産によって異なります。

短期トレードを好む投資家にとっては、このロックアップ期間や報酬の分配サイクルがハードルとなり得ます。

例えば、価格の変動が激しい市場環境下では、ステーキング中に価格が大きく動いても、ロックアップ期間中はその資産を売買することができないため、短期的なトレードチャンスを逃してしまう可能性があります。

また、ステーキング報酬も一定であり、市場価格の急激な上昇による大きな利益を追求することはできません。

したがって、ステーキングは安定した報酬を得ることを目的とした、長期的な投資戦略として捉えることが重要です。

短期的な利益を追求するトレーダーは、ステーキングの特性を理解し、他の投資手法とバランスよく組み合わせることで、リスクヘッジを図る戦略を検討すると良いでしょう。

ステーキングしている銘柄の価格が下がる

暗号資産ステーキングは、投資家に対して報酬を提供する一方で、ステーキングしている銘柄自体の価格変動リスクも孕んでいます。

特に、暗号資産市場はそのボラティリティ(価格の変動幅)が大きいことで知られており、ステーキング中の銘柄価格が下がる可能性も十分に考えられます。

価格が下がる理由は多岐にわたります。

技術的な問題、プロジェクトの運営陣に関するネガティブなニュース、市場全体のセンチメントの低下、マクロ経済の影響など、様々な要因が価格を下落させるトリガーとなり得ます。

ステーキング報酬は、多くの場合、ステーキングしている銘柄と同じ通貨で支払われます。

したがって、その銘柄の価格が下がると、報酬の実質的な価値も低下します。

例えば、ある時点でステーキング報酬が100コイン受け取れたとしても、そのコインの価格が半減してしまえば、報酬の価値も半分になってしまいます。

このリスクを軽減するためには、ステーキングする銘柄の選定が重要となります。

プロジェクトの基本情報(チーム、ビジョン、技術、パートナーシップなど)をしっかりとリサーチし、将来性があり、安定した運営がされているプロジェクトを選ぶことが基本です。

また、ポートフォリオを適切に分散させることで、一つの銘柄に依存しない投資戦略を構築することも重要です。

ステーキングは一見リスクフリーな投資手法に見えるかもしれませんが、実際には価格変動リスクをはじめとした複数のリスクが存在します。

そのため、投資する前に十分なリサーチと理解が必要となります。

ステーキング中の銘柄を売る事ができない

暗号資産ステーキングは、報酬を得るために一定期間、特定の暗号資産をブロックチェーンネットワークに「ロック」する行為です。

この「ロック」は、ステーキング契約に基づくものであり、その期間中は通常、暗号資産を自由に売買することができません。

これは、ステーキングのメリットである一定の報酬を得ることと引き換えのリスクとも言える部分です。

ステーキング中は、その銘柄が市場でどれだけ価格変動を起こしていても、売買できないため、利益を最大化するチャンスを逃す可能性もあります。

例えば、ステーキング中にその銘柄の価格が急騰した場合、売却して利益を得ることはできません。逆に、価格が急落しても、売却して損失を抑えることもできません。

また、ステーキング期間中に市場全体が大きく動くニュースやイベントがあった場合、ステーキングを解除してすぐに売却することができないため、市場の動きに迅速に対応することが難しくなります。

これらのリスクを考慮してステーキングを行う際には、次のポイントが考えられます:

  • リスク管理:投資全体としてのリスクを管理し、ステーキングに使用する資産がポートフォリオ全体のうちどれくらいの割合になるのかを計画的に決定します。
  • 期間の選定:ステーキングの期間を慎重に選び、その間の市場の動きを予測しましょう。短期間のステーキングオプションを選ぶことで、一部のリスクを軽減できるかもしれません。
  • 情報の収集:ステーキングを行う前に、その銘柄の市場動向、ニュース、開発状況などをしっかりとチェックし、将来性を見極めることが重要です。

ステーキングは、一定の報酬を得ることができる投資手法ですが、それには上記のようなリスクが伴います。したがって、ステーキングを行う際には、十分なリサーチと計画が必要となります。

ステーキング対象銘柄が限られている。

暗号資産ステーキングは、投資家にとって魅力的な報酬を提供する一方で、その対象となる銘柄は限られています。

すべての暗号資産がステーキングの対象となるわけではなく、ステーキングが可能な銘柄は、そのプロジェクトが採用しているブロックチェーンのコンセンサスメカニズム(合意形成のプロセス)に依存します。

ステーキングが可能な主な暗号資産は、Proof of Stake(PoS)またはその派生形のコンセンサスメカニズムを採用しています。

PoSメカニズムでは、トランザクションの検証とブロックの追加が、保有しているコインの量や保有期間に基づいて行われます。

一方、BitcoinのようなProof of Work(PoW)メカニズムを採用している暗号資産は、ステーキングの対象とはなりません。

ここでいくつかのポイントを挙げます:

  • 選択肢の限定:ステーキング対象の銘柄が限られているため、投資家はその中から選ばなければなりません。これは、多様なポートフォリオを構築する上での選択肢を制限する可能性があります。
  • リサーチの重要性:ステーキング対象の銘柄を選ぶ際には、そのプロジェクトの将来性や安定性、コミュニティの活動性などをしっかりとリサーチすることが重要です。
  • テクノロジーの理解:異なるプロジェクトや銘柄が採用しているテクノロジーやコンセンサスメカニズムを理解することで、投資の判断材料にすることができます。

ステーキングが可能な暗号資産も日々増えてはいますが、投資を行う前には、その銘柄が将来的に安定して報酬をもたらしてくれる可能性があるのか、しっかりとしたリサーチと分析が必要です。

また、ステーキングによる報酬が魅力的であっても、その銘柄自体の価格が将来的に下落する可能性も考慮に入れ、リスク管理を怠らないようにしましょう。

ハッキングされるリスクがある。

暗号資産の世界は、そのデジタルな特性上、ハッキングのリスクを常に抱えています。

ステーキングも例外ではなく、このアクティビティがハッキングのターゲットになる可能性があります。

特に、オンラインのプラットフォームや取引所でステーキングを行う場合、セキュリティの問題がクローズアップされます。

以下は、ステーキングにおけるハッキングリスクに関するいくつかのポイントです:

  • 取引所やウォレットのセキュリティ:ステーキングサービスを提供しているプラットフォームや取引所がハッキングに遭うと、そこに預けていた資産が盗まれる可能性があります。これは、不正アクセスによる直接的な損失をもたらす可能性があります。
  • スマートコントラクトの脆弱性:一部のステーキングプロジェクトでは、スマートコントラクトを利用しています。これらのコントラクトに未知のセキュリティホールやバグが存在すると、ハッカーに悪用される可能性があります。
  • フィッシング攻撃:ユーザー自身がフィッシングサイトなどに誘導され、秘密鍵やログイン情報を盗まれるリスクも存在します。これは、個人の資産を直接的に危険にさらす可能性があります。
  • DeFiプラットフォームのリスク:ステーキングを利用したDeFiプラットフォームもハッキングの対象となり得ます。プラットフォーム自体のセキュリティレベルや、使用されているスマートコントラクトの安全性が問われることとなります。

これらのリスクを軽減するためには、以下のアクションを考慮すると良いでしょう:

  • セキュリティの強化:2段階認証やハードウェアウォレットなど、セキュリティを強化する手段を利用しましょう。
  • プラットフォームの選定:信頼性のある、セキュリティ対策が整ったプラットフォームや取引所を選ぶことが重要です。
  • 情報の確認:フィッシングサイトに注意し、訪れるウェブサイトやメールのリンクが正規のものであるか常に確認しましょう。
  • プロジェクトのリサーチ:ステーキングを行うプロジェクトの背景やセキュリティ対策、コミュニティの評判をリサーチしましょう。

ステーキングは報酬を得る手段として魅力的ですが、そのリスクも理解し、適切な対策を講じることが資産を守る上で不可欠です。

テクノロジーが変更される

暗号資産のステーキングは、その背後にあるテクノロジー、特にブロックチェーンテクノロジーと密接にリンクしています。

このテクノロジーは、まだ発展途上であり、新しい発見や改善が日々行われています。

その結果、ステーキングに使用されるテクノロジーも変更やアップデートが行われる可能性があります。これにはいくつかの側面が考えられます

プロトコルのアップデート:ブロックチェーンネットワークは、セキュリティの強化やパフォーマンスの向上を目的として、定期的にプロトコルをアップデートします。これにより、ステーキングのメカニズムや報酬体系が変更される可能性があります。

新しいテクノロジーの導入:新しいブロックチェーンテクノロジーが登場することで、ステーキングのプロセスやセキュリティが変わる可能性があります。例えば、イーサリアムはProof of Work(PoW)からProof of Stake(PoS)への移行を計画しており、これによりステーキングの環境が大きく変わります。

コンセンサスアルゴリズムの変更:ブロックチェーンはコンセンサスアルゴリズムに依存しており、これが変更されるとステーキングのルールも変わる可能性があります。これは、報酬の分配やバリデータの役割に影響を与える可能性があります。

セキュリティの強化:ブロックチェーンネットワークは、セキュリティを強化するためにテクノロジーをアップデートすることがあります。これにより、ステーキングに必要な手順やセキュリティ対策が変更される可能性があります。

これらのテクノロジーの変化は、ステーキング参加者にとって新しい学習を必要とする場合があります。

また、変更に適応するためには、ウォレットのアップデートや新しいソフトウェアのインストール、新しいルールへの適応など、ユーザー側で行うべきアクションが求められることもあります。

ステーキングを行う際には、参加しているプロジェクトのアップデート情報や公式アナウンスメントを定期的にチェックし、テクノロジーの変更に素早く対応できるようにしましょう。

これにより、ステーキングの効率やセキュリティを維持し、予期せぬリスクから資産を守ることができます。

取引所の破綻

暗号資産の世界は、その革新的なテクノロジーと共に、多くのリスクも抱えています。

その一つが、取引所の破綻です。取引所は、ユーザーが暗号資産を購入、売却、そしてステーキングを行う場となっていますが、これらのプラットフォームが経済的な困難やセキュリティ上の問題に直面し、サービスを停止するケースが過去にもいくつか報告されています。

  • 資産のロス:取引所が破綻すると、そのプラットフォーム上で保管していた暗号資産がアクセス不能になる可能性があります。これは、ユーザーが保有していた資産を失うリスクを意味します。
  • ステーキング報酬の損失:ステーキング中の資産もまた、取引所の破綻によりアクセスできなくなる可能性があります。これにより、期待していたステーキング報酬も受け取ることができなくなるかもしれません。
  • 取引の停止:取引所がサービスを停止すると、資産の売買ができなくなります。市場が急変した際に、資産を売却または購入することができないリスクがあります。
  • 信頼の喪失:取引所の破綻は、そのプラットフォームに対する信頼を失わせ、暗号資産業界全体のイメージを損なう可能性があります。

取引所の選び方や、資産の管理方法には注意が必要です。以下は、取引所のリスクを軽減するためのいくつかのポイントです:

  • 分散投資:すべての資産を一つの取引所に預けるのではなく、複数のプラットフォームに分散させることを検討しましょう。
  • 自己管理:可能な限り、自分でコントロールできるウォレット(ハードウェアウォレットなど)を利用し、大部分の資産は自己管理することをお勧めします。
  • 取引所の評判チェック:取引所を選ぶ際には、その評判やユーザーレビューをチェックし、信頼性を確認しましょう。
  • セキュリティの確認:取引所がどのようなセキュリティ対策を講じているかも確認し、2段階認証などのセキュリティオプションを活用しましょう。

暗号資産の取引やステーキングは、リスクとリターンがセットになっています。賢明な選択と、適切なリスク管理で、その可能性を最大限に引き出しましょう。

一気にオススメの取引所まで飛ぶ>>

一気にオススメの銘柄まで飛ぶ>>

暗号資産ステーキングの安全性について

暗号資産のステーキングは、多くの投資家にとって魅力的なオプションとなっていますが、その背後にはどれだけの安全性が保証されているのでしょうか?

「利益を追求することは大切ですが、それと同時に投資の安全性も重要です。」

このセクションでは、暗号資産ステーキングの安全性にフォーカスを当て、信頼性のあるプラットフォームの選定方法、個人として講じるべきセキュリティ対策、そしてステーキングサービスの保障について、深掘りしていきます。

あなたの資産が安全な手段で増やせるように、正しい知識と対策を身につけ、安心してステーキングを楽しみましょう。

信頼性のあるプラットフォームの選定

暗号資産ステーキングを始める際、最初の一歩として非常に重要なのが、信頼性のあるプラットフォームを選定することです。

これは、あなたの資産と将来の利益を守る基盤となります。では、どのようにして信頼できるプラットフォームを見極めるべきでしょうか?

歴史と実績:

長い歴史と実績があるプラットフォームは、時間をかけてその信頼性を築いています。

過去のユーザーレビューやニュースをチェックして、そのプラットフォームが過去に大きなセキュリティ問題を抱えていないかを確認しましょう。

セキュリティ対策:

プラットフォームがどのようなセキュリティ対策を講じているかを確認します。

2要素認証(2FA)、冷蔵ウォレットでの資産保管、保険などが整っているかをチェックしましょう。

利用者の声:

他の利用者がプラットフォームについてどう評価しているかも重要なポイントです。

オンラインでのレビューやフォーラムを探して、実際のユーザーエクスペリエンスを確認しましょう。

カスタマーサポート:

万が一の問題に迅速かつ適切に対応してくれるカスタマーサポートは、プラットフォームの信頼性を示す重要な要素です。

サポートが24/7利用可能で、複数のコンタクトチャネル(メール、チャット、電話)を提供しているかを確認しましょう。

法的コンプライアンス:

プラットフォームが所在地の法律を遵守し、適切なライセンスを持っているかも確認が必要です。

これは、プラットフォームが正当なビジネスを行っている証拠となります。

ユーザビリティ:

インターフェースが使いやすく、情報が透明であるかも重要です。

あなたが必要とするすべての情報や機能に簡単にアクセスできるかを確認しましょう。

報酬と条件:

ステーキングの報酬やその他の条件もしっかりと確認しましょう。

報酬が市場平均と比較して異常に高い、または低い場合、その理由を理解することが重要です。

これらのポイントを基に、複数のプラットフォームを比較検討することで、あなたのニーズに最も適した、信頼性のあるステーキングプラットフォームを選ぶ手助けとなるでしょう。

自身のセキュリティ対策

暗号資産をステーキングする際、プラットフォームのセキュリティはもちろん重要ですが、個人としても適切なセキュリティ対策を講じることが不可欠です。

以下、自身のセキュリティを強化するためのポイントをいくつかご紹介します。

強固なパスワード:

パスワードは、アカウントの最初の防御ラインです。複雑で予測不可能なパスワードを使用し、定期的に更新しましょう。大文字、小文字、数字、特殊文字を組み合わせることをお勧めします。

2要素認証(2FA)の利用:

2FAは、アカウントへの不正アクセスを防ぐ追加のセキュリティレイヤーを提供します。SMSコードや認証アプリ(Google Authenticatorなど)を利用して、ログイン時に二段階の認証を行います。

ウイルス対策ソフトの導入:

パソコンやスマートフォンにウイルス対策ソフトを導入し、常に最新の状態に更新しておきましょう。これにより、マルウェアやフィッシング詐欺から保護されます。

フィッシング詐欺の警戒:

メールやSNSで受け取ったリンクや添付ファイルを開く際は十分注意しましょう。公式な通知であっても、URLやメールアドレスを確認し、疑わしい点があればプラットフォームのサポートに直接問い合わせましょう。

バックアップの作成:

重要な情報(パスワード、秘密鍵など)はオフラインで安全にバックアップし、物理的なセキュリティも確保しましょう。紙やハードウェアウォレットなど、ハッキングのリスクから隔離された方法を選びます。

プライバシーの保護:

公開する情報には注意が必要です。自身の資産や取引に関する情報をSNSなどで公開しないようにしましょう。これらの情報が悪意のある者に利用される可能性があります。

ネットワークセキュリティ:

安全でないネットワーク(公共のWi-Fiなど)を使用する際は、VPNを利用して通信を暗号化し、セキュリティを強化しましょう。

取引履歴の定期チェック:

アカウントの取引履歴を定期的に確認し、不審な動きがないかをチェックしましょう。異常が見られた場合は、速やかにプラットフォームのサポートに連絡を取りましょう。

これらのセキュリティ対策を実践することで、ステーキングをより安全に楽しむことができます。自身の資産を守るために、日々の小さな注意が大切です。

ステーキングサービスの保障

暗号資産ステーキングは、多くの利点を持つ一方で、リスクも存在します。そのため、ステーキングサービスが提供する保障についてもしっかりと理解しておくことが重要です。以下、主な保障とその詳細について解説します。

資産の保管:

多くのステーキングサービスは、資産を安全に保管するために「コールドウォレット」を使用します。これはインターネットから切断された状態で資産を保管する方法で、ハッキングのリスクを大幅に減らします。

保険:

一部の大手ステーキングプラットフォームは、資産に対する保険を提供しています。この保険により、システムの障害やハッキングによる資産の損失が補填される場合があります。

監査と透明性:

信頼性のあるステーキングサービスは、定期的なセキュリティ監査を受け、その結果を公開しています。これにより、サービスがどれだけ安全かをユーザーが判断できます。

カスタマーサポート:

何か問題が発生した場合、迅速かつ適切に対応するカスタマーサポートが整っているかも重要なポイントです。多くのサービスでは、24/7のサポートを提供しています。

契約内容の明示:

ステーキングに関する契約内容(報酬率、期間、解約条件など)は、明確にされていることが多いです。これにより、ユーザーは自分がどのような条件でステーキングを行っているのかを確認できます。

コミュニティとレビュー:

サービスの信頼性は、他のユーザーからのフィードバックやレビュー、コミュニティの活動状況などからも窺い知ることができます。

法的コンプライアンス:

各国の法律に適合しているかどうかも、サービスの信頼性を測る一つの指標です。特に、規制が厳しい国で認可を受けている場合、そのサービスは比較的安全と言えるでしょう。

以上のような保障が整っているステーキングサービスを選ぶことで、リスクを最小限に抑えつつ、安心して資産を増やすことが可能です。ただし、最終的な判断はユーザー自身が行うべきですので、各サービスの詳細と条件をしっかりと確認しましょう。

暗号資産ステーキングにオススメの国内取引所

暗号資産ステーキングは、仮想通貨の保有者がさらなる収益を上げるための一つの手段として急速に人気を集めています。

しかし、ステーキングを始めるには、信頼性や利便性、報酬率など多くの要素を考慮する必要があります。

特に、どの取引所を選ぶかは非常に重要な決断です。

国内取引所は日本の法制度に基づいて運営されているため、安全性が高く、日本語のサポートも充実しています。

このセクションでは、ステーキングに特にオススメの国内取引所を紹介します。

など、各取引所の特徴や提供するステーキングサービス、報酬率などを詳しく解説します。

これからステーキングを始めようと考えている方、既に始めているが取引所を変更したいと考えている方にとって、この情報は非常に価値のあるものとなるでしょう。

お読みいただき、最適な取引所選びの参考にしてください。

なお、評価の基準は超初心者向けにお得な銘柄や投資の自由度、安全性を考慮しています。

こちらは暗号資産ステーキングにオススメの国内暗号資産取引所徹底比較表です。

スクロールできます
取引所名
公式サイトOKコインビットポイントGMOコインコインチェックビットフライヤー
ステーキング対応銘柄TRX
PLT
ZIL
IOST
ATOM
ADA
ETH
TRX
DOT
ATOM
SOL
XYM
XTZ
QTUM
ASTR
ADA
LISK
※2021年8月以降一時停止
LISK 
※2021年2月開始、現在は一時停止中
対象者期間中に対象銘柄を
保有している
期間中に対象銘柄を
保有している
期間中に対象銘柄を
保有している
平均10LISK保有平均10LISK保有
報酬受け取り日毎日16:00以降ATOM:毎月26日
ADA:毎月24日
ETH:毎月4日
TRX:毎月11日
毎月10日
(土日祝の場合は翌平日)
一時停止中一時停止中
年率決定日毎日16:00以降ATOM:毎月26日
ADA:毎月24日
ETH:毎月4日
TRX:毎月11日
毎月10日
(土日祝の場合は翌平日)
一時停止中一時停止中
ステーキング限度TRX:下限上限あり
PLT:下限上限あり
ZIL:下限上限あり
IOST:下限上限あり
なしなし一時停止中一時停止中
資産ロックなしなしなし一時停止中一時停止中
手数料なしなし報酬の28%一時停止中一時停止中
年利TRX:1.88%
PLT:8.88%
ZIL:3.88%
IOST:1.88%
ATOM:~22%
ADA:~5.3%
ETH:~5.0%
TRX:~4.3%
DOT:5.3%~7.8%
ATOM:6.5%~7.2%
SOL:4.1%~5.4%
XYM:3.2%~4.5%
XTZ:2.1%~4.3%
QTUM:1.3%~4.2%
ASTR:3.0%~3.4%
ADA:1.5%~3.0%
一時停止中一時停止中
期間TRX:1日~2か月
PLT:1日~2か月
ZIL:1日~3か月
IOST:1日~2か月
1か月1か月一時停止中一時停止中
キャンペーン友達紹介プログラム
1,000円分の
ビットコイン
プレゼント!
口座開設で
キャンペーン
もれなく
全員1,500円分の
ビットコインプレゼント
暗号資産購入で抽選
毎日10人に
現金1,000円が当たる
家族友だち
紹介キャンペーン
1,500円分の
ビットコインプレゼント!
友達紹介プログラム
1,000円分の
ビットコインプレゼント!
公式サイト公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ

1位:ステーキング銘柄も豊富でステーキングの自由度が高いOKコイン

スクロールできます
取引所名OKコイン
公式サイトOKコイン
ステーキング対応銘柄TRX(トロン)
PLT(パレットトークン)
ZIL(ジリカ)
IOST(アイオーエスティー)
対象者期間中に対象銘柄を保有している
報酬受け取り日毎日16:00以降
年率決定日毎日16:00以降
ステーキング限度TRX(トロン):下限0.00000001 TRX、上限はプランによる
PLT(パレットトークン):下限0.00000001 PLT、上限はプランによる
ZIL(ジリカ):下限0.00000001 ZIL、上限はプランによる
IOST(アイオーエスティー):下限0.00000001 IOST、上限はプランによる
資産ロックなし
手数料なし
年利TRX(トロン):1.88%
PLT(パレットトークン):8.88%
ZIL(ジリカ):3.88%
IOST(アイオーエスティー):1.88%
期間TRX(トロン):1日、1か月、2か月
PLT(パレットトークン):1日、1か月、2か月
ZIL(ジリカ):1日、2か月、3か月
IOST(アイオーエスティー):1日、半月、1か月、2か月
キャンペーンお友達紹介プログラム1,000円分のビットコインプレゼント!

ステーキングにオススメの国内暗号資産取引所1位はOKコインです。

コインチェックやビットフライヤーほど大きな取引量はありませんが、金融庁の暗号資産交換業者登録済みの信頼できる取引所です。

ステーキングできる暗号資産銘柄が多いのと、自由度が高いのが特徴です。

1日でステーキング報酬が発生するのは他の取引所にはない魅力です。

さらに、キャンペーン中で暗号資産をお得に始める事ができます。

これから暗号資産を始める初心者の方にはオススメの国内暗号資産取引所です。

\ 1日からステーキングできるから増やしやすい/

2位:イーサリアムがステーキングできるビットポイント

スクロールできます
取引所名ビットポイント
公式サイトビットポイント
ステーキング対応銘柄ATOM(コスモス)
ADA(カルダノ)
ETH(イーサリアム)
TRX(トロン)
対象者期間中に対象銘柄を保有している
報酬受け取り日ATOM(コスモス):毎月26日
ADA(カルダノ):毎月24日
ETH(イーサリアム):毎月4日
TRX(トロン):毎月11日
年率決定日ATOM(コスモス):毎月26日
ADA(カルダノ):毎月24日
ETH(イーサリアム):毎月4日
TRX(トロン):毎月11日
ステーキング限度なし
資産ロックなし
手数料なし
年利ATOM(コスモス):~22%
ADA(カルダノ):~5.3%
ETH(イーサリアム):~5.0%
TRX(トロン):~4.3%
期間1か月
キャンペーン口座開設でキャンペーンもれなく全員1,500円分のビットコインプレゼント

2位はビットポイントです。

ビットポイントも金融庁に登録されているので、安心して利用できる国内暗号資産取引所です。

OKコインのように1日でステーキングの報酬が獲得できる訳ではなく、1カ月単位でステーキング報酬を受け取る事ができます。

投資期間の自由度はOKコインと比べると劣ります。

とはいえ、イーサリアムがステーキングできる点はとても魅力的です。

イーサリアムはビットコインに次いで知名度のある暗号資産なので投資する価値があるんですよね。

イーサリアムをステーキングできるのは国内でもビットポイントだけなので、もしもイーサリアムで資産を伸ばして行きたい方はビットポイントも要チェックです。

もちろんキャンペーンも実施しており、口座開設だけで1500円分のイーサリアムがもらえるのもお得。

もしも、ビットポイントで口座開設していない方はチャンスです!

この機会にビットポイントで口座開設をしてイーサリアムをステーキングしましょう!

\ イーサリアムがステーキングできるから安心 /

3位:ステーキング銘柄の豊富さトップのGMOコイン

スクロールできます
取引所名GMOコイン
公式サイトGMOコイン
ステーキング対応銘柄DOT(ポルカドット)
ATOM(コスモス)
SOL(ソラナ)
XYM(シンボル)
XTZ(テゾス)
QTUM(クアンタム)
ASTR(アスター)
ADA(カルダノ)
対象者期間中に対象銘柄を保有している
報酬受け取り日毎月10日(土日祝の場合は翌平日)
年率決定日毎月10日(土日祝の場合は翌平日)
ステーキング限度なし
資産ロックなし
手数料報酬の28%
年利DOT(ポルカドット):5.3%~7.8%
ATOM(コスモス):6.5%~7.2%
SOL(ソラナ):4.1%~5.4%
XYM(シンボル):3.2%~4.5%
XTZ(テゾス):2.1%~4.3%
QTUM(クアンタム):1.3%~4.2%
ASTR(アスター):3.0%~3.4%
ADA(カルダノ):1.5%~3.0%
期間1か月
キャンペーン暗号資産購入で抽選毎日10人に現金1,000円が当たる

3位はGMOコインを挙げたいと思います。

もちろんGMOコインも金融庁に登録されている暗号資産取引所です。

特徴はなんといっても、ステーキングできる暗号資産銘柄の多さです。

8種類の暗号資産銘柄をステーキングできるのは国内でもGMOコインだけではないでしょうか?

一方でOKコインやビットポイントと比べて劣るのは手数料です。

GMOコインはステーキング報酬に対して手数料がかかります。

ここがマイナスポイントです。

とはいえ、GMOコインは国内暗号資産取引所でも唯一の大きな魅力があります。

それは送金手数料が無料ということ。

なにも暗号資産を増やすのはステーキングだけではありません。

レンディングという暗号資産を貸すという行為で増やす方法もあります。

その時にGMOコインの送金手数料無料は大きな効果を発揮します。

ビットレンディングというレンディング専門の金融サービスに暗号資産を預ける事で8%の高い利回りを得る事ができるんですが、そのビットレンディングとの相性がとてもいいんです。

ビットレンディングを利用するときに暗号資産を送金する必要があり、GMOコイン以外の取引所から送金するとなると送金手数料がかかります。

その点、GMOコインは送金手数料がかかりません。

なので今回はステーキングを切り口にしたランキングですがステーキングにこだわらないなら、レンディングで資産を増やす方法はアリです。

そのときにはGMOコインは有効だと思います。

\ 送料無料だからレンディング/

4位:安全に暗号資産運用したいならコインチェック

スクロールできます
取引所名コインチェック
公式サイトコインチェック
ステーキング対応銘柄LISK(リスク) ※2021年8月以降一時停止
対象者平均10LISK(リスク)保有
報酬受け取り日一時停止中
年率決定日一時停止中
ステーキング限度一時停止中
資産ロック一時停止中
手数料一時停止中
年利一時停止中
期間一時停止中
キャンペーン家族友だち紹介キャンペーン1,500円分のビットコインプレゼント!

4位はコインチェックです。

大手の暗号資産取引所で、安心して暗号資産運用ができます。

ステーキングサービスについては、現在、一時停止中です。

とはいえ、貸暗号資産サービスを行っています。

コインチェックの貸暗号資産では、取り扱っている全ての暗号資産銘柄について利用できるので、暗号資産を送金する予定がなくて長期保有したい方にはオススメです。

\ みんなが使ってるから安心/

5位:ビットフライヤー

スクロールできます
取引所名ビットフライヤー
公式サイトビットフライヤー
ステーキング対応銘柄LISK(リスク) ※2021年2月開始、現在は一時停止中
対象者平均10LISK(リスク)保有
報酬受け取り日一時停止中
年率決定日一時停止中
ステーキング限度一時停止中
資産ロック一時停止中
手数料一時停止中
年利一時停止中
期間一時停止中
キャンペーン友達紹介プログラム1,000円分のビットコインプレゼント!

5位はビットフライヤーです。

ビットフライヤーもコインチェックと同様に国内の取引量がトップクラスの暗号資産取引所です。

もちろん、金融庁への登録もあり安心して利用できる暗号資産取引所です。

こちらもステーキングサービスは一時停止中です。

しかし、ブラウザの利用で暗号資産が貯まる仕組みや、オリジナルのクレカでビットコインが貯まるサービスがあります。

暗号資産を増やす手法はステーキングだけではないので、一度チェックしてみてください。

暗号資産取引量国内No.1/

暗号資産ステーキングにオススメの銘柄

仮想通貨の領域は非常に多様で、広範囲にわたる機会を提供しており、その中でもステーキングは投資家にとって特に魅力的な収益創出の手段となっています。

しかしながら、全てのプロジェクトが等しく信頼できるわけではなく、それぞれのプロジェクトは独自の特徴とリスクプロファイルを持っています。

このセクションでは、初心者が特に注目すべき信頼性と透明性の側面から、いくつかの主要な仮想通貨プロジェクトを評価し、ランキング形式でご紹介します。

これにより、ステーキングの初心者でも、どの仮想通貨プロジェクトが信頼でき、透明性が高いのかを理解し、賢明な投資決定を下す手助けとなることを目指しています。

イーサリアム (ETH)

信頼性: イーサリアムは仮想通貨の世界で広く認められているプロジェクトであり、長い歴史を持ちます。広範な開発者コミュニティと多くの企業からの支援を受けています。

イーサリアムはスマートコントラクトの開発と実行を可能にすることで知られており、多くの他のプロジェクトに影響を与えています。

透明性: プロジェクトはオープンソースであり、多くの文書化が提供されています。

これにより、投資家はプロジェクトの進捗を確認し、コミュニティとコミュニケーションをとることができます。

カルダノ (ADA)

信頼性: カルダノは学術的なアプローチを採用し、ピアレビューされた研究に基づいて開発されています。

これにより、プロジェクトは信頼性と堅牢性を提供することができます。

また、カルダノはエコシステムの拡張に向けて計画的に進められています。

透明性: プロジェクトの進捗は定期的に公開され、コミュニティは開発プロセスに参加することが encouragedされています。

これにより、投資家はプロジェクトの目標と進捗について明確に理解することができます。

ポルカドット (DOT)

信頼性: ポルカドットはWeb3財団の支援を受けており、クロスチェーンの通信を促進する革新的な技術を提供しています。

これにより、多くの異なるブロックチェーンネットワーク間での通信と協力が可能になります。

透明性: プロジェクトの開発はオープンソースで進められており、コミュニティのフィードバックが考慮されています。

これにより、投資家はプロジェクトの開発プロセスと目標について明確に理解することができます。

コスモス (ATOM)

信頼性: コスモスはクロスチェーン通信のためのTendermintプロトコルを開発し、多くのプロジェクトがこのプロトコルを採用しています。

これにより、コスモスはブロックチェーンの相互運用性を向上させることを目指しています。

透明性: オープンソースプロジェクトであり、広範な文書化とコミュニティのサポートが提供されています。

これにより、投資家はプロジェクトの進捗と目標を明確に理解し、コミュニティと協力することができます。

暗号資産ステーキングを選ぶ際のポイント5選

暗号資産ステーキングは、多くの投資家にとって魅力的な選択肢となっていますが、その成功は選ぶ銘柄や取引所、そしてその他の要因に大いに依存します。

では、どのようにして最適なステーキングの選択を行うのでしょうか?

このセクションでは、ステーキングを選ぶ際のポイント5選を詳しく解説します。

ステーキング報酬が高い銘柄を選ぶ

高い報酬が期待できる銘柄を選ぶことは、ステーキングでの成功において非常に重要な要素です。

例えば、パレットトークン(PLT)は年利8.88%と非常に高い報酬が期待できる銘柄です。

このような高い報酬率を提供している銘柄を選ぶことで、短期間でのリターンが大きくなります。

取引所では、OKコインやビットバンクが高い報酬のステーキングを提供しています。

ステーキング期間が短い銘柄を選ぶ

ステーキング期間が短い銘柄を選ぶことで、資産の流動性が高まります。

これは、短期間で資産を引き出す可能性がある場合や、市場の変動に柔軟に対応したい場合に特に有用です。

例えば、ZIL(ジリカ)は1日、2か月、3か月といった短いステーキング期間を選べます。

このような銘柄は、ビットフライヤーやGMOコインで取り扱われています。

利用している取引所から選ぶ

すでに信頼している取引所がステーキングに対応している場合、その取引所から選ぶことが安全です。

例えば、コインチェックは日本国内で非常に信頼性が高く、多くの銘柄でステーキングが可能です。

信頼性が高い取引所を選ぶことで、ステーキングにおけるリスクを最小限に抑えることができます。

将来性のある銘柄を選ぶ

長期的な視点でステーキングを考える場合、将来性のある銘柄を選ぶことが重要です。

例えば、イーサリアム(ETH)は将来的にPoS(Proof of Stake)に移行する予定であり、そのステーキング報酬も見込まれます。

このような銘柄は、ビットポイントやOKコインでステーキングが可能です。

キャンペーン中の銘柄を選ぶ

キャンペーンを利用することで、通常よりも高い報酬が得られる可能性があります。

例えば、OKコインでは「お友達紹介プログラム」や「1,000円分のビットコインプレゼント」などのキャンペーンを頻繁に行っています。

このようなキャンペーンを活用することで、ステーキングの報酬を最大限に引き上げることができます。

以上のように、ステーキングを成功させるためには多くの要素が影響します。

これらのポイントを考慮しながら、自分に合ったステーキングの方法を選びましょう。

暗号資産ステーキングの始め方

暗号資産のステーキングは、資産を増やすための注目されている手法の一つですが、具体的にどのように始めればよいのでしょうか?

このセクションでは、国内で信頼性の高い暗号資産取引所「ビットポイント」を例に、ステーキングの始め方を詳しく解説します。

ビットポイントは手数料が無料で、さらにイーサリアムをはじめとする複数の銘柄でステーキングが可能です。

また、新規口座開設者には1,500円分のイーサリアムがプレゼントされるキャンペーンも実施中です。

ここでは、ビットポイントでの口座開設から、ステーキング対象の銘柄の購入、そしてステーキング期間の保有までの手順をわかりやすく説明します。

特に初心者の方でも安心してステーキングを始められるよう、各ステップにおけるポイントと注意事項も合わせてご紹介します。

ステーキングで資産を効率よく増やしたい方、ビットポイントでの取引を考えている方、このガイドは必見です。ぜひ、最後までお読みいただき、ステーキングでの資産運用を成功させましょう。

口座開設をする

まず最初に行うべきことは、ビットポイントの公式サイトにアクセスして口座を開設することです。

新規口座開設者には、特典として1,500円分のイーサリアムがプレゼントされるキャンペーンもありますので、この機会にぜひ利用してみてください。

口座開設はオンラインで簡単に行え、必要な書類も最小限です。

ステーキング対象の銘柄を購入する

口座開設が完了したら、次にステーキングに利用する暗号資産の銘柄を購入します。

ビットポイントでは、

  • ATOM(コスモス)
  • ADA(カルダノ)
  • ETH(イーサリアム)
  • TRX(トロン)

複数の銘柄でステーキングが可能です。

各銘柄にはそれぞれ年利が設定されており、例えばATOMは約22%、ETHは約5.0%となっています。

ステーキング期間を保有する

銘柄の購入が完了したら、ステーキング期間を保有します。ビットポイントでは、ステーキングの期間は基本的に1か月となっています。

報酬の受け取り日は銘柄によって異なり、

  • ATOMは毎月26日
  • ADAは毎月24日
  • ETHは毎月4日
  • TRXは毎月11日

となっています。

以上がビットポイントでの暗号資産ステーキングの基本的な始め方です。

手数料がかからず、資産ロックもないため、初心者でも安心してステーキングを始められます。

この機会にぜひ、ビットポイントでステーキングを体験してみてください。

オススメの取引所に戻る>>

オススメの銘柄に戻る>>

暗号資産の確定申告について

暗号資産のステーキングは、多くの人々にとって魅力的な投資手段となっています。

しかし、その収益には税金がかかることを知っていますか?

日本においても、暗号資産から得られる収益は確定申告の対象となります。このセクションでは、暗号資産ステーキングにおける収益の税率、確定申告の手順とポイント、さらには複数のプラットフォームで取引を行っている場合の管理方法について詳しく解説します。

税金は避けられない責任であり、正確な申告を怠ると厳しい罰則が科される可能性があります。

そのため、しっかりとした知識と準備が必要です。このガイドが、暗号資産ステーキングで得た収益を正確に申告し、可能な限り税負担を軽減するための一助となれば幸いです。

興味を持った方は、ぜひこのセクションを最後までお読みください。

暗号資産ステーキングにおける収益の税率

暗号資産ステーキングから得られる収益は、日本においては「雑所得」として扱われます。

これは、サラリーマンの給与や事業所得とは別のカテゴリーに分類される所得です。雑所得には累進課税が適用され、税率は5%から45%までの範囲で変動します。

具体的には、年収に応じて税率が決まります。

さらに、この所得税に加えて、住民税や復興特別所得税も考慮する必要があります。

これらを合算すると、最大で約55%まで税率が上がる可能性があります。

例えば、ある暗号資産でステーキングによって1年間で10万円の収益を得た場合、その収益に対する税金は、所得全体と合算して計算されます。

その上で、適用される税率に応じて税金が決定されます。

このように、ステーキングで得た収益にはしっかりと税金がかかるため、確定申告を正確に行う必要があります。

特に、複数の暗号資産をステーキングしている場合や、他の投資と合わせて収益を得ている場合は、その全てを合算して申告する必要があります。

税金は避けられない責任ですので、しっかりとした知識と準備が必要です。

確定申告の際には、専門の税理士のアドバイスを受けることもおすすめです。

確定申告の手順とポイント

暗号資産ステーキングから得た収益に関する確定申告は、一般的な所得と同様に、日本国内での税務処理が必要です。以下に、確定申告の基本的な手順と注意点を説明します。

手順

収入の計算: ステーキングで得た収益は「雑所得」として計上します。

ステーキングで得た仮想通貨の価値を日本円に換算して、その金額が収入となります。

必要書類の準備: ステーキングサービスや取引所から提供される収益報告書や取引履歴を集めます。

専用フォームの使用: 国税庁が提供する「確定申告書等作成コーナー」や専用のExcel計算書を使用して、所得と税金を計算します。

申告書の提出: 計算が終わったら、最寄りの税務署に確定申告書を提出します。オンラインでの提出も可能です。

ポイント

正確な記録: ステーキングの収益だけでなく、その他の仮想通貨取引も含めて正確に記録をつけることが重要です。

複数プラットフォームの管理: 複数の取引所やウォレットを使用している場合、それぞれの収益を合算する必要があります。

締め切りを守る: 確定申告には締め切りがありますので、その日までに必ず申告を完了させましょう。

専門家のコンサルティング: 税法は複雑であり、間違いをすると後で修正が大変です。

不明点があれば、税理士などの専門家に相談することをおすすめします。

確定申告は一見煩雑に見えがちですが、しっかりとした準備と計算を行えば、スムーズに進行します。

特に、暗号資産の取引が多い場合や、ステーキングで大きな収益を上げた場合は、確定申告の重要性が高まりますので、注意が必要です。

複数プラットフォームでの取引管理

暗号資産の取引やステーキングを複数のプラットフォームで行っている場合、その全ての活動に対する確定申告が必要です。

以下に、複数のプラットフォームでの取引管理のポイントを説明します。

データの一元管理

取引履歴の保存: 各プラットフォームでの取引履歴やステーキング報酬の履歴をダウンロードまたはスクリーンショットで保存します。

Excelや専用ソフトの使用: 保存したデータをExcelや専用の仮想通貨税務ソフトに入力し、一元管理を行います。

精度の確保

日本円換算: 各プラットフォームでの取引金額や報酬を日本円に換算する際には、同一の為替レートを使用することで精度を確保します。

手数料の考慮: 取引やステーキングにかかる手数料も記録し、収益計算に反映させます。

タイムリーな更新

定期的なチェック: 複数のプラットフォームを使用している場合、頻繁に状況が変わる可能性があります。定期的にデータを更新しましょう。

アラート設定: 一部のプラットフォームでは、取引や報酬に関するアラートを設定できます。これを利用すると、重要な変動があった際にすぐに対応できます。

その他の注意点

プラットフォーム間での資産移動: 異なるプラットフォーム間で資産を移動する場合も、その記録は必ず保存しておきましょう。

税理士との連携: 複雑な取引が多い場合や不明点がある場合は、税理士と連携して確定申告を行うことをおすすめします。

複数のプラットフォームで取引を管理することは、一見手間がかかるように感じられるかもしれませんが、しっかりとした管理を行うことで、確定申告がスムーズに進行し、後でトラブルになることを防ぐことができます。

オススメの取引所に戻る>>

オススメの銘柄に戻る>>

仮想通貨ステーキングの将来性

暗号資産、特に仮想通貨ステーキングは、今後数年でどう変わるのでしょうか?

このセクションでは、その答えを探求します。

ブロックチェーン技術が急速に進化している今、ステーキングもその影響を受けています。

新しいコンセンサスアルゴリズム、進化するスマートコントラクト、そしてDeFi(分散型金融)の台頭。これらがステーキングの未来にどう影響するのか、詳しく解説します。

さらに、ステーキング市場はどのように変わっていくのか、具体的な予測とともにお伝えします。

イーサリアム2.0のローンチや、新興プロジェクトの登場が市場に与える影響は計り知れません。

そして最後に、新しいステーキングモデルがどのように業界を刷新するのかについても触れます。

これからステーキングを始めようと考えている人はもちろん、すでにステーキングを行っている経験者も、このセクションで得られる情報によって、より明確な投資戦略を練ることができるでしょう。

興味を持ったら、ぜひ続きを読んでみてください。

この先に広がるステーキングの未来が、あなたの投資に新たな可能性をもたらすかもしれません。

ブロックチェーン技術の進化とステーキング

ブロックチェーン技術は、その登場以来、急速に進化を遂げています。

特に、コンセンサスアルゴリズムの進化はステーキングに直接的な影響を与えています。

初期のブロックチェーンプロジェクトは、Proof of Work(PoW)と呼ばれるアルゴリズムを主に使用していましたが、これはエネルギー効率が悪いという問題がありました。

そのため、より効率的で環境に優しいコンセンサスアルゴリズム、Proof of Stake(PoS)が開発されました。

PoSは、仮想通貨を「ステーキング」することで、ネットワークのセキュリティを維持し、新しいブロックを生成します。これにより、ステーキングが一般的な手法として広まりつつあります。

さらに、スマートコントラクトの進化もステーキングに影響を与えています。

スマートコントラクトを使えば、ステーキング報酬の分配や、特定の条件下での自動売買など、より複雑なトランザクションが可能になります。

最近では、DeFi(分散型金融)の台頭により、ステーキングはさらに多様な形を取るようになっています。

DeFiプロジェクトでは、ステーキングを通じて流動性の提供や借入、貸出などが行われ、より高い報酬が期待できる場合もあります。

このように、ブロックチェーン技術の進化はステーキングの可能性を広げています。

今後もこの進化が続くことで、ステーキングは更に多様で効率的なものになるでしょう。

それがステーキングの将来性を高め、より多くの人々にとって魅力的な投資手法となる要因です。

ステーキング市場の予測

ステーキング市場は、近年急速に成長しており、その動きは今後も加速すると予測されています。

特に、いくつかの主要なトレンドがこの市場に影響を与えるでしょう。

主要プロトコルの台頭: イーサリアム2.0のような大手プロトコルがProof of Stake(PoS)に移行することで、ステーキングの需要が高まると予想されています。また、ソラナやポルカドットなどの新興プロトコルもステーキング市場に新しい活気をもたらしています。

リキッドステーキング: これは、ステーキング資産を流動性プールに預けることで、その資産を他の用途に活用できるようにする手法です。

これにより、ステーキング報酬とは別に、流動性提供の報酬も得られる可能性があります。

DeFiとの統合: 分散型金融(DeFi)プラットフォームとステーキングが統合されることで、より多様な金融商品とサービスが提供されるようになります。

これにより、ステーキング市場はさらに成熟し、多様な投資機会が生まれるでしょう。

規制環境の整備: ステーキング市場が成長するにつれ、規制当局もこの新しい投資形態に対するガイドラインや規制を設ける可能性があります。

これが市場に安定感をもたらし、より多くの投資家が参入するきっかけとなるでしょう。

テクノロジーの進化: スマートコントラクトの進化やレイヤー2ソリューションの導入など、テクノロジーの進歩がステーキングの効率と利便性を高めます。

これらのトレンドが示すように、ステーキング市場は多くの可能性を秘めています。

そのため、早期にこの市場に参入し、適切な戦略を練ることが、将来的な成功につながるでしょう。

新しいステーキングモデルの登場

ステーキングの世界は静かなものではありません。

ブロックチェーン技術の進化とともに、新しいステーキングモデルも次々と登場しています。

これらの新しいモデルは、従来のステーキングよりも効率的で、多様な報酬構造や利用ケースを提供することが多いです。

Stake 2.0: TRONネットワークでは、Stake 2.0と呼ばれる新しいステーキングモデルが導入されました。このモデルでは、リソースのデリゲートをステーキングから切り離し、バンド幅とエネルギーのデリゲートまたはデリゲート解除がステーキング解除なしで行えるようになっています。

リキッドステーキング: このモデルでは、ステーキングした資産を他の金融商品としても活用できるようになっています。これにより、資産の流動性が高まり、ステーキング報酬以外にも収益を上げることが可能です。

フラッシュステーキング: この新しいステーキングモデルでは、短期間で高い報酬を得られる仕組みがあります。通常のステーキングよりもリスクは高いですが、短期間でのリターンが期待できます。

デュアルステーキング: 一つの資産でステーキングとレンディングを同時に行うことができるモデルです。これにより、より多様な報酬構造とリスク分散が可能になります。

NFTベースのステーキング: NFT(非代替性トークン)を用いたステーキングモデルも登場しています。特定のNFTを所有することで、ステーキング報酬が増加するといった仕組みがあります。

これらの新しいステーキングモデルは、投資家にとって新しい選択肢となり、ブロックチェーンエコシステム全体の成熟に寄与しています。今後もこのような革新的なモデルが登場することで、ステーキング市場はさらに活性化するでしょう。

オススメの取引所に戻る>>

オススメの銘柄に戻る>>

仮想通貨ステーキングのよくある質問

ステーキング利益には確定申告が必要ですか?

日本では、ステーキングから得られる利益は雑所得として確定申告が必要です。

一つの暗号資産でステーキングとレンディングを同時に行うことは可能ですか?

一般的には、一つの暗号資産をステーキングとレンディングで同時に使用することは難しいです。

これは、ステーキングとレンディングがそれぞれ異なるプロセスとロックアップ期間を持つためです。

ステーキング報酬はどのタイミングで受け取ることができますか?

ステーキング報酬の受け取りタイミングはプラットフォームや仮想通貨によって異なります。

一般的には、定期的(例:週次、月次)に報酬が支払われます。

ステーキングは利益をもたらす投資手法ですか?

ステーキングは一定のリスクを伴いますが、適切に行えば追加の収益源となる可能性があります。

コインチェックでステーキングはいつから利用可能ですか?

コインチェックのウェブサイトや公式発表を参照してください。

ステーキングとレンディングの主な違いは何ですか?

ステーキングはネットワークのセキュリティを高める目的で行われ、レンディングは資産を貸し出して利息を得る活動です。

ステーキングで得た利益にかかる税金はどのように計算されますか?

ステーキングで得た利益は雑所得として計算され、所得税が適用されます。

海外取引所(例: バイナンス)でのステーキングは日本居住者でも利用可能ですか?

多くの海外取引所は日本居住者にもサービスを提供していますが、利用する前に各取引所の利用規約を確認してください。

ステーキング報酬の対象者はどのように決まりますか?

ステーキング報酬の対象者は、通常、ステーキングプールに参加している人々や個々のステーキング参加者です。

ステーキング報酬の額はどのように決定されますか?

ステーキング報酬の額は、ステーキングされた量、ステーキング期間、プラットフォームの報酬率などに基づいて決定されます。

オススメの取引所に戻る>>

オススメの銘柄に戻る>>

まとめ

暗号資産ステーキングは、今後ますます注目される投資手法の一つです。

この記事を通じて、ステーキングの基本から、オススメの取引所、銘柄、始め方まで幅広く解説してきました。投資というのは、未来をより良くするための重要なステップです。

ステーキングはその中でも手軽で、しかもリスクを抑えつつ利益を上げる方法として非常に魅力的です。

特に、大手銀行の利回りが低い現状では、ステーキングによる高い年利は大きなメリットと言えるでしょう。また、暗号資産の価格が上昇すれば、その利益はさらに増加します。

逆に価格が下がっても、ステーキング報酬によって一定の相殺が可能です。

最後に、この記事を最後まで読んでいただき、誠にありがとうございます。

投資は勇気のいる行動ですが、しっかりとした知識と戦略があれば、誰でも成功の道を歩むことができます。ステーキングはその第一歩となる素晴らしい選択肢です。

ぜひ、今回の記事を参考に、新たな投資の世界に足を踏み入れてみてください。

未来は自分自身で切り開くものです。勇気を持って、その第一歩を踏み出しましょう。

オススメの取引所に戻る>>

オススメの銘柄に戻る>>

\ ブログ村に参加中 /

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

お忘れではありませんか?

最後にお得な情報です。

記事を最後まで読んでくれた「あなた」だけに紹介します。

  • 10分でビットコインを保有できる状態に成れます。
  • 1日でビットコインを購入できる状態に成れます。
  • ビットコインを0円で貰うことができます。

2021年、私がビットコインを手に取ったとき、1ビットコイン(以降、BTC)は250万円の価値でした。

それが、2024年は1,000万円を越えます。

2021年当時、1万円ぶんを保有していた私のBTCは4万円分の価値になっています。

下の記事をご覧ください。

https://news.bitcoin.com/crypto-analyst-predicts-bitcoin-could-surpass-330000-breaking-historical-growth-patterns

海外の記事ですが、1BTCが33万ドルに達するといわれています。

33万ドルは日本円で4,000万円。

つまり、今の4倍です。

そんなビットコインについて、大事な事なのでもう一度。

  • あなたは10分でビットコインを保有できる状態に成れます。
  • あなたは1日でビットコインを購入できる状態に成れます。
  • あなたはビットコインを0円で貰うことができます。

方法はコインチェックで口座開設をするだけです。

正直、10分でできます。

本人確認が終われば、コインチェックでビットコインを購入することができます。

さらに、コインチェックを家族や友達に紹介することで、紹介料が貰えます。

また、コインチェックは電気代やガス代と連動することができるので、効率よくビットコインを貯める事ができます。

正直な話でいうと、他の取引所と比べて、手数料が高かったり、サイバー攻撃を受けた事があるのも事実です。

しかし、アプリの使いやすさ、サイバー攻撃後のセキュリティは「さすが大手」と感じざるをえません。

たくさんの方が使っています。

コインチェックで口座開設をしようと思うんだけど、」というと、

大抵の人は「いいんじゃない」と言ってくれます。

それくらい、初心者にはオススメのコインチェック

いまなら、紹介コードで4,500円が貰えます。

条件は紹介リンクからの口座開設と入金です。

期間は2024年5月7日まで。

ぜひお早めに口座開設、入金を済ませて4,500円分のコインチェックを貰いましょう!

クドイようですが、4倍になる可能性を秘めています。

4,500円が4倍なので、18,000円分です。

私なら妻とイタリアンランチに出かけます。

ぜひ、あなたもビットコインで明るい未来を創造していきましょう!

紹介リンクはこちら

>>4,500円もらえるコインチェックの紹介リンク|2024年5月7日16:59まで

公式サイトのリンクはこちら、5月9日以降はこちらの公式サイトから口座開設してください。

>>コインチェックの公式サイト

この記事を書いた人

「朝30分」を始めなさい!を実践しているブロガーです。習慣が変われば自分が変わる!自分が変われば世界が変わる!
応援Wordは「not too late」

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次